fc2ブログ

フェニックス・パークで橇すべり!

sleddingpheonixpark2
青空に突き抜けるかのようにそびえる十字架。そのふもとに人だかりが…

この週末はアメリカ人の友人がダブリンに遊びに来ており、パブへ行ったり、食事に出かけたりとにぎやかに過ごしていました。
今日はお天気も良く、道路の雪も解けてきたので、雪景色のフェニックス・パーク(Phoenix Park, Dublin8)へドライブに。
法王の十字架(The Papal Cross)」まで来ると、十字架のふもとに何やら人だかりが。雪の覆われた台座のスロープが、なんと、橇すべり場と化していました(笑)。

sleddingpheonixpark3
滑り降りる順番を待つ子供たち

sleddingpheonixpark4
うつ伏せミサイル型の人も…!

雪国というわけではないので、ホンモノの橇を持っている人はほとんどおらず、皆、間に合わせのもので滑っているのが可笑しい。
ダンボール、ゴミ袋、ボディボード(これは調子良さそうでした!)、赤ちゃん用の風呂桶、スーパーのかご…などなど、とにかく雪の上を滑りそうなものなら何でも。

眺めていたら、私もやりたくなってきた!
何か滑るものはないか…と車へ戻って見てみると、トランクにダンボール箱を発見。箱をたたんでお尻に敷いて、いざ出発!

sleddingpheonixpark1
おそらく橇すべりなんて、30年ぶりくらい…? ちょっと腰が引けてるかも(笑)。この後、白いコートが泥だらけになってしまったことは言うまでもありません…(あ~、カレンミランのコートが…)

どちらかというと、子供たちより、大人の方が楽しんでいたような…。
子供が怖がって滑らないので、それなら…とやってみたお父さんが夢中になっていたり(笑)。

私たちのダンボールの橇は、友人と2度ずつすべったら、もうボロボロになってしまいました。
私は雨の日に備えてレインコートと長靴は常に車の中に常備しているのですが、こんなに雪が降るのなら、これからはプラスチックの橇を買って、それも車に積んでおいた方がいいかも…しれません!

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

【新規】オンライン講演!
『赤毛のアン』で歩くケルトの島・アイルランド
2022年1月14日(金)16:00~
詳細・お申込み→こちら

福岡市にて講演!
2021年4月24日(日)

→詳細は追ってお知らせします!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ