記事一覧

オールブラックスがダブリンにやって来た!

秋のラグビー・シーズンたけなわ。今月はギネス・シリーズ(Guinness Series)といって、アイルランドVS南半球の強豪4か国の国際試合が、週末毎にダブリンにて行われています。

南アフリカ、サモアに続き、シリーズ3戦目となる今日の対戦相手は、待ちに待ったオールブラックス(ニュージーランド)。
数日前にダブリン入りしたオールブラックスですが、試合に先がけて、昨日はダブリンのシティーセンターでハカのパフォーマンスが披露されました。

allblackshakagraftonstreet
Irishtimes.com(11月19日付)より。仕事がなかったら見に行きたかった…!

買い物客で賑わうグラフトン通り(Grafton Street, Dublin2)で行われたそうですから、知らずにたまたま通りかかった人は、びっくり仰天したことでしょう(子供だったら怖くて泣きますよね…笑)。

アイルランドにもオールブラックス・ファンは多く、この数日間、トレーニングの合間をぬって街へ繰り出すプレイヤーたちの目撃談もちらほら。
トレーニングを行っていたダブリン郊外のAshbourne球場近くに住む知人は、「オールブラックスがうちの近所で練習してたよ~」と得意気でした。

北半球ではトップクラスのアイルランド・ラグビーですが、世界一の強さを誇るオールブラックスにはなかなか太刀打ちできないようで、代表チーム同士の試合では実は一度も勝てたことがありません。過去23戦中、22敗&1引き分け。
今回のホームでの試合で、24度目の正直なるか?…とちょっぴり期待したものの、結果は18対38。残念ながら勝利には至りませんでした。

最終スコアにはあまり反映されていませんが、アイルランドもかなり踏ん張り、見ていてハラハラどきときの、なかなか良い試合でした。
前半にはリードした場面もあったし、惜しいトライも。キャプテン・オドリスコルの天才的プレイなどもあって、チャンスも少なくなかったのですが、やっぱりオールブラックスは強いですね~。世界一の貫録満々でした。

この人たち、手に吸盤が付いているんじゃないかと思わせるくらいに、ひょいひょいとボールをキャッチするし、パスも走りも早くて正確。チームワークも抜群で、ヘマをする人が誰もいないのです。
アイルランドの選手たちもすごいガッツで、体当たりでタックルしまくるのですが(このままではみんな怪我しちゃうんじゃ…と心配になったくらい)、いつの間にやら点差が開いてしまっていました。
ああ~、シックス・ネイションズ(北半球の王座を決めるチャンピオンシップ。2009年アイルランドは全勝優勝・2010年は2位)にニュージーランドが入っていなくて良かった~と、思わずつぶやいてしまったくらい(…笑)。

来週の対アルゼンチン戦で幕を閉じるギネス・シリーズですが、毎週、南半球の国からのゲストを街で迎えるといった雰囲気も、試合にプラスαで楽しい。
このシリーズの場合、勝ち負けはともかく、アイルランド代表チームのプレイが毎週地元で楽しめることがポイント。ラグビー・ファンには嬉しい限りです。
日に日に日が短くなり、冬へ向かってまっしぐら…と、なんとなく気が滅入りがちな11月ですが、ラグビーのおかげで熱く過ごしています♪

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
イベント詳細&お申込みはこちらこちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ