記事一覧

オープンしたてのフレンチ・カフェ・レストラン(Le Cafe Des Irlandais)

lecafedesirelandais2
手前はチキン、奥はアーティチョークとハムの入ったサラダ♪

近頃、ダブリンの街へ行く度に、新しいショップやカフェがオープンしているような気がします。
ちょっと歩くと「あら?こんなところに、こんなカフェあったかしら~」というくらいに目につく。ということは、それまでそこにあったものが、なくなっているってことでもあるんですよね。

ガイド仲間のシィネード(Sinéad)とランチの待ち合わせ。
「ジョージ・ストリートのカフェ・バー・デリで○○時ね~」と言うシィネードに、「カフェ・バー・デリはなくなったって聞いたよ~」と答えるも、「あら、2週間ほど前に行った時にはあったわよ~」と言うので、それじゃあ私の聞き違いかしら…と思い行ってみると、やはりなかった(笑)。
元のカフェ・バー・デリの建物が、そっくりそのまま、全く別のカフェ・レストランになっていました!

Le Cafe Des Irlandais
George Street South, Dublin 2.

lecafedesirelandais3
入り口も元のまま、看板だけが変わっていました(この写真、なぜかオーヴがすごい…!)

lecafedesirelandais5
カフェ・バー・デリの頃ほどにはにぎわっていなかったものの、そこそこお客さんが入っていました

フレンチのビストロ風カフェ、10日間前にオープンしたばかりだそう。
試してみると、手軽でなかなかおいしかったです。
私はチキン、シィネードはサラダ(上の写真)をいただいたのですが、どちらも10ユーロでおつりがくる値段設定。メニューにはフォアグラもあったし、カモやステーキといったメイン・ディッシュも15ユーロ以下。どうやら夜も同じメニューのようです。

パンもどっさりついてきて、お料理上手のシィネードはそのパンが本格的でおいしい~と感激。
ウィンドウに並んだタルト類もおいしそうでした。

lecafedesirelandais4
写真を撮っている私が写り込んでいる…(笑)

世の中不況のせいか、気が付けば私自身も、いわゆるちゃんとした「レストラン」にあまり出入りしなくなったような…。
ワン・ディッシュの手軽な食事が出来て、場合によってはお茶だけでもOKなこの手のカフェ・レストランに、ついつい足が向く今日この頃です。

※こちらのレストランは営業停止され、今はこの場所は、ヤマモリ・オリエンタル・カフェ(Yamamori Oriental Cafe)となっています。(2011年10月現在)

コメント

教えて下さい。

突然コメントへ質問をするご無礼をお許しください。
今月の21日からアイルランドへ旅行へ行く予定です。
主にダブリンとゴールウェイに滞在する予定です。
2つ質問をさせていただきたいのですがよろしいでしょうか?
1.ashford castle hotelへ宿泊予定です。Galwayから一番早く、できれば安く行ける方法は何でしょうか?エランバスでしょうか?それともタクシーでしょうか?galwayから18:00くらいに出発して19:00にはホテルへ着きたいのです。

2.乗馬体験をしたいのですがあまり滞在できる日数がないので半日~1日で初めにトレーナーさんなどから手ほどきをうけた後、トレーナーさんに手綱を引いてもらうのではなく、自分でトレッキングができるような場所はありますでしょうか?できればダブリンから近い場所が良いのですが…。

もし差し支えありませんでしたら、大変図々しいお願いなのですが、アドレス宛てにご回答をいただくことは可能でしょうか?どうぞよろしくお願い致します。

入れ替わりが激しいのは日本と似ていますね!
タルトもおいしそうですね

Cafe Bar Deliはこの不景気で営業が上手く行かなくなって、チェーン店を次々閉めているというニュースを数日前に読みました。ナオコさん書かれているように皆外食を控えるようになって、余計に経営が苦しくなったようです。確かに好景気の時は、ディナーで軽く1人40~50ユーロとか皆当たり前でしたものね…。
私は名前的にCafe Bar Deliの方がアイルランドっぽくて(?)好きだったなあと思います。

Re: タイトルなし

なおこ@板橋さんへ
もしかしたらここは、パンとかタルトとかがおすすめなのかも…。

Uisceさんへ
ほんと、ディナーで50ユーロとか普通に使ってた気がする…。近頃ではなんだか、考えられない感じです。外食も前ほどしなくなりましたしね~。

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
★スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培など。愛読書は『赤毛のアン』とW.B.イエーツ詩集♪

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ