FC2ブログ

記事一覧

お気に入りのフレンチ・レストラン、ラ・メゾン

lameson4
潮の香りいっぱいの新鮮なロック・オイスター!

夏も終わり、そろそろ仕事も一段落。
しばらく会えずにいたお友達とプライベートで食事に出る機会が多くなり、近頃また、ダブリンのいろいろなレストランを試してみています。

中でも最近いちばんのお気に入りは、こちら、ラ・メゾン(La Maison Restaurant, Dublin 2)。
アイルランドのおいしい食材を活かした、シンプルかつシックなお食事が評判の、フレンチ・レストランです。

lameson2
きれいな水色のテラス席♪(写真は2010年6月撮影)

以前ここはフレンチのパン&ケーキ屋さんでした。まだダブリンにそういったお店があまりなかった頃で、ちょっと高めではあったもののとてもおいしく、時々立ち寄ってはタルトを買ったりしていました。
そのうちにカフェ部分が拡大、フレンチ・オニオン・スープがおいしいな~と思っていたら、いつの間にかパン屋さん部分はすっかり姿を消し、レストランになっていました。

何度かトライしたのですが、小さなお店はいつも満席で入ることが出来ず、この夏やっとお食事することが出来ました。それ以来、機会あるごとに出かけている、今ダブリンでいちばんお気に入りのレストランがここ。

lameson9
メインディッシュでいただいたカモ肉のロースト。おいしかった~

実はこのレストランに初めて来たときに、こんなモノを前菜でいただきました。


これ、何かご存知ですか?

そう、アーティチョークを丸ごと!サラダに切って入っているアーティチョークは、実はこんな形なんです。
で、これの食べ方がとってもおもしろかったのです。

lameson5
まずは葉っぱを一枚一枚、引っ張って取って、ほんのちょっぴり食べるところのついた付け根を、酸っぱいドレッシングにディップしてチューチュー吸います

lameson6
ぜ~んぶ葉っぱを取ってしまうと、こんな姿に…。ここから先、「どうやって食べたらいいの?」と困っていた私たちを見て、ウェイターさんが助け船を出してくれました。

lameson7
なんと、上の繊維質の部分を、缶の蓋を開けるかのようにねじり取ってくれたのです!アーティチョークでいちばん食べるべきところは、この白いところ。ナイフとフォークで切り分けて、優雅にいただきました(笑)

アーティチョークをこんなふうに食べたのは初めてで、とっても感激しまいました。

その他、シーフードのパイ包みやステーキ、もちろんデザートもおいしいです♪
ウィークデーはランチ、ディナー共にオープンしていますが、ディナーは特に要予約…です!

La Maison Restaurant
15 Castlemarket Street, Dublin 2.
Phone: 01-6727258

lameson1

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市「ナオコガイドのどこでもドア」
2020年10月2~4日 東京・巣鴨にて
各日15時~ダブリンよりオンライン参加!
→詳細・入場予約はこちら

オンラインセミナー開講!
2020年6月20日(土)~
各45分・無料お試し回+全6回
→詳細&お申込みはこちら
(ライブ配信終了、見逃し配信購入可能)

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ