FC2ブログ

バレンの3つのシーニック・ルート

burrenmarch


ゴールウェイ湾の南に広がる、石灰岩の岩肌が露出した大地。約120平方キロメートルにわたるこの地域は、「岩だらけの地」という意味のゲール語でバレン(Burren)と呼ばれています。

今から3億年以上も前の大昔に、海の底で形成された石灰岩。地殻変動で隆起し、約1万年前に氷河によって削られ、表面が露出して出来たのが現在のバレン
まるで月面に降り立ったかのような、地球上でもまれに見る不思議な光景がえんえんと広がっています。

ゴールウェイ方面からバレンを通ってモハーの断崖へ抜けて行く場合、3つのシーニック・ルートがあります。

1.コースト・ロード…バリヴォハン(Ballyvaughan)のTジャンクションを右へ。ブラックヘッド岬(Black Head)をまわり、リスドゥンバルナ(Lisdoonvarna)へ。海岸線ギリギリまで押し寄せる、岩の大地がダイナミック!冒頭の写真はこのルート。

2.コークスクリュー・ヒル…バリヴォハンのTジャンクションを左へ。クネクネ道を登って峠を越え、リスドゥンバルナへ。峠のてっぺんから見るグレーの大地は圧巻!距離的には、これが最短。

3.ポルナブロン経由…バリヴォハンのTジャンクションを左へ行き、Ailleew caveのクマの看板をさらに左へ。キルフェノラ(Kilfenora)の最初のパブを右へ曲がり、リスドゥンバルナへ。日本のガイドブックには何故か「巨人のテーブル」と紹介されているドルメン「ポルナブロン(Poulnabrone、5800年前の墓、写真下)」や、ストーンサークルなど、史跡好きにはたまらないルート!

poulnabronemarch


個人的には、海も見えて、バレンの岩肌に走る亀裂が顕著な1のコースト・ロードが好きなのですが、自分がガイドをする時は、日程や時間配分、南から来るか北から来るか(見え方が多少違う)、その日の天候などを考慮して、どのルートにするか決めています。どのルートもそれぞれに素晴らしいので、いつも迷ってしまいます~。

今回、お客様とご一緒に参加したLally Toursでは、行きに1、帰りに3を通り、バレンの景色を堪能!
ときどき雨の降る西海岸らしいウェットなお天気でしたが、グレーの大地のバレンには、こんなお天気も不思議とよく似合うのです。

4月から10月にかけては、岩の割れ目に咲く可憐な野の花観察もバレンの楽しみのひとつ。
外気と温度や湿度の異なる岩の割れ目の中で、勘違いしてしまった植物が生息するバレン。島内の他の場所では見られない花がたくさん観測できるのです!



関連記事

コメント

Pearl

ウホホ、懐かしい~。
ドルメンの下で写真撮りましたっけ。
ホーント、きれいなところでした。

naokoguide

Pearlさんへ
ほんと、あの日は素晴らしい夏の日でしたね~。
非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ