FC2ブログ

記事一覧

日本語ガイドと一緒に、現地ツアーに参加しよう!

flowerwest1

ゴールウェイへ、泊りがけで出張ガイドに出かけてきました。

ゴールウェイ発の日帰りツアーに、お2人のお客様のプライベート・ガイドとして乗り込んで、ご案内をさせていただくという仕事。
こういった現地発ツアーはいずれも案内が英語なので、私たち日本語ガイドをプライベートに雇って一緒に乗り込むというのは、なかなか要領のいいアイデアではないかと思います。

日本からの個人旅行のお客様が増えつつある、今日この頃。
アイルランド人は旅行者におおむね親切ですが、それでも言葉や習慣の違いに不安を感じられる方も多いようです。今回のお客様のように、案内があった方がより楽しめる部分をピックアップして、要所要所で私たち日本語ガイドを雇っていただくと、個人旅行の気ままさ+安心感も得られて、旅がとっても豊かになるように思います。
きれいな景色も、ガイドがお伝えするうんちくをプラスすると、また違って見えますよ~。

日に日に青さが増してくる牧草地の中には、かわいい~生まれたての双子の子羊ちゃんたちがいっぱい!(羊はたいてい、双子で生まれてきます。車窓からの写真がボヤボヤで、お見せできないのが残念。)可愛らしいコテージや、咲き乱れるスイセン、あちらこちらに見え隠れする春の兆しに心までウキウキした楽しいツアーでした!

kinvaracaslte
(バレンの入り口、キンバラ村のドゥーンゲラ城。16世紀の典型的なタワーハウス)

ちなみに今回利用したのは、Lally Toursモハーの断崖、バレン方面への一日観光
旅のハイライトは、後日アップいたしま~す。

※冒頭の写真は、ドゥーンゲラ城周辺に咲き乱れていたなんとも可憐な花。名前をご存知の方いらしたら、教えていただけると嬉しいです。

コメント

こんにちは。アイルランドはやはり物価が高いんですね。でもステーキは一度食べてみたいと思います。ありがとうございました。
ところで、アイルランドに行った際にnaokoさんをガイドにどこか一緒に行っていただくことが出来るんでしょうか?
まだ、宿も決まっていないので1週間滞在できるアパートとかをご存知でしたら教えていただきたいのですが・・・。
長々とすいません。

satoさんへ

ステーキ好きの私のブログがお役に立てて嬉しいです(笑)。
ガイドの依頼、長期滞在アパートについては、別途メールさせていただきますね。時々、ホットメールのアドレスの方にメールが届かないことがあるようですので、もし私からのメールが届かないようでしたら、右リンクのガイディング・アイルランドのコンタクト・フォームからお知らせいただけますでしょうか?(別のアドレスをお持ちでしたら、念のためお知らせいただけると助かります。)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ