fc2ブログ

眞子様がダブリンで語学研修

昨晩、webでニュースを見ていたら、「日本の王族がダブリンにて英語学習」という大変興味深いヘッドラインが目に入ってきました。
("Japanese royal to spend time in Dublin studying English" by Irishtimes.com)

記事を読み進めてみると、日本の王族とは秋篠宮家のご長女・眞子様のこと。
なんとこの夏、ダブリン市内の国立大学のひとつUCD(University College Dublin)に語学研修にいらっしゃるそうです!

その眞子様がいらっしゃるという事実報道と共に、何が興味深かったかというと、このニュースを報じていたアイリッシュ・タイムズの論調。記事は、

「世界で最も長く継続している王家から、間もなくアイリッシュ・アクセントの王族が出るかも…」

と始まり(笑)、日本の王族のアイルランド訪問はちょっとした伝統の一部であるとか、皇后様の聖心女学院時代からのアイリッシュ・コネクション、異国の血が混じったことが一度もない日本の天皇家は、眞子様がアイリッシュ・ボーイと付き合うことになったらそれを許すのだろうか…などなど。
日本の皇室とアイルランドとの友好関係を強調しつつ、でも日本の皇室ってミステリアスだな~といった素朴な関心が表れていて、なんだか好感の持てる記事でした(笑)。

近年のアイルランドへのインペリアル・ビジットは、私の知る限り、天皇皇后両陛下の1985年&2005年の2度のご訪問、紀宮様の2000年ご訪問、高円宮妃の2002年のご訪問など。
特に皇后様はアイルランドびいきだそうで、ハープの演奏をなさる他、聖心女学院時代にアイルランド人の修道女さんに学んだりした影響から、アイルランドの文化・文学に精通しておられるそう。アイルランド人のノーベル文学賞受賞作家シェイマス・ヒーニーともお友達だそうです。

日本の報道を見ると、眞子様の渡愛は7月4日。アイルランド人家庭にホームステイしたり、大学寮に滞在したりして、8月15日にご帰国とのこと。
眞子様のアイルランドでのご滞在が楽しく実りあるものになりますように。
そしてこれを機に、日本でのアイルランドに関する報道もより多くなるといいですね。


関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、アイススケート、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

新規オンライン講座!
文学ゆかりの地で歩くアイルランド
2023年2月4日(土)16:30~
2023年3月4日(土)16:30~
2023年4月1日(土)16:30~

→詳細&お申込みはこちら

過去のオンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

カレンダー

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ