記事一覧

ダブリンのNYスタイルのレストラン

South George Streetにオープンした有名シェフが腕をふるうと話題のレストラン、Brasserie Sixty6へディナーに行きました。

ここは、朝8:00より、ブレックファースト、ブランチ、ランチ、ティー、ディナーと一日中ノン・ストップでオープン。ディナーは17:30からフル・メニューがオーダーできます。
壁にずらりと掛けられたお皿のコレクション。見ているだけで楽しい~。

sixty6inside

メニューを見て、ここはニューヨーク・スタイルのレストランだと気がつきました。典型的なウェアハウス・スタイル。使われる食材はだいたい同じでも、プレゼンテーションや付け合せ、お料理の呼び方がそれっぽい。

この日、私とお友達のWさんがオーダーしたお料理は、

sixty6ebi
タイガー・ブローンのカクテル(ダイナミックなプレゼンテーション!)

sixty6tougne
牛タンのスライス(日本のタンよりこってり感強し)

を前菜に、メイン・ディッシュは、

sixty6steak
リブ・アイ・ステーキ(お肉は上等でした)

sixty6veal
骨付き子牛肉のグリル(やわらかくて甘みのある子牛、忘れられないお味!)

かなりお腹いっぱいになりながらも、デザートにアイスクリームを2人で食べて、大満足~。

肉好きの私たちは、どこへ行ってもお肉を頼んでしまうのですが、お魚メニューもおいしいそうでした。メカジキのグリルやアンコウ(プリプリしておいしんですよね~)、マイマイという暖かい地域の魚であろうものなどなど。

そして、いつの日かチャレンジしてみたい、子豚の丸焼き!(8名分、7日前までに要オーダー)昔、スペインのセゴビアで食べたのを思い出すな~。

こういったタイプのレストランはベルファートには多いのですが、ダブリンでは珍しく、革命的でさえあります。
おいしいお料理が食べられるのは嬉しいけれど、ダブリンもだんだんとユニバーサルになっていくのね~と、ちょっと複雑な心境でもあります。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

好評につき重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ