fc2ブログ

線路を越えて見に行くドルメン(ドルマノン・ドルメン)

アイルランド島内に200もあるという巨石古墳ドルメン(Dolmen)。
カウンティー・クレアのポルナブロン(日本のガイドブックで「巨人のテーブル」と言っているもの)など有名なものもありますが、訪れる人もあまりなく、人知れずたたずんでいるものも多いはず。
(ドルメンの定義については、この日のブログをご参照ください)

先日ボイルへ行ったときに、そんなドルメンのひとつであるドルマノン・ドルメン(Drumanone Dolmen, Boyle, Co. Roscommon)を見に行きました。

dolmenroscommon5
牧草地の中にどか~んとあるドルマノン・ドルメン

このドルメン、アクセスがユニーク。
ボイルからローカルの道路(R294)を5キロ程行き、車を降りて細い小道を歩くとゲートが見えてきます。

dolmenroscommon4

ゲートを開けると、なんとそこは線路。
それを渡ってもう一つゲートを開けると、牧草地の中に巨大古墳が見えてくる…というわけです。

dolmenroscommon1

予想外に立派で巨大なドルメンにびっくり。
朽ち果てたようなものを想像していたのですが、キャプスートンも脚の部分の石もちゃんと残っていました。

dolmenroscommon2
横に立つとこんなに大きい…!

後で調べてみると、ドルマノン・ドルメンのキャップストーンの大きさは4.5x3メートルで、国内で最も大きなものの一つだとか。
確かに、国内最大と言われるカーロウのブラウンズヒル(Brownshill Dolmen)や、ドネゴールのキルクルー二ー(Kilclooney Dolmen)よりも大きいんじゃないか…と思えたくらいです。

辺りを見回すとやはりここは高台になっており、おそらく周辺の別のドルメンもしくは通路墓などとコネクションがあるのでしょう。
きれいな夕焼け空も眺めることが出来、お気に入りのドルメンのひとつとなりました。

dolmenroscommon3
カウンティー・ロスコモンの夕日

OCN地球リレーブログでもアイルランド便りを書いています。(3月末まで)ぜひご覧ください!
関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

福岡市にて講演!
2022年4月24日(日)14:00~

★『赤毛のアン』に見るケルト
→終了、ありがとうございました!

東京「春のケルト市」にて講演!
2022年5月3日(火祝)11:00~

★牛とジャガイモと移民の歴史
→終了、ありがとうございました!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ