FC2ブログ

記事一覧

アイリッシュ・ウルフハウンドがいっぱい!

nutstown6
体は大きいのに顔はとっても可愛いらしいんです♪

世界でいちばん背の高い犬として知られるアイリッシュ・ウルフハウンド。
その名のとおりアイルランド原産のこの犬。オオカミより足が速い唯一の犬種で、かつては番犬としてアイルランドのどこの農家にも普通に見られる犬だったそうです。

先日犬の取材をしていた時に、ダブリン近郊でウルフハウンドを50年にわたってブリーディングしているというケリーさんご夫妻と知り合いました。
そのご縁で、今回のTV番組の取材の撮影にもご協力いただけることとなり、昨日おうかがいしました。

nutstown02102
ダブリン近郊のNutstown農場で12匹のウルフハウンドと暮らすケリーさんご夫妻。双子の犬デイジーとブローンはまだたったの6ヶ月…すでに巨大です!

18世紀初頭にアイルランドからオオカミが絶滅したのを機に、徐々に数が減ってしまったアイリッシュ・ウルフハウンド。愛好家たちの手により絶滅は免れたものの、今ではアイルランド本国でも200頭を数えるほどしかいないそう。
超大型犬のため、よほど広々した土地がない限りは、飼うのが難しいんですよね。

nutstown8
野生に戻ったかのように思い切りはしゃぐハウンドたち

nutstown9
お家の中も犬、犬、犬…!数々の賞でとったトロフィーや写真がいっぱい

nutstown021011
今年81歳になるというジョンさんと、奥様のカトリンさん

nutstown5
こうしてみると、ほんとに大きい!

もともと農場を切り盛りしていたケリーさんご夫妻。
今から50年前たった一頭のアイリッシュ・ウルフハウンドを譲り受け、農業の傍ら育てているうちに、自然にブリーダーになったというケリーさん。多い時には25頭のハウンドを育てていたこともあったそう。

本格的にブリーディングしているところは、アイルランド国内でも5件ほどしかなく、ケリーさんは優秀なブリーダーとして国内外に知られているようです。
実はおとといのダブリンのセント・パトリックス・デーのパレードで、消防団を先導したのはここのお宅のペニーちゃんでした。(写真は昨日のブログで)

元気いっぱいの犬たちを撮影するのはなかなか難しく、皆で大奮闘。
ジョンさんが犬と一緒に歩いてくるシーンを撮影したいのですが、ギャラリーに興奮気味の犬たちは走り回ってばかり(笑)。

nutstown2
お手伝いに来てくれたミックさんにむかって突進していく2頭

nutstown3
ジョンさんと歩くシーンを撮影しようと思ったのに、あ~、行っちゃった!

nutstown9
デイジーとブローンは若すぎてアクティブすぎるので、もうちょっと年をとった別の2頭で撮影しました。5歳半と2歳のチーフタンとフィンです

nutstown4
ゲージの中で背後から攻められるディレクターさん。フェンスの向こうで冷静に見ている一頭が可笑しい(笑)

今は農業も引退して、犬との暮らしを楽しむジョンさんとカトリンさん。
ウルフハウンドを飼ってみたいと夢見る人は多く、たくさんの人がやって来るそうですが、本当にふさわしいと思われる飼い手でない限り安易に子犬を売り渡すことはしないそうです。
「犬にも人間と同じようにホームが必要」と言うジョンさん。個人ではなく団体(消防団とか犬の協会とか)がウルフハウンドを欲しがることもあるそうですが、それも断っているそうです。

そんな優しいケリーさんのハウンドたちのとっておきのネタは、ここではまだ秘密。TVの放送でのお楽しみ…です!
放送日等が決まりましたら、またお知らせしますね。

nutstown021014
ドノヴァンと、パレードで活躍したペニー。この子たちが楽しみにしているものは…?

OCN地球リレーブログでもアイルランド便りを書いています。(3月末まで)よろしかったぜひご覧ください!

関連記事

スポンサーリンク

コメント

アイルランドへ越してきて以前から夫との夢だったアイリッシュウルフファンドを飼いたくて色々探しましたが値段も相当の犬で諦めました。
で、我が家にはボーダーコリーのあかちゃん、(2ヶ月)がやって来ました。
名前はブリーダーさんの所お同じくFionn君です。

ふうさんへ

私も、いつかウルフハウンドを飼ってみたい!と夢見ています。…が、それには広い田舎のお家が必要だし、やはり相当の覚悟が必要みたいですね。

Fionn君、見てみたいです。かわいいでしょうね~。

リレーブログの仔犬いい仔ですね。

ケリーさんご夫妻のお元気そうなご様子とても嬉しく拝見致しました。リレーブログともにたくさんの映像で手にとる様に近況を伝えて頂いた事とても感謝しています。リタイアされて草地もウルフハウンド専用の小石のコートに変えられたご様子で、より一層の環境を整えられ骨太の仔犬もケリーさんの理想のブリーディングを続けられているのが何より嬉しく涙が止まりません。アイルランドいや世界一の黒毛のウルフィーの異名に磨きがかかっているみたいですね。奇遇ですが、日本で最初のケリーさんの仔犬の名前がふうさんの所と同じFionn君でした。両家の仔犬達の元気な成長を願っています。

Aerlga G.Gさんへ

コメントありがとうございます。
リレーブログの方の子犬、可愛いでしょう?先日、TV撮影でおじゃましたときには、もうかなんり大きくなっていました。こちらのブログでも近いうちに、子犬だけ紹介しようと思っています。
そう、犬のために裏庭はコンクリートに変えたそうです。さすが、よく気付かれましたね!

土曜日の「知っとこ!」に出ますので、ご覧くださいね!

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
2020年6月20日(土)~各45分・無料お試し回+全6回
ライブ配信終了・見逃し配信購入→こちら

秋のケルト市「ナオコガイドのどこでもドア」
2020年10月2~4日 東京・巣鴨にて
→無事終了・ありがとうございました!

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ