FC2ブログ

『マーリー・アンド・ミー』、見ましたか?

先日友人宅で、昨年公開された映画、『Marley & Me(マーリー・アンド・ミー)』を見ました。

ジェニファー・アニストン&オーウェン・ウィルソン演じる新婚夫婦が、子育ての練習として子犬を飼うことにし、マーリーと名付けられた腕白なラブラドール・リトリーバーがやって来る…というお話。
マーリーをめぐるドタバタ・エピソードと、それに平行してえがかれる夫婦&家族の成長物語…とでも言ったらいいでしょうか。

marleyandme2
Marley & Me

最初の5分程を見て、うわ~このドタバタな感じ、最後まで見られないかも…と思ったのも束の間、マーリーが登場するや否や「カワイイ~!」と釘付けに。
そしてエンディングに近づくにつれ、いつの間にやらハートウォーミングな気持ちでいっぱいになり、なんと最後は信じられないくらいに「うぉぉぉ~ん」と号泣してしまいました(笑)。
映画を見てこんなに泣いたのは、『Bridge to Terabithia(テラビシアに架ける橋)』以来かも。
(あの時は映画館で見ていて、子供たちに混じってうぉんうぉん泣いてしまいました…笑)

思いがけず感動させられたこの映画ですが、私にとってはもう一つの見どころがあり、それはアイルランドが登場するということ。
夫婦がアイルランドにハネムーンにやってくるというくだりがあり、短いシーンながら、実際にアイルランドで撮影が行われています。ロケ地は西海岸のコネマラ地方(Connemara, Co. Galway)。

ガイド仲間の友人と一緒に見たので、そのシーンが出るや否や2人で大盛り上がり。DVDをいちいち止めては、まるでロケーション・クイズ状態でした。

「あっ、スカイロード(Sky Road, Clifden, Co. Galway)だ!」
「ラウンドストーン(Roundstone, Co. Galway)!」
「このホテル、キャシェル・ハウス(Cashel House Hotel)?」
「いや、ロック・アイナ・ロッジ(Lough Inagh Lodge Hotel)じゃない?」(←この2つのホテル、外観ががよく似ているんです。どちらのホテルなのか、または別のホテルなのか、それ以上調べていませんが)

…などなど。馴染みのある美しい景色が次々に登場。
羊の群れに囲まれてしまうシーンなどもあり、短いながら、チャーミングなアイルランドの田舎の様子がよく出ていました。

撮影が行われたのは、2008年の夏。
ジェニファー・アニストン&オーウェン・ウィルソン含むハリウッドのロケ隊一行は、コネマラの宝石とも言われる美しい古城ホテル、バリナヒンチ・キャッスル(Ballinahinch Castle Hotel)に滞在したそうです。

ballinahinchcastlemarleyandme
かつてインドのマハラジャが所有していたこともあるという19世紀の大豪邸(2009年7月撮影)

全40室のうちの20室が貸し切り状態となったそうですが、ジェニファー・アニストンの滞在はたったの2泊3日。
シャノン空港に自家用ジェットで到着し、そこからヘリコプターでホテルへ。川や森に囲まれたバリナヒンチでの滞在を楽しんでいたそうです。

『Marley & Me』、犬好きの方、アイルランド好きの方には、お勧めの一作。
邦題は、中味を見る前にひいてしまうようなタイトルですけれど…。(邦題:マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと


関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信!
【新規講座】 →詳細決まり次第お知らせいたします!

見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ