記事一覧

昔ヒッピー&今ドクターのマイホーム!

昨日のサンデー・ディナーに招待してくれたSineadの家は、ダブリン郊外の住宅地にあります。
60~70年代に青春時代を過ごしたSineadは、今もヒッピーの面影を残す6ヶ国語を操る才女で、ニックネームは「ドクター・シュネード」!(彼女は数年前、本当に博士号を取りました!)

古いもの・お気に入りのものを上手に利用した楽しいインテリがいっぱいの彼女の家の中を、ちょっとご紹介しま~す。

windowpots
窓辺に吊るした植木鉢、エスニック調のカフェ・カーテンとぴったり。

sindowglasses
ブルーで統一されたキッチンの窓辺を彩る空き瓶たち

photocloset
カードや切り抜きが無造作に留められた古いクローゼット

fireplacesinead
居間の暖炉。小さな思い出ある置物がいっぱい、ムーミンもいます!

coal
暖炉にくべるスモークレスの石炭

springflowers
家庭菜園の片隅に咲く春の花々

rosemarie
昨日のロースト・チキンに刺してあったローズマリーもお庭から!

jcertificate
今は成長して家を離れている息子さんのオシーンが、子供のときに神奈川県知事からもらった賞状!国際児童画展銀賞、1991年3月17日の日付。

豊かになり、インテリアや家具のショップが増えているアイルランド。こうなると逆に、個性のない大量生産のもので家を飾る人が多くなり、お金をかけないとインテリアに凝るのは難しいような気がしてしまうのですが、本来は、自分の好きなものに囲まれて居心地がよければいいわけです
今でもレコード・プレーヤーで音楽を聴いているSineadの家は、彼女のヒッピー精神やインテリジェンスにあふれています。インテリアの基本は、自分のライフスタイルに忠実であることなのでしょう。


コメント

うまそう!

私がアイル行ったときの食べ物で一番、記憶にあるのが朝から色々な種類のコーンフレークでした。こんなおいしそうなところがいっぱいあるんですね・・・キリベックにいるときはほとんど自炊だったので、自分で作ったまずい飯しか記憶にないか(^^;)ところでダブリンで散歩しているとき川沿いのビルそんなに高くないビルでしたが、ビル全体がほとんどガラスで出来ていて夕方の薄暗さに煌々とあかるいガラスのビルが映えてとてもきれいでした。あのビルなんのビルだったのでしょうか?
もしご存知なら教えてください。

アイルランドは今やグルメブーム。おいしいレストランも多いし、家庭での食事も日本人の口に合うものがたくさんあります。
ご質問のビルは、てっぺんが鉛筆の先みたいに尖っているものでしょうか?George's Quayにあるオフィス・ビルのことでしょうか。まだ出来て3年くらいの新しいビルです。

流石です。

ピンポーン!あれでした!流石!感無量!気になっていたものが取れました。ありがとうございます。あんな内容で良くわかってくださいました。聞いてよかった!あの川沿いのホテルに宿泊し、散歩したんですよ。位置関係がわからないのですが、映画「マイケルコリンズ」で出てきた現郵便局だったか元郵便局だったかあのあたりも散歩したのですが、石畳が残っててとても情緒のあるところですね。毎年内の社員が持ち回りでアイルに行っているのですが、俺の番が早くきてほしいですよ。

お役に立ててよかったです。
そのうち、アイルランドでお会いできるかもしれませんね~。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ