FC2ブログ

記事一覧

聖バレンタインのご加護を求めて…

バレンタインズ・デーの今日。
今年も聖人バレンタイン詣でに、ダブリンのホワイトフライア・ストリート教会(Whitefriar Street Church, Aungier Street, Dublin2)へ出かけてきました。

valantain20101
教会入り口の門の細工もきれいです

このブログではすでに何度もご紹介していますが、聖バレンタインの聖遺物が祀られている教会です。
バレンタインズ・デーの今日は、普段はガラスケースに入っている聖バレンタインの聖血入りの箱が表に出され、一般参列者もそれに触れることが出来るのです。

valantain20105
もともとローマの聖人である聖バレンタイン。彼の聖遺物がなぜダブリンにあるのかは、こちらにまとめてありますのでご参照ください

今年のバレンタインズ・デーは日曜日だったせいか、一般参列者の数が多いこと。バレンタイン聖人の聖遺物参拝には、なんと長蛇の例が出来ていました。
私も列に並んで、参拝してきました。お願い事が叶いますように…!

valantain20103
ここ何年か、バレンタインズ・デーにはほぼ毎年ここに来ていますが、こんなにたくさんの人が参拝しに来ているのは初めてみました!

valantain20106
聖遺物箱を熱心に覗き込む可愛らしいカップル♪ ご家族連れもカップルもシングルの人も…いろんな人が箱に触れたり、口づけしたり、お願い事を唱えたり、お手紙を置いたりしていました

valantain20102
こちらは聖バレンタイン像。普段はこの像の下のガラスケースの中に聖遺物が祀られています

この教会、内部の彫像がどれもとってもステキなんですよね。
美しい細工や彫像を見ているだけで、ほんわか癒されてくるから不思議です。

valantain20104
美しいお顔の聖女像

※関連過去ブログ:聖バレンタインの聖遺物聖バレンタインの教会のカフェ&ショップホワイトフライア・ストリート教会でスピリチュアルに過ごす
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市「ナオコガイドのどこでもドア」
2020年10月2~4日 東京・巣鴨にて
各日15時~ダブリンよりオンライン参加!
→詳細・入場予約はこちら

オンラインセミナー開講!
2020年6月20日(土)~
各45分・無料お試し回+全6回
→詳細&お申込みはこちら
(ライブ配信終了、見逃し配信購入可能)

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ