FC2ブログ

サンタルチア・コンサート

santaluchia12093
聖ルチアに扮する女の子。金髪の髪にキャンドルの冠…まるで光の精のよう

クリスマスに関する行事は国によりさまざまなものがありますが、スカンディナビアの国々やイタリアでは、旧暦の冬至にちなんで12月13日を聖ルチア祭としてお祝いするそうです。
それに合わせて、昨年に引き続き今年も、スウェーデン大使館の企画によるサンタルチア・コンサートがダブリンで開かれるというので、昨晩出かけてきました。

santaluchia12095
スウェーデンからやって来たAdolf Fredrik Youth Choirの皆さん。サンタルチア・コンサートでは定評のある少年少女合唱団だそうです

昨年はクライストチャーチ大聖堂で開かれたこのコンサート。ほとんど宣伝もしていないにも関わらず、教会に入りきれないほどの人が集まってしまったため、今年はより広いセント・パトリック大聖堂にて行われました。
全部で500席ほどあったかと思うのですが、コンサート開始時にはほぼ満席に。あちらこちらからスウェーデン語が聞こえてきて、まるでストックホルムかどこかにやってきたかのような気分。

まずは闇を象徴して、真っ暗な教会堂の方々から歌声が。それが徐々に教会後方に集合していき、今度は光をともした少年少女たちが闇を破って行進してきます。
主祭壇の前で次々に歌われる曲は、有名なイタリア民謡として知られる有名なサンタルチアをはじめ、クリスマスでおなじみのメロディーあり、中世音楽あり…と盛りだくさん。
キャンドル・ライトの中で聞く歌声はそれはそれは幻想的で、全身が光に満たされていくかのような神々しい気分になりました。

santaluchia12092
金髪に白い衣装の少女たち。まるで天使のよう♪

聖ルチア祭は光の聖女ルチアにちなむ祝い事ですが、もとは古代の歳時がキリスト教に取り込まれ、継承されてきたものです。そのあたりはハロウィーンの発祥やあり方と同じですね。
一年でいちばん夜が長くなるこの季節、このところほとんど毎日冬眠して暮らしていましたが(笑)、歌声とキャンドルライトの光で冬眠生活も明るくなったかも。

santaluchia12094
夜の聖パトリック大聖堂

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ