fc2ブログ
  • 先日作った、アイルランドの海藻食代表、カラギンモスのブラマンジェがあまりにおいしくて、やみつきになっています。カラギンモス・ブラマンジェのことを「『赤毛のアン』とアイルランド」についてのオンライン講座でご紹介したところ、新潟名物の「えご」に似ていますね、と感想をお寄せくださった方がありました。さすが海藻食先進国のジャパン、類似のものがちゃんとあったんですね。「えご」の原料はえご草という海藻で、近年... 続きを読む
  • 先日スケートをしに行ったコーク郊外のフォタ・アイランドは、タイタニック号の最後の寄港地として知られるコーヴ(Cobh, Co. Cork)へ車でほんの10分ほどの距離。せっかくなのでコーヴへも足をのばし、久しぶりに町の名所散策&ランチを楽しみました。高台にそびえるコーヴのシンボル、聖コルマン大聖堂(St Colman's Cathedral)。1868年に建設が始められましたが、資金不足などの理由から完成にこぎつけたのは半世紀後の1919年... 続きを読む
  • ここ数日、オファリー県タラモア(Tullamore, Co. Offely)で起こった痛ましい殺人事件のことが、連日ニュースで取り上げられています。先週水曜日の午後4時頃、23歳のアシュリン・マーフィー(Aisling Murphy)さんという女性が自宅近くの運河沿いをジョギング中に襲われ、帰らぬ人となりました。犯人はまだ捕まっておらず、動機など詳しいことはわかっていませんが、単独犯による通り魔的犯行と見られています。小学校の先生だっ... 続きを読む
  • この冬、アイルランド南部コーク近郊にオープンしたアルペンスケートトレイル(Alpine Skate Trail, Fota Island, Co. Cork)へ行ってきました。アイルランド初&唯一の、野外スケート施設です。サファリ形式の動物園フォタ・ワイルドライフ・パーク(Fota Wildlife Park)の入り口の、森の中にあります入場口を入ったとたん、ウィンターマジックの雰囲気満点。車の上に積まれたトランクの上にリスがいるのですが、灰色リスではな... 続きを読む
  • 1月中旬にピークを迎えると言われ続けていたオミクロン株による感染者増ですが、ここ数日、緩やかに減少傾向にあります。入院や重症者の数も増えたり減ったりで、急激な増加はないとのこと。このまま落ち着いていくのでしょうか。昨日より感染者及び濃厚接種者の行動制限のルールが変わり、さらに緩和が進められました。感染者は隔離期間がこれまでの10日間から7日間に、ブースター接種を完了している人は濃厚接触者になってももは... 続きを読む
  • NHK文化センターのオンライン講座「『赤毛のアン』で歩く、ケルトの島・アイルランド」、本日無事にライブ配信させていただきました。ご参加くださった皆さん、ありがとうございました!準備万端となり、配信開始までリラックスして待機する時間が好き♪恐れ多くも、PCの高さ調整にはモンゴメリの日記選集を。厚さと安定感がバッチリなのです昨年秋から同様のテーマで数回トークさせていただいているので、『銀の森のパット』のジュ... 続きを読む
  • 久しぶりにスキーに行ってきました!ダブリン市街地から車で30~40分ほど、ウィックロウとの県境にある国内唯一のスキー練習場(Ski Club of Ireland, Kilternan, Co. Dublin)。雪のないアイルランドでただ一箇所、スキー&スノーボードが出来る場所です。一昨年~昨年の秋冬はロックダウンや行動制限の合間をぬってよく来ていましたが、この冬はスケートに夢中でスキーのことは忘れていました。友人ニーヴに誘われてほぼ一年ぶり... 続きを読む
  • パンデミックが始まって1年10ヶ月。アイルランドにおける新規感染数の合計は、昨日までで100万件に達したそうです。アイルランドの人口は500万人。ひとりが複数回感染しているケースはごく少数だと仮定すると、5人に一人が新型コロナウィルスに感染したことになります。5人に一人…!友人知人との会話も、最近は「一族の誰々が感染しちゃった」というのではなく、「うちの一族はラッキーにも一人しか感染してない」といったふうに変... 続きを読む
  • 今週14日(金)に迫ったオンライン講座「『赤毛のアン』で歩く、ケルトの島・アイルランド」の準備していたら、食べたくなって作ってしまったあるモノ。「ミッシーの部屋」(『時の扉の向こうには』L.M.モンゴメリ作/リー・ウィルムズハース編/いぬいななこ訳、篠崎書林に収録)という短編に「矢筈角又(やはずのつのまた)のゼリー」(Irish moss jerry)として登場する、カラギンモスのブラマンジェです。大きな容器でたっぷり... 続きを読む
  • 昨日は新規感染者が26000人強と発表され、またもや記録更新。今後1週間がオミクロン株のピークであろうと言われていますが、コロナになんぞ負けていられません!昨今火がついた私のアイススケート熱がついに周囲に伝播し、昨日は嬉しいことに大勢の仲間がリンクに集いました。大人&子ども総勢13名でイェ~イ!ダブリン市内ブランチャーズタウンのアイススケートリンク(Ice Skating Blanchardstown)にて友だちの友だちはみな友だ... 続きを読む
  • アイルランド西海岸沖の石だらけの離島、アラン諸島(Aran Islands, Co. Galway)で生まれたアランセーター。凝った編み込み模様が特徴のセーターで、1950~60年代に島の特産品として見出され、今やアイルランドを代表する伝統工芸のひとつとしてその地位を獲得しています。大量生産の時代となり、今ではアランセーターはアイルランド全土のお土産物屋さんで安価で購入できますが、そのほとんどが機械編みの品で模様もワンパターン... 続きを読む
  • 昨日の仕事中、PCのスクリーンの隅っこに「Breaking(速報)」の文字が飛び込んできて、アイルランド入国に必要とされる陰性証明が近々、不要になるとのニュースが。え~、嬉しい!けれど…オミクロン株の感染拡大ピークはまだこれからと言われているし、入院患者数、ICU患者数もそろそろ増加し始めています。今このタイミングで水際対策を緩和していいの?と思いつつニュース記事を読み進めると、その理由がいとも明瞭に書かれてい... 続きを読む
  • 今日から仕事始め。約2週間ぶりに通訳の仕事に通っている職場へ出勤すると、ホリデー中の楽しかった話に花が咲く一方で、あれ、〇〇さんがいない?、××さんはどこ?…と姿の見えない人多し。予想していたことではありますが、出勤予定の人のうち3割ほどが新型コロナに感染したか、その疑いがあるか、濃厚接触者に特定されたかで来ていませんでした!クリスマスから元旦までの1週間でアイルランドでは12万人が感染し、2020年の全感染... 続きを読む
  • 今年はアイルランドにいながらにして、日本らしいお正月を過ごさせていただきました。風邪気味だったこともあり、元旦は自宅で静かにお雑煮を食べたり、見逃し配信で「紅白歌合戦」を見たり。そして昨晩は日本人の友人のご自宅で、新春手巻き寿司パーティーにお呼ばれ。久しぶりの日本の味に心躍りました♪おとそで乾杯!感染対策で4世帯までしか集うことが出来ませんが、少人数でこじんまりと♪ご馳走いっぱい。お刺身、コシヒカリ... 続きを読む
  • Happy New Year 2022!2022年の幕開けです。皆さん、今年もどうぞよろしくお願いいたします!昨年に続き、今年もダブリン湾で初日の出を拝みました。ダブリン湾の埠頭、グレート・サウス・ウォール(Great South Wall, Dublin 1)にて。朝8時過ぎ、白々と夜が明け始めましたこの埠頭をフィル・ライノットみたいに歩いて行って(←「Old Town」のMV参照♪)、先端の赤いプールベッグ灯台(Poolbeg lighthouse)付近で日の出を見るつも... 続きを読む

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

【新規】オンライン講演!
『赤毛のアン』で歩くケルトの島・アイルランド
2022年1月14日(金)16:00~
詳細・お申込み→こちら

福岡市にて講演!
2021年4月24日(日)

→詳細は追ってお知らせします!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ