FC2ブログ

記事一覧

キルデアの制限解除、学校再開、パブはまだクローズ…

アイルランドで最初の新型コロナウィルスの感染者が出てから、一昨日で6か月経ったそうです。もう6か月?という気もしますが、もしかしたらまだ6か月…なのかも。夕方のニュースで、延長されたキルデア県の行動制限が本日をもって解除されると報じられました。キルデアの皆さん、3週間耐えてくださってありがとう。一時はキルデアだけ突出して感染件数が増加していましたが、それも落ち着いたようです。そして、先週後半または本日...

続きを読む

オンライン読書会『赤毛のアン』

アン仲間とのオンライン読書会も7回を数え、本日のお題はアン・ワールドの始まりの書『赤毛のアン(Anne of Green Gables)』でした。1908年出版、カナダ、プリンス・エドワード島に住む、当時ほぼ無名であった女流作家L.M.モンゴメリによる初の長編小説。執筆当初いくつかの出版社に持ち込むも断られ続け、屋根裏にしまい込まれそのままお蔵入りしたかもしれなかったのに、ひとたび出版されるやベストセラーに。続編が次々書かれ...

続きを読む

野生のリンゴのケーキ!

静かな土曜日。3冊の本を交互に読むという(読みたい本がいくつかあるときはこうなります…笑)読書三昧の合間に、久しぶりにベイキングをしました。先日スライゴ(Co. Sligo)の松井ゆみ子さん宅へおじゃまし、お庭のリンゴをもがせていただきました。そのリンゴを刻んで入れたケーキ。私の定番レシピは砂糖・バター・小麦粉が1・1・2。砂糖&バターを混ぜたあとにタマゴを2~3個入れて混ぜ、ベイキングパウダーを入れた粉をふるい...

続きを読む

ブラックスリーの滝(ユネスコ世界ジオパーク)

スライゴ滞在中、思えば滝ばかり見に行っていました。大雨が降って絶好の見学チャンスだったこと、波のコンディションが思わしくなく時間がたくさん出来たことが理由ですが、今思うと滝の水しぶきをいっぱい浴びたい気分だったのかも(笑)。デヴィルズ・チムニー、ポルナゴルム洞窟に続き、その翌日、ブラックスリーの滝(Blackslee Waterfall, Co. Farmanagh, Northern Ireland)へ行きました。下アーン湖(Lower Lough Erne)の...

続きを読む

「ゲーム・オブ・スローンズ」ロケ地めぐり⑥ ポルナゴルム洞窟(ユネスコ世界ジオパーク)

大雨の翌日の滝見学。デヴィルズ・チムニー(Devil's Chimney, Co. Sligo)を見に行ったあと、国境を越えて北アイルランド領内のポルナゴルム洞窟(Pollnagollum Cave, Co. Farmanagh, Northern Ireland)の滝へも足を延ばしてみました。ベルモア山脈に続く森(Belmore Forest)を歩く7キロ(約2時間)のウォーキング・コースの一環。全行程歩かなくとも、駐車所からほんの数分のところに「ポルナゴルム洞窟」への入り口看板あり石...

続きを読む

マラクモアのロブスター!(エスナズ・バイ・ザ・シー)

数日間のスライゴ滞在を終え、ダブリンの自宅に戻りました。滞在中、ありがたいことにお友達のお宅で夕食をご馳走になることが多かったのですが、ひと晩だけレストランへ行きました。マラクモアのシーフード・レストラン、エスナズ・バイ・ザ・シー(Eithna's By The Sea, Mullaghmore, Co. Sligo)です。週末のみオープンの狭き門の人気店ですが、お近くにお住まいのお友達の松井ゆみ子さんが予約してくださり、ご一緒しました。...

続きを読む

小泉凡先生の「妖怪学」全5回、オンライン受講できます!

島根県松江市の小泉八雲記念館の館長・小泉凡先生よる「妖怪学」講座にご自宅からオンラインで参加できます!(参加無料)9月~来年4月までの間に全5回。第1回の受付が本日より始まり、先着順と聞き早速申し込みました。博識なのはもちろん、気さくなお人柄の凡先生のお話しはいつもとても面白くて楽しいです♪詳細・お申込み方法はこちら↓(小泉八雲記念館のお知らせページより)小泉凡館長の「妖怪学」講座(全5回) ビデオ会議ア...

続きを読む

アイルランドいち落差のある「逆流する」滝、デヴィルズ・チムニー

再びストーム(嵐)がやって来て、ひと晩中、ものすごい量の雨と風が吹き荒れました。波のコンディションもすっかり崩れてしまったので、今日はサーフィンはあきらめて別のことをすることに。大雨のあとに見ごたえのあるものと言えば滝です。宿泊しているB&Bリサデル・ロッジの女将さんリンダのお勧めで、デヴィルズ・チムニー(Devil's Chimney, Co. Sligo)へ行ってみました。グレンカー湖(Glencar Lake, Co. Sligo & Letrim)...

続きを読む

365日必ず波のあるビーチ、タラン・ストランドでサーフィン

早起きしてタラン・ストランド(Tullan Strand, Bundoran, Co. Donegal)でサーフィン。昨日までの強風がぴたりとやみ、小波でしたがいい波が次々に。先週からホリデーでこちらに滞在している友人イーファもやってきて、ツバメが飛び交う海でなんとも楽しいセッションを楽しみました。美しい波のラインを描くタラン・ストランド!スライゴ/ドネゴールのコースト・ラインは近距離にサーフ・スポットが集中していて、風向きや波の入...

続きを読む

ベンブルベンに朝日が輝く…

スライゴ(Co.Sligo)に来ています。かつては毎週のように来ていたアイルランドでの第2の故郷。昨年夏は仕事が忙しく、冬は日本へ、3月からサーフィンするぞ~と思っていたらパンデミック。気がつけば1年近くもご無沙汰していました。数年前よりスライゴでの定宿にさせていただいている、ベンブルベン(Ben Bullben)を見晴らすB&B、リサデル・ロッジ(Lisadell Lodge,)に昨晩到着。目覚めるとベンブルベンの頂きに朝日が輝いてい...

続きを読む

リフィー川でカヤック体験!ダブリン・シティ・カヤッキング

友人のご主人が岸から撮ってくれたナイスショット!ダブリン市街地を南北に二分するように流れるリフィー川(River Liffey)。ダブリンっ子の暮らしの一部となっているこの川でカヤック体験の新アクティビティーが登場!…ということで、ジーンちゃんが来てくれて番組ロケをしたのが5年前。(今年3月に惜しまれつつ放送終了した「にじいろジーン」。2008年の放送開始年からダブリンに4回も来てくれ、そのうちの3回をご一緒させてい...

続きを読む

素敵な花束!

昨日、思いがけず花束をいただきました。先日終了した私のオンラインでのアイルランド・カルチャー講座にご参加くださったダブリン在住のお友達が、待ち合わせのレストランに素敵なブーケを持って登場。「7週間お疲れさまでした!」とプレゼントしてくださり、とても嬉しかったです。美しいオレンジとピンクのバラ、名前は分からないけれどまるで薄い和紙で作られたかのような繊細なお花たち、そしてアイルランドの森を連想させる...

続きを読む

キルデアのみ、行動制限をもう2週間延長…

キルデア(Co. Kildare)在住のサーフ仲間から久しぶりにメッセージがあり、「もうダメ~、早く海に戻りたい~」と今にも暴れ出さんばかり。キルデア、リーシュ、オファリーの3県に行動制限が出てから2週間が経ち、リーシュ、オファリーは本日解除になったものの、キルデアのみもう2週間制限を延長することが本日発表されたのでした。ああ…、キルデア在住の皆さんには本当にお気の毒としか言いようがないのですが、どうやらキルデ...

続きを読む

フィル・リノットのドキュメンタリー映画トレーラー公開!

ダブリン出身の伝説のロックバンド、シン・リジ―(Thin Lizzy)のリードボーカル、フィル・リノット(Phil Lynott)の人生を追ったドキュメンタリー映画が今秋アイルランドで公開予定ですが、本日その公式トレーラーが発表されました。映画のタイトルは『Phil Lynott: Songs For While I'm Away』。73年発表のシン・リジ―の曲のタイトルと同じですね5日前に20秒間のティザー映像が公開され、フィルの誕生日である今日8月20日(生き...

続きを読む

雨、雨、雨…

今夜はストーム(嵐)がやって来るとのことで、アイルランド南部&西部に大雨洪水警報が出ています。ダブリンも終日、雨、雨、雨。夜になって雨足が強まってきたので、我が家の雨漏りスポットにバケツとタオルをセッティングしました。(何度修理をお願いしても、時間が経つとまた屋根のスレートがずれてしまう箇所があるのです…!)カウンティー・コーク(Co. Cork)の海沿いの町では、すでに道路が川のようになっているよう。8月...

続きを読む

感染者急増、ソーシャルディスタンス再び厳しくなる…

これが第2波…なのでしょうか。おとといの新規感染者200人、昨日は50数人、そして今日は190人。5月半ばの数に逆戻りしてしまいました。過去2週間のアイルランドの人口10万人当たりの新規感染者数は、ヨーロッパで4番目に多いそうです。あっという間にこんなに急増してしまいました。世の中のたいていのことは時間の経過とともに状況が良くなるか、悪くなるかの一方通行です。ところがこの新型コロナというのは、良くなったり、悪く...

続きを読む

アイリッシュ・ロマネスクの至宝、クロンフェルト大聖堂

先日イニシュマーン(Inis Meain, Aran Islands, Co. Galway)へ行くのに内陸部を通ったとき、少し回り道をしてクロンフェルト大聖堂(Clonfert Cathedral, Co. Galway)に立ち寄りました。アイリッシュ・ロマネスクの至宝とされる12世紀のファサードが現存する聖堂。大型バスの行けない辺鄙な場所にあり、これまでずっと行きたいと思いながら訪れるチャンスがなかった場所です。カウンティー・ケリー(Co Kerry)の守護聖人である...

続きを読む

ダンレアリ、サンデー・マーケットと波止場で過ごす午後

ダンレアリ(Dun Laoghaire, Co. Dublin)のイースト・ピアより街を眺めるどんより曇り空の日曜日。友人マルコスと泳ぎに行こうと話していましたが、太陽が出ないのでそんな気になれず。代わりにダンレアリのマーケットでお茶したり、波止場を歩いたりして過ごしました。イースト・ピア近くのピープルズ・パーク(People's Park)では、毎週日曜日にマーケットが開かれます(11:00~16:00頃)野菜や魚、パンやケーキ、ジャムやチ...

続きを読む

終戦記念日は「VJデー」(日本に勝利した記念日)

ジョギング中、いつも通るウォー・メモリアル・ガーデンズ(The National War Memorial Gardens, Dublin 8)でセレモニーが行われていました。第1次世界大戦の犠牲者を称えて建設された庭園の、ケルト十字架のモニュメントにて警備の人に聞くと、第2次世界大戦のVデー(Victory Day=戦勝記念日)だよ、とのこと。今日8月15日は終戦記念日。そう、日本が降伏した日は、イギリスを含む連合国が勝利した日なのです。アイルランドは19...

続きを読む

イニシュマーンから持ち帰ったもの…

イニシュマーン(Inis Meain, Aran Islands, Co. Galway)からダブリンへ持ち帰ったもの。(上から半時計回りに)ビーチで収穫した海藻、宿泊したAn Dunで「おいしいから欲しい!」とねだっていただいた島育ちの新じゃが、やはり宿でいただいたマリーゴールドの種、ナスターシャの種!海藻は2日間続けて通ったビーチで収穫。岩のくぼみの潮だまりに生えていたのを食べてみたらシャリシャリとおいしくて、友人と2人で袋にいっぱい採...

続きを読む

イニシュマーンの夏休み④ 古墳、石の砦、島の景色など

イニシュマーンの夏休み① 夕日を眺めながらディナーイニシュマーンの夏休み② 岩のビーチで海水浴&岩盤浴!イニシュマーンの夏休み③ 小さな島のグルメ宿…の続きもしも新型コロナがなかったら、イニシュマーン(Inis Meain, Aran Islands, Co. Galway)へは日本からのお客様をご案内して仕事で行くはずでした。お客様のお手配をキャンセルした時、フェリーの予約だけはそのままにしておきました。フェリー会社にはいつもよくして...

続きを読む

イニシュマーンの夏休み③ 小さな島のグルメ宿

イニシュマーンの夏休み① 夕日を眺めながらディナーイニシュマーンの夏休み② 岩のビーチで海水浴&岩盤浴!…の続きイニシュマーン(Inis Meain, Aran Islands, Co. Galway)へ行くのは本当に久しぶりで、こちらの時間では7年ぶりだったと思うのですが、島時間では違ったよう。定宿にさせていただいているアン・ドゥーン(An Dún Bed & Breakfast and Restaurant)のテレサとポーリックは、「あら、ナオコ!」とつい先日会ったば...

続きを読む

イニシュマーンの夏休み② 岩のビーチで海水浴&岩盤浴!

2泊3日のイニシュマーン(Inis Meain, Aran Islands, Co. Galway)でのミニ・ホリデーから戻りました。素晴らしいお天気に恵まれ、コスタ・デル・ソル…じゃなくて、まるでコスタ・デル・アランアイランズ!連日ビーチで海水浴。透き通った淡いエメラルド・グリーンの海が美しい海の底も、見える景色も岩盤。この色、アクアマリンの宝石みたい石灰岩の岩盤から成るアラン諸島は、太陽熱を吸収した岩が天然のソーラーパネルとなって...

続きを読む

イニシュマーンの夏休み① 夕日を眺めながらディナー

アラン諸島のイニシュマーン(Inis Meain, Aran Islands, Co. Galway)に来ています!3島の中でいちばん本土から遠い人口200人弱の小さな島。夕方のフェリーで到着して、大西洋に沈む夕日を眺めながら外のテラスでディナーをいただきました。島で採れた新じゃがと、ココナツ風味のチキン・キャセロール夜9時過ぎ、ピンク色の夕日がお隣りの島、イニシュモアに沈んでいきましたヨーロッパの西の端っこ。今日の夕日をいちばん最後に...

続きを読む

「バンドにエイド」CD制作でアイルランドを含む海外ミュージシャンを支援しよう!

アイルランドを含む、ケルト/北欧音楽を20余年にわたり日本に紹介し続けてきたTHE MUSIC PLANTさんが、新型コロナ禍の特別企画としてスペシャルCDを制作することを発表、音楽メディアで話題となっています。皆様のご協力が必要です。http://www.mplant.com/BandAid/Posted by THE MUSIC PLANT on Thursday, 6 August 2020新型コロナ禍で活動が制限され、苦境に立たされているミュージシャンたちに具体的な支援をすることが目...

続きを読む

サンセットSUP in ホウス!

夏の日のなかなか暮れない夕陽がまぶしい…そろそろ大西洋岸へサーフィンに行きたいのですが、自分の予定と波予報がなかなか合わず。今週末は…と願っていましたが波のサイズが上がらなかったので、東海岸に残っていたサーフ仲間たちとホウス(Howth, Co. Dublin)でSUP(スタンドアップパドルサーフィン)をしました。夕方6時にホウス・ハーバーを出発して、対岸のアイランズ・アイ(Ireland's Eye)と呼ばれる島へパドルアウト。マ...

続きを読む

キルデア、リーシュ、オファリーの3県に行動制限

昨日の新規感染者が98人(死亡者4人)と急増、なんだか数か月前に逆戻りしたかのような数字です。ここしばらく40人、50人…という日が続き、45歳以下への感染拡大、食肉工場でのクラスター発生など心配なニュースが報じられていたので、なんらかの制限が再導入される気がしていたところ、昨日夕方、ミホール・マーティン首相の緊急演説がありました。本日(8月8日)より2週間、キルデア(Co. Kildare)、リーシュ(Co. Laois)、オ...

続きを読む

夜を徹して翌日まで「愛の不時着」を見続けてしまった件…

…はい、昨日の夕方から見始め、Netflixでいっきに16話、不眠不休で見続けてしまいました!古くは「セックス・アンド・ザ・シティー」、「ダウントン・アビー」に始まり、最近では「Giri/Haji」、「ゲーム・オヴ・スローンズ」、「ノーマル・ピープル(ふつうの人々)」など、DVDボックスや一挙配信でドラマを見始めると止まらなくなるたちなので、そうなってもいいように予定のない日を選んで見始めたところ、気がついたら夜が明け...

続きを読む

北アイルランド和平を築いたジョン・ヒューム氏、故郷デリーで死去

北アイルランド紛争の解決は、両勢力が武器を置いて「話し合い」をしたことで実現したと言われます。2008年にNHKのドキュメンタリー番組の取材で長期にわたりご一緒に仕事をした和解プロセスのファシリテーター、ウィルヘルム・フルウート(Wilhelm Verwoerd)さんは、北アイルランドの和平プロセスはパレスチナ、南アフリカなど世界の紛争地域のモデルになり得ると話しておられました。(フルウートさんは南アフリカの「アパルト...

続きを読む

やっと咲き出したバラの2番花!

4月、5月の天候が良すぎて一番花が早く咲きすぎてしまったせいか、今年はバラの花のサイクルがすっかり狂ってしまったようです。例年なら最盛期となる6月、7月に花がなく、葉も茂らず、このまま枯れてしまうのでは…と心配して掘り返して根をチェックした株もあったほど。ところが7月もごく終わりになり、ある日を境にムクムクときれいな葉が出始めた!日に日にこんもりと茂り出し、蕾もつき出し、8月の声をきいたとたん2番花が次々...

続きを読む

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市「ナオコガイドのどこでもドア」
2020年10月2~4日 東京・巣鴨にて
各日15時~ダブリンよりオンライン参加!
→詳細・入場予約はこちら

オンラインセミナー開講!
2020年6月20日(土)~
各45分・無料お試し回+全6回
→詳細&お申込みはこちら
(ライブ配信終了、見逃し配信購入可能)

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ