FC2ブログ

記事一覧

『パフィン・ロック』(ウーナとババの島)で癒される💛

新型コロナ関連のニュースにちょっと疲れたとき、最近よく見て癒されているのがこちら、『パフィン・ロック(Puffin Rock)』。アイルランドのスタジオジブリとも言うべき、カトゥーンサルーン(Cartoon Saloon)制作の子ども向けTVアニメです。Puffin Rock Trailer私の大好きな(そして顔が似ている!としばしばお客様に言われる・笑)、アイルランドの大西洋岸に生息する海鳥パフィン。日本語名はニシツノメドリですが日本には生...

続きを読む

ロックダウンの出口対策は…

ジョギング途中、空を見上げたら人面雲が…!中央の白い雲に片目のネコがにやり…、見えませんか?休業要請及び半径2キロ以内の外出制限(ロックダウン)が始まって5週目となります。周辺諸国の制限緩和のニュースも次第に聞かれるようになり、ここアイルランドでも、当初の期限として出された5月5日以降、どの制限がどこまで緩められるのかに国民の注目が集まっています。先々週ついに1人を下回ったウィルスの再生産数(1人当たりが...

続きを読む

松井ゆみ子さんの「サバイバル・クッキングレシピ」と…ギネスビーフパイ!

山口県岩国市にある、ロバのマークでお馴染みのヒマール(himaar)さん。ショップ、カフェ、アートや音楽イベントに加え、最近は出版も始められ、3月にはアイルランド伝統音楽のアーティスト、アンディ・アーヴィンの歌詞集を刊行されました。日本とアイルランドは郵便がストップしてしまったので拝見出来てないのですが、購入したアイルランド音楽好きの友人がとてもステキな本!と感動していました。そのヒマールさんのサイトで...

続きを読む

桜餅もどき…作ってみました♪

季節の和菓子作りに初挑戦。八重桜が散り始め葉桜になってきたので、若葉を数枚摘み、桜餅を作ってみました。手に入る材料を駆使して作った桜餅「もどき」、苺入り🌸🍓大きくてきれいな八重桜の若葉を2晩ほど塩漬けしました。花も使いたかったけれどうまくいかなかったレッドビーンズ(小豆)がなかったので、あんは買い置きしてあったひよこ豆で作ってみました。栗っぽい食感に餅は白玉粉で代用。(日本から来た方がお土産に持って...

続きを読む

ネトル・ティーは「干し草の香り」

ネトル(Nettle)=セイヨウイラクサ。葉のかたちはシソみたい昨日のネイチャー・ウォーク中、ネトルの葉を摘みました。ネトルの葉は目には見えないチクチクする刺毛(しもう)で覆われているので、知らずに触ると大変。皮膚が赤くなって、数時間痛みが続きます。ガーデニング用の手袋とハサミを持参して、新鮮そうな上部の葉をひとつかみほどチョキチョキと摘ませてもらいました。30~50㎝位の丈になる多年草。先週来た時に良さそ...

続きを読む

妖精もソーシャル・ディスタンス中?(リフィー川沿いウォーク)

ジョギングにちょっと飽きたので、今日は走らずに長めの散歩をしました。いつも行くウォー・メモリアル・ガーデン(Irish National War Memorial Gardens, Dublin 8)を抜けて、リフィー川沿いの遊歩道を道の終わりまでてくてくとネーチャー・ウォーク。自宅からの往復も入れて、トータル10キロ歩きました!川沿いの緑がこの一週間程でいっきに鮮やかになりました今日も白鳥がゆるゆると。先日コメントでYamaさんに教えていただい...

続きを読む

「ルードヴィヒ2世ごっこ」のススメ

東京のひとり暮らしのお友達が、「ひとり焼肉しました~」と写真を送ってきてくれました。お肉や野菜がジュージュー焼けておいしそう。ホットプレートと、薄切り肉と、エバラ焼肉のたれがあったら私もマネしたい!(つまりここには全部ない・笑)巣ごもり生活になってから、私も「ひとりお茶会」をよくしてます。かつてないほどの頻度でお菓子を焼いて、おいしい紅茶をいれて。ぬいぐるみもすわらせて人数分のお皿とか並べちゃった...

続きを読む

ハンドメイド・ソープ・カンパニーの除菌ジェル

【4/24 もとの記事を分けました →「ウィルスと共存する暮らし」に備えて…】「ウィルスと共存する暮らし」がやってくるのに備えて、誕生日を口実にウィルス対策グッズを自分へのプレゼントにしました。買い物とジョギング以外出かけないので、もはやきれいな洋服も靴もいらない。だったら、1日に何度もお世話になるハンドウォッシュや石けんを奮発して、肌に良い高品質のものにしようと。メイド・イン・アイルランドの天然プロダク...

続きを読む

「ウィルスと共存する暮らし」に備えて…

【4/24 もとの記事を一部加筆して分けました →ハンドメイド・ソープ・カンパニーの除菌ジェル】アイルランドにおける新型コロナ感染の状況は、「カーヴを平坦化する(flatten the curve)」フェーズに入ったと先日報道されました。ほっとしたのも束の間、翌日にはサイモン・ハリス保険大臣が「過信は禁物!」と強調し、カーヴを下るまでには至っていないかもしれないと再認識。確かに、ここ数日の日々の感染者と死亡者の発表数は...

続きを読む

『炉辺荘のアン』に出てくるアイルランド② ミセス・エーロン・ワード

『炉辺荘(イングルサイド)のアン』に出てくるアイルランド・ネタその2です。その1→『炉辺荘のアン』に出てくるアイルランド・ネタ① アイリッシュ・クロシェ編みレース②ミセス・エーロン・ワードアン・シリーズには植物が多く出てきますが、私たちの身近にあるものもあれば、いったいこれはどんな花?と気になるものも。それを調べて解明するのも楽しみのひとつで、過去数十年にわたり、アン仲間の皆さんからたくさんの知識をい...

続きを読む

4月のバラ、例年よりひと月早く開花したメアリーローズ

このところの晴天続きのせいか、まだ4月なのに軒先のバラがもう咲き始めました。バラの香りの石けんみたいな王道の香りを放つメアリーローズ(Mary Rose)。これは5年前に挿し木から育てた子株で、親株に負けないくらい大きく美しい花を咲かせてくれるまでに育ちました昨年も4月半ばにひとつだけ咲いたのですが、それは私の誕生日に合わせて(!)狂い咲きしてくれたまで。正式な開花は5月半ばでした。開花時期は気候や選定時期に...

続きを読む

国境は「越え」られなくても「超え」られる!浜矩子さん(アイルランド首相の言葉を引用)

以前にご一緒させていただいたお客様が、アイルランドのヴァラッカー首相のことばが引用されている新聞記事があったと、きれいにスキャンしてメールしてくださいました。昨日の京都新聞の日曜コラム「天眼」。経済学者の浜矩子さんの「今、天眼が求めているもの」というコラムです。小さくて読みにくいかと思いますが、写真をクリックして拡大してぜひ読んでみてください。京都新聞(2020年4月19日) 日曜コラム「天眼」より大き...

続きを読む

『炉辺荘のアン』に出てくるアイルランド① アイリッシュ・クロシェ編みレース

昨日は、日本の『赤毛のアン』のお友達とのオンライン読書会第2弾でした。前回の『アンの幸福』に続き、アン・シリーズ第7作目の『炉辺荘(イングルサイド)のアン』がテーマ。物語の気分の演出に私はスーザンのアップルパイを作りましたが、お友達のユウコさんは、レイチェル・リンド夫人がアンに作ったレモン・ビスケットを作ったそう。Zoomの画面に小さい窓があって、そこをクリックしたら扉が開き、ひと切れおすそ分けでーす、...

続きを読む

どうやら感染ピークは過ぎていた!アイルランドと…心配な日本

アイルランドにおける新型コロナ感染の状況は、どうやら「カーヴを平坦化する(flatten the curve)」フェーズに入ったようです。新型コロナ禍でさかんに耳にする「カーヴを平坦化する」というのは、日々の新規感染者数や死亡者数のグラフの曲線の山(流行のピーク)をできるだけ低くして、医療崩壊を起こさないようにすること。感染を止めることは出来ないけれど、新規感染者の急増(日本でオーバーシュートと呼ばれている状況)...

続きを読む

スーザンのアップルパイ

外出制限のこの機会にお家でベイキング!…にはまっているのは私だけではないよう。小麦粉の需要が通常の3倍にふくれあがり、粉は足りているけれどパッキングが追いつかない!…とメーカーが嬉しい悲鳴をあげているとニュースで言っていました。確かにスーパーマーケットのベイキングのコーナーは品薄。子どもと一緒にお菓子作りをしているお家も多いことでしょう、トッピング用のチョコレート・チップなどは売り切れていましたから...

続きを読む

アイルランド最西端で五つ子ちゃん誕生…ヒツジの!

ヨーロッパ最西端の岬、ディングル半島(Dingle Peninsula, Co. Kerry)にあるアイルランド最西の農場で五つ子ちゃんが生まれたそうです。あ、人間じゃなくて、ヒツジの!夕方のニュースで報じられました。写真はRTE Newsより転載→Family celebrate arrival of quintuplet lambs in Kerryヒツジは一回の出産で2匹の子を産むのが普通。3匹以上産むことはまれで、5匹産むのは100万分の一の確率だそう!このお母さんヒツジは今年で3度...

続きを読む

夕暮れのリフィー川ウォーク

夜8時過ぎ、空も川面も見事なオレンジ色に染まりましたアイルランドの新型コロナウィルスの再生産数(1人当たりが生み出す二次感染者数)が、ついに1人を下回りました。数値を割り出す方法は4パターンあるそうですが、いずれの方法でも1人~0.7人とのこと。感染者数、死者数はまだ増加していますので収束が近いとはとても言い難いですが、トンネルの向こうのかすかな光が初めて見えた気がしました。半径2キロ以内の外出制限がしか...

続きを読む

U2のボノ、新型コロナ危機で見せたアイルランドの「ソフト・パワー」

U2のボノが韓国の文大統領に、医療装備やPCR検査キットを譲ってください!費用は私が払います!と直談判したことが韓国メディアより伝えられ、日本でもネットニュースで報じられました。→U2のボノ、文大統領に書簡「韓国の診断キットを故国に寄贈したい」写真は同様の内容を報じた当地のニュース記事より転載→Bono asks South Korean President for PPE and medical equipment for Ireland(RTE News)昨年12月、韓国で初のU2コン...

続きを読む

暗いニュースも多いけれど、回復者も増えている(退院して村人の歓迎を受けるメアリー・ジョーさん)

ここ数日、20~30人台を行ったり来たりしていた1日の死者数が、今日は過去最多の41人に。最初の死者が出てからちょうど1ヶ月ほどですが、死者総数は400人を越え、今日1日でその10分の1…と考えると恐ろしいです。まだ増え続けるのだろうか…。一昨日ヴァラッカー首相がアイルランドはまだ感染ピークに達していない、「darkest days(失意の日々)」はこれから…と言っていたことを思い出しました。お隣りのUKではジョンソン首相が一命...

続きを読む

文化庁主催のオンライン・ライブ#IrelandPerforms始まる

音楽をはじめとする芸術活動はアイルランドの大切な文化資源のひとつ。コンサートもイベントもあらゆるライブ活動が休止してしまった今、国内のアーティストたちへの救済措置として、アイルランド文化庁がオンライン・パフォーマンスの場を提供しました。優れた技能才能が枯渇しないよう、パンデミック中も活動を継続して欲しい。文化庁とフェイスブック・アイルランドの協賛で10万ユーロ(約1200万円)の資金が投入され、「アイル...

続きを読む

八重桜の園…ウォー・メモリアル・ガーデンズにて

ジョギング途中にほぼ毎日のように立ち寄るウォー・メモリアル・ガーデンズ(戦没者慰霊庭園、The Irish National War Memorial Gardens, Dublin 8)ですが、週末は人が多いだろうと避けていました。今日3日ぶりに訪れてみると、なんとまあ、すっかり別世界に。これぞ桃源郷…いえ、桃じゃないので、「桜の園」とでも呼びましょうか。(でも八重桜は桃の花のような濃いピンク色なので、イメージはどちらかといえば桃源郷。この世の...

続きを読む

イースター・エッグを配るパンダ

真夏のようなお天気から一転、雨&曇りの肌寒いイースター・サンデーでした。朝ラジオ体操をしただけでほかには運動もせず、本を読んだりビデオを見たり、1日のんびりと過ごしました。夕方には友人ニーヴ、デイヴィッド、クリスティーンと、ワインとチョコレートでオンライン・パーティー。一緒にチョコレートを割るはずでしたが待てず、朝から割って食べ始めてしまったので脚がないバニー…(笑)田舎の方では、地元のガーダ(アイ...

続きを読む

シェイマス・ヒーニーの言葉「この冬を生き抜けば夏にたどり着ける」

昨日の外出制限の延長を発表する会見で、ヴァラッカー首相は北アイルランド出身の詩人シェイマス・ヒーニー(Seamus Heaney、1939 - 2013)の言葉を引用しました。→スピーチ全文(英語):Speech by the Taoiseach with update on latest COVID-19 public health measuresIf we winter this one out, we can summer anywhere.新型コロナ感染拡大が深刻化して以来、多くの人に引用され、アイルランドのメディアやSNSでさかんに目に...

続きを読む

さみしいイースター、外出制限あと3週間延長…

今日からイースター休暇ですが、外出制限下の今のアイルランドでは「休暇」も何もないですね…。半径2キロ以内での暮らしがスタートして2週間。新しく始まったオンライン活動やゆるやかな時間の流れが新鮮で、これまでのところ、社交生活がなくなった寂しさはそれほど感じなかったのですが…。今日、急にきた…。イースター休暇初日(グッド・フライデー)ということで、朝から親しい友人たちの間で「ハッピー・イースター!」のメッ...

続きを読む

サイモン大臣のベッドタイム・メッセージに癒される

新型コロナ騒動が起こってからというもの、レオ(ヴァラッカー首相)、サイモン(ハリス保険大臣)、トニー(ホーロハン高等医務官)の3人をメディアで見ない日はありません。若手のレオ(41歳)とサイモン(33歳)はテレビやラジオはもちろん、SNSで自分の言葉でメッセージを発することも多く、国民とよくコミュニケーションを取っていると思う。子どもからの質問にもちゃんと答えたりして。(トゥース・フェアリーは休業ですか?...

続きを読む

初夏の陽気に思うこと、隣国イギリスへの懸念など

ジョギング途中、ピンクと白の2種類の桜の花が青空をバックに咲き誇っていました今日もダブリンは初夏のような素晴らしい陽気で、Tシャツ&短パンで散歩している人たちをたくさん見かけました。たくさんいては…今はよくないのですが。近所をジョギングしていたら、住宅街も公園も今日は明らかに人が多かった。陽気も良くなり、今週末のイースター休暇に向けて地方の別荘や親戚縁者のもとへ遠出を試みる人たちがあとを絶たず、全国5...

続きを読む

神は天に在り、世はすべてことも無し

今日のダブリンは素晴らしく気持ちのいい日で、「6月の中から1日だけ4月にこぼれ落ちたような日」でした。(『アンの幸福』より。先日読書会のために読み返したばかりなので…笑)午前中のオンラインのピラティス教室が終わり、近所へ買い物に。いつもは車で行くのですが、買うものも少なかったし、あまりに気持ちがいいので歩いていきました。店の中にある郵便局で、ついでにハガキをもらってきました。先々週くらいだったでしょう...

続きを読む

アイルランドのヴァラッカー首相、医療現場に復帰

日本は明日にも緊急事態宣言が行われるようですね、アイルランドのRTE(国営放送局)のウェブニュースでも速報されました。ほんの1~2行でしたが。未知のことですから対策がパーフェクト…というわけにはいかないかもしれませんが、日本政府もやっと本腰を入れ始めたようで少し安心しました。ここからスピードをあげて、なんとか医療崩壊を防いで欲しいと願うばかりです。ヨーロッパは相変わらず感染者、死者ともおびただしい数です...

続きを読む

初めてのオンライン読書会 『アンの幸福』

先日ピラティスのオンライン教室にデビューして以来、ツーリズム関係の無料ウェブ・セミナーに参加するなど外出制限下での自宅イベントが充実してきました。今日は日本にいる『赤毛のアン』のお友達が企画してくれた、オンライン読書会。お題はアン・シリーズ第5作の『アンの幸福(Anne of Windy Willows)』で、ここ数日この日に備えて久しぶりに読み返し、タイトルの「幸福」にも勝るほどの幸せなひとときを味わっていたのですが...

続きを読む

ディア・レオ…ヴァラッカー首相へ、子どもたちから励ましの手紙

今、アイルランドのガバメント・ビルディング(首相執務室)には、全国の子どもたちからたくさんの励ましの手紙が届くそうです。そんな中の一部をレオ・ヴァラッカー首相が自身のSNSでシェアしてくれました。とても素敵なのでご紹介させていただきますね。(掲載写真はインスタグラムストーリーより。FBページでも見られます)「ディア・レオ・ヴァラッカー、私の名前はミア・ヒッキー。クロンメルに住む6歳です。好きなのは科学と...

続きを読む

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
6月20日(土)~無料お試し回+全6回
毎週土曜20:00~(各45分)
→詳細&お申込みはこちら
(ライブ配信終了、見逃し配信購入可能)

★岡山市にて講演
2020年10月
→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月
→詳細は追ってお知らせします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ