記事一覧

私の本を見て来てくれた2人とステーキ!

私のアイルランド本が出版されて早1か月。たくさんの方から嬉しいフィードバックをいただき、実際にこの本を持ってアイルランドに来てくださる方にもお会いするようになりました!「紹介されているクラフト・ビール、全制覇しました!」「おみやげページの手づくりウサギ、買いました!」「ワンピースのお店、行きました!」「あとがき読んで、泣きました…!」(←えっ~って感じですが、複数の方からそう言われました。著者である...

続きを読む

フェルメール展、ダブリンで開催中!

ポスターになっている絵は、ベルリン絵画館所蔵の「真珠の首飾りの女(Woman with a Pearl Necklace)」!久しぶりにダブリンに戻り、仕事の合い間をぬって、待ちに待ったフェルメール展を観に行きました。30数点しかないというフェルメール画のうち、約3分の一にあたる10点がダブリンに大集結。6月17日より3か月間、ダブリンの国立美術館(National Gallery of Ireland, Dublin 2)にて開催中です。フェルメールと同時代の巨匠た...

続きを読む

セント・ジョンズ・イヴの焚き火(イニシュモア島)

いくつか見た中でいちばん激しく、美しかった火今から4年前、アランニット本の取材でイニシュモア(Inishmore, Aran Islands, Co. Galway)に滞在中、セント・ジョンズ・イヴの焚き火に偶然出くわしました。(→過去ブログ:焚き火と満月の夜…セント・ジョンズ・イブ(イニシュモア島))セント・ジョンズ・イヴとは聖ヨハネの日の前夜祭。イエス・キリスト生誕(クリスマス)の6か月前である6月24日が洗礼者ヨハネの生誕日で、キリ...

続きを読む

パフィンの楽園、スケリッグ・マイケル!

断崖にたたずむパフィン。あまりの可愛らしさにメロメロ…数日前、今回のグループさんの旅の大きな目的のひとつであったスケリッグ・マイケル(Skellig Michael, Co. Kerry)上陸を無事に果たすことができました!(関連過去ブログ:ついに上陸…スケリッグ・マイケルへ!、続・ついに上陸…スケリッグ・マイケルへ!/スケリッグ・マイケルが登場する「スター・ウォーズ」最新作/9月のスケリッグ・マイケル)天候によりボートの上陸...

続きを読む

フェリーでダブリン入り!

ロンドンからご案内している今回のツアーですが、UKでの観光を終え、昨日無事にアイルランド入りしました。アングルジー島と陸の橋でつながっているホリー島のホリーヘッド(Holyhead, Wales, UK)からダブリンへ、フェリーで約3時間。グループの皆さんとご一緒にアイリッシュ海を超えて来ました!ステナラインのステナ・スーパーファスト5号(Stena Superfast X)にて。まるでクルージングしているかのような静かな海にて、お客様...

続きを読む

古代史跡の宝庫、アングルジー再訪!

4000年前の立石、ペンローズ・ヴェイロ(Penrhos Feilw)。まるで夫婦石のようなツインの立石に、結婚運やパートナーシップ安泰を祈願する皆さん💛今日は終日、アングルジー島のご案内。ウェールズの西端に位置するアングルジーはイングランド&ウェールズ最大の島。アイルランドにもっとも近いブリテン島の辺境です。昨年、ケルト好きのご夫妻をご案内して島の各所を周り、私自身がこの地の魅力を実感。今回のグループさんにもぜひ...

続きを読む

グラストンベリーで過ごす1日

ついにやって来た!有名なグラストンベリー・トー(Glastonbury Tor)今回ご案内しているグループさんは、ケルトに関連したイギリス、アイルランドのスピリチュアル・スポットがテーマ。今日は終日、イングランドきってのパワースポットとして知られるグラストンベリーで過ごし、朝いちばんに聖ミカエル教会の塔の廃墟が残る、グラストンベリー・トーと呼ばれる丘へ登りました。(「トー」とは「丘」の意味)海抜145mの丘の上へい...

続きを読む

イングランドに来ています

イギリスの田園風景もきれい。アフィントンの白馬の岩絵が見えるスポットにて今日から数日間、イギリスです。ロンドン・ヒースロー空港でグループの皆さまをお迎えし、グランストンベリー近郊の村へ。麦の穂が一面に揺れる光景や、茅葺き屋根の民家のある小さな村々など道中の田園風景がなんとも素敵でした。アイルランドにも、アラン諸島やバレンにさかんに咲くアケボノフウロウ。アイルランドではピンクしか見ませんが、ブルーが...

続きを読む

タラの丘で…ハイ・キングになってツアー終了

本日ダブリン空港でお見送りし、周遊ツアー終了。ご夫婦3組様とベテラン添乗員さんというこじんまりしたグループさんで、和気あいあい、なんとも楽しい数日間のご案内でした。昨日、タラの丘(Hill of Tara, Co. Meath)にて全行程終了。ハイ・キングを定めるのに使用したと言い伝えられる「運命の石」でみんなで王になる!ベテラン添乗員のハマダさんとは月射手座同士(ホロスコープの話です…)。なんだかペースが合うというか、...

続きを読む

6月の軒先の花たち

久しぶりにダブリンの自宅に戻り、何はともあれ、まず軒先の花の手入れ。適度に雨が降ってくれたおかげで、活き活きと咲いていてくれてほっとひと安心。昨年購入したレディ・エマ・ハミルトン(Lady Emma Hamilton)。バラは咲きかけも美しい。すでにこのバラ独特のレモン&ジンジャーの香りがたちこめています挿し木で育てたメアリーローズ(Mary Rose)も元気いっぱいもう何年咲き続けているか覚えてないほど古くからあるピンク...

続きを読む

ホテルで見かけた忠犬トリオ

今朝、ホテル出発時に見かけた忠犬トリオ。人が通っても吠えもせず、ご主人様の出発をおとなしく強く待っている姿がカワイイ。キルケニー(Kilkenney)近郊のホテルにて。待ち疲れてふて寝している子、約1名(笑)早朝からホテルの敷地内を散歩していたようで、窓の外に羊がいる!と思ったら大型犬だった…とお客様談。...

続きを読む

熟成ステーキがおいしい!コーンストア・レストラン(コーク)

アイルランド南部の都コーク・シティ(Cork)はおいしいレストランの多い街のひとつ。今日は周遊ツアーのお客様と、ステーキに定評のあるコーンストア・レストラン(Cornstore Restaurant, Cork City)でランチ。これまでの旅の行程中、もっともおいしいランチ!とお客様から大絶賛でした。かつて穀物取引が行われた古い路地にある、歴史的な建物。紫色のサイネリアの花がきれい日曜日のランチライム、家族連れも多くにぎやかで感...

続きを読む

ベストセラー入り!?

私のアイルランド本「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」が発売されて早2週間、手にしてくださった皆さんより嬉しいフィードバックを次々お寄せいただいき、感謝感激の日々です。イベントにご来場くださった皆さんが購入してくださったおかげで、八重洲ブックセンターの週間ベストセラーにも入りました。ノンフィクション部門でなんと3位!→産経ニュース(6月10日)ありがとうございます!そして、アマゾンでは発売当初から...

続きを読む

ベリーク焼き工房、創業160周年

北アイルランドの国境沿いにあるベリーク陶磁器工房(Belleek Potterty, Co. Fermanagh, Northern Ireland)へ。19世紀半ば、地元のアマチュア鉱物学者ジョン・キャドウェル・ブルームフィールド(John Caldwell Bloomfield)が立ち上げ、ジャガイモ大飢饉後の失業対策にもひと役かったという、歴史ある工房です。職人、事務職員合わせて総勢100名ほどの小規模な工房は今も従業員はほとんど地元出身者工房見学ができ、職人さんが...

続きを読む

FMまつもとにてイベントのトークが放送されます

本日19:30~放送のFMまつもとの番組にて、先日のアイルランド本のイベントの内容が一部放送されます。Hickory Sound Excursion #62 ☆Special Edition ☆ON AIR:6月8日(木)夜7:30〜FMまつもと 79.1Mhzhttp://fmmatsumoto.jp/アイルランドひとり旅もしたことがあるという、旅好き、音楽好きのパーソナリティーの久納さん。私のブログを読んでくださっているというご縁で過去に2度ほど出演させていただきました。先日の都内でのイベ...

続きを読む

「赤毛のアン」の会の皆さんと出版記念!

アイルランドをイメージしてお花を選んでくださったという素敵な花束に感激☘アイルランド本のイベントの翌日には、私が10代の頃からお世話になっている『赤毛のアン』の愛好会「バターカップス」の有志の皆さんが集まってくださり、出版記念のお祝いをしてくださいました。思えば私の海外への憧れは、「アン」をはじめとする英米文学の世界からはじまりました。14歳の誕生日に母が買ってくれたプリンス・エドワード島の写真集に見...

続きを読む

イベント終了、皆さんありがとうございました!

大好きな武部先生のケルト本のおとりなりに並べていただきました!八重洲ブックセンター1Fの旅行書売り場にて本日、アイルランド本のイベント、無事に終了しました!驚くほど多くの方にご来場いただき、私の本もご購入いただき、本当にありがとうございました。家族や学校時代の友人知人、ユーラシア時代の元同僚&添乗員仲間、「赤毛のアン」のお友達、アイルランド関連でいつもお世話になっている皆さん、以前にガイドさせてい...

続きを読む

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

東京での出版イベント、無事に終了!

皆さん、ご来場ありがとうございました!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ