記事一覧

信州上田の英雄伝、『うさぎ追いし 山際勝三郎物語』(里帰り中)

☘いつも読んでくださっているお友達より、写真がもう少し大きい方が見やすいのでは?…との助言をいただきましたので、今日からそうしてみました☘上田の誇り、山際勝三郎博士。上田城址公園内の胸像をあらためて見に行ってきましたアイルランド・ブログのはずが、上田の話がついつい多くなすみません。もう少しお付き合いください!信州上田出身の、幻のノーベル賞受賞者と呼ばれる、山際勝三郎博士(1862-1930)をご存知でしょうか...

続きを読む

C.S.ルイス広場、ベルファーストにオープン

アスランを見上げる女の子。アスラン像は約3メートルという巨大なものだそうです。11月22日付けBelfast Telegraphより→CS Lewis Square Opens in Belfast『ナルニア国物語』の作者C.S.ルイス(Clive Staples Lewis, 1898-1963)がベルファースト出身であり、作家ゆかりの地がベルファースト&周辺に数多くあることははこれまでもご紹介させていただきました。(記事の最後に関連過去ブログをまとめてあります)近年、ルイスゆかり...

続きを読む

アイルランド・セミナーの準備中…

来週、東京都内で開かれる2つのイベント&セミナーで講師をさせていただくことになりました。内容はアイルランドの観光について。昨日はその打ち合わせで、東京のアイルランド大使館へ。アイルランド大使館のある麹町界隈は、社会人になって最初に勤めた場所。もう20年も前のことですが(!)、なんだか懐かしかったです。大使館にうかがうのも久しぶり。というより、ちゃんとお訪ねするのは初めてかも。打ち合わせの席でこれまた...

続きを読む

秋のマジック、上田城址公園にて(里帰り中)

色のマジック。上田城址公園の本丸跡地にて秋も深まってきた信州上田。今回の帰国はいつもより長めの滞在となったため、秋が深まる様子を日々感じています。信州では紅葉もそろそろ終盤。自宅近所の山々を眺めるだけでもきれいですが、今日は上田城址公園の秋の彩りを楽しみました。一面黄色、銀杏のじゅうたん!上田公園は桜の季節もいいですが、この時期もなかなかのものです。今年は「真田丸」フィーバーで県外からの観光客が大...

続きを読む

メイド・イン・アイルランドの乗馬用サドル

日本国内の馬場にてメイド・イン・アイルランドのサドルご愛用中のお客様今年の夏、乗馬をご趣味にされているお客様より、馬の本場アイルランドの馬具屋さんをのぞいてみたい!とのご希望をいただき、旅の途中でお連れしたことがありました。競走馬・種牡馬の産地として世界的に知られるアイルランドは、馬との関わりにおいて長い伝統のある国。小さな工房で情熱を持ってサドル(鞍)作りに取り組む馬具職人さんと良い出会いがあり...

続きを読む

堤真一さんの「ウィスキー紀行 in アイルランド」が放送されます!

2月にアイルランド・ロケを一部ご案内させていただいた、俳優の堤真一さんの「世界ウィスキー紀行」が、今月末にBSジャパンで放送されます!堤真一 世界ウイスキー紀行 アイルランド・カナダ・日本を巡る放送日時: 11月26日(土) 夜9時~BS JAPAN 7ch撮影時のブログはこちら。→仕事始めは撮影クルーのご案内サントリーのウィスキーアンバサダーの堤真一さんが、世界と日本のウィスキー産地を旅するシリーズ。アイルランドでは...

続きを読む

国内最大級、ブラウンズヒル・ドルメン

ドルメンと9月の空!ブラウンズヒル・ドルメン(Brownshill Dolmen, Co. Carlow)にて古代遺跡の密集度がヨーロッパ一と言われるアイルランド。石器~青銅器時代の巨石古墳だけで約900、鉄器時代の砦も含めると、北海道とほぼ同じサイズの島に1000近い数の古代遺跡が点在していることになります。900ある巨石古墳のうち、ドルメン(Dolmen)と呼ばれるポータル・トゥーム(Portal Tomb=支石墓)が約200。紀元前4000年頃に始まる新...

続きを読む

アイルランドにトランプの「壁」が作られる!?

まさかの結果のアメリカ大統領選から一夜明けて、ショック状態から、少しづつ現実を直視できるようになってきました(笑)。アイルランドでも衝撃が走っているようで、私の友人の中にはショックで寝込んでしまったという人も。過去の移民の歴史により、アメリカとは親戚のような間柄にあるアイルランドですから、アメリカの内情によりエモーショナルに反応するのかもしれません。日本ではトランプ氏の今後の政策や、日米関係への影...

続きを読む

実家で咲いたバラ、「ダブリン・ベイ」

母と一緒に実家の庭仕事をしていたところ、思わぬところでアイリッシュ・コネクションに出くわしました。玄関先のバラを移植する作業をしていたところ、樹の根元に「ダブリン・ベイ(Dublin Bay)」と書かれたタグがついているのを発見。母が購入、植えて育てていたバラなのですが、名前は全く見ていなかったようです。知らずして娘の住む街の名のついたバラを選んで育てていたとは、さすが母親!…というか、笑える(笑)。こんな...

続きを読む

ルナサ、ヴェーセン、ナヌーク、夢の共演

拍手鳴りやまず、感激のフィナーレ週末は久しぶりに東京で過ごし、アイルランドの伝統音楽バンド、ルナサ(Lunasa)が出演するミュージックプラントさんの20周年コンサートへ。東京でアイリッシュ・ミュージックを聴くという、私にとっては貴重な体験(!)をさせていただきました。2日間のコンサートの初日にうかがったのですが、会場は開演前から待つ人でいっぱい。以前にアイルランドでお仕事をご一緒させていただいた方にばっ...

続きを読む

ハロウィーンの発祥はアイルランド?

今日から11月。11月1日はケルト暦の新年ですから、Happy Celtic New Year! …ですね!(→過去ブログ:ケルト暦の新年を迎えます)何年かぶりにこの時期に日本にいて、日本のハロウィーンがすごいことになっていて驚きました。(ハロウィーンの仮装…というよりコスプレ?笑)昨日テレビを見ていたら、「ハロウィーンの起源はアイルランド!」と世界地図でアイルランドの位置まで示して解説していたのですが、おそらくそれを見た人は...

続きを読む

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
イベント詳細&お申込みはこちらこちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ