記事一覧

「エンジェル・イン・マイ・ヘア」のローナ・バーンさん

みなさんはエンジェルの存在を信じますか?信じない…と思っている方も、この一冊を読めば信じずにはいられなくなると思います。'Angels in My Hair' by Rona Byrneアイルランド人のローナ・バーン(Lorna Byrne)さんの自叙伝。昨年より世界的なベストセラーになり、日本語にも翻訳されているようです。(→『エンジェル・イン・マイ・ヘア』ローナ・バーン著/ハート出版)幼少期から他の人には見えないものが見えていたローナさん...

続きを読む

6ネイションズ2勝目…トミー・ボウの大活躍!

ラグビーのシックス・ネイションズも3戦目をむかえました。先々週の対フランス選で、33-10という昨年のグランドスラム覇者としては信じられないようなスコアで大敗してしまったアイルランド。今日は絶対に勝ち星をあげて欲しい!…という皆の祈りが通じたのか、はらはらドキドキの大接戦の末、20-16でイングランドを破り、晴れて2勝目を飾りました。手に汗握ってパブでTV画面を見つめる人々…試合開始後、数分でトライを決め、前半...

続きを読む

巻き寿しのシンクロ二ティー

このところ身の回りで、不思議なシンクロにティーがよく起こります。イヌの取材をすることになったら、イヌに関する情報がふと入ってきたり、イヌ好きな人との出会いがあったり。私が行こうとしているアイルランド国外の場所へ、親しい友人も行くプランを立てていたり。そして数日前のこと。日本人の方のお宅へおじゃまし、お土産においしそうな手作りの巻き寿しをいただきました。せっかくなのでハウスメイトと一緒に食べましょう...

続きを読む

フランと4匹のハッピーな暮らし

このところなんだか、いろいろな形でイヌに縁があるようで…(数日前のブログ…『Marley & Me』、見ましたか?)。知り合いのライターさんからのご依頼で、「イヌとのハッピーな暮らし」の取材をしています。先日、4匹の大型犬と暮らしているご近所さん、フラン(Fran)の家へうかがい、イヌの写真を撮ったり、お話をうかがったりしてきました。愛犬たちと裏庭で思い切り遊ぶフランは、まるでイヌの魔術師みたいビスケット(ゴールデ...

続きを読む

「地球リレーブログ」、始まります!

明日、2月25日(水)より約1ヶ月間、別のウェブページでもブログを書かせていただくことになりました。★地球リレーブログ(JuicyStyleオフィシャルブログ)世界各地に住む日本人女性が、リレー形式に情報発信していく…という形式のもので、これまでアラスカ、ドバイ、中国、ロシア、エストニア、ジャマイカ、サイパン、ニュージーランド南島、同北島、米コロラド州、フランス…ときて、明日からいよいよアイルランド。第12走者とし...

続きを読む

『マーリー・アンド・ミー』、見ましたか?

先日友人宅で、昨年公開された映画、『Marley & Me(マーリー・アンド・ミー)』を見ました。ジェニファー・アニストン&オーウェン・ウィルソン演じる新婚夫婦が、子育ての練習として子犬を飼うことにし、マーリーと名付けられた腕白なラブラドール・リトリーバーがやって来る…というお話。マーリーをめぐるドタバタ・エピソードと、それに平行してえがかれる夫婦&家族の成長物語…とでも言ったらいいでしょうか。Marley & Me最初...

続きを読む

雪が舞う日

今日はアイルランド各地で、雪が舞いました。田舎の友人のコテージでは、周囲の木々がみな樹氷となって、とてもきれいでした。午後になってフィールドの霜は解けても、植木は樹氷のまま夕方遅く、雪が舞う中をダブリンに戻ってきました。ヘッドライトをつけると、車のフロントガラスに向かって降ってくる雪がとてもきれい。まるで小さな天使が踊っているよう。雪の天使に守られながらダブリンに到着しました。このところ再び寒めの...

続きを読む

ケルティック・ウォリアーとブルーモーメント

日が沈んだ直後の、夜の青空。今日はお天気が良く、きれいなブルーモーメントが見られました。ケルトの戦士像。ボイル(Boyle, Co. Roscommon)を過ぎて、スライゴ(Sligo)方面に向かう国道4号線沿いの高台にて)昇ったばかりの月も、夜の青空にきれいに輝いていました。...

続きを読む

2日間遅れのパンケーキ

昨日のブログで触れたパンケーキ・チューズデー(パンケーキの火曜日)。田舎の友人宅を訪ねたところ、2日間遅れですが…と、おいしいパンケーキを作ってご馳走してくれました。レモン&シュガーのシンプルなパンケーキ♪フライパンで出きるだけ薄~く、周りがクリスピーになるように焼くのがコツだそうです軽いランチにいただいたのですが、じゃんじゃん焼いてくれる友人につられて、あっという間に5枚もいただいてしまいました(笑...

続きを読む

本格的フレンチのクレープ屋さん

シンプルなレモンとハニーのクレープ。あまりにおいしそうで、写真を撮るのを忘れて食べ初めてしまいました…!先日、お友達とあるカフェを目指して歩いていたところ、途中にとっても可愛らしい別のカフェを発見したので、そちらへ入ってみました。本格的フランス風のクレープ屋さんです♪Fafie's2 Lwr Kevin Street, Dublin8.Tel: 01-4763888(月曜日・休)トラディッショナル・フレンチのクレープのお店…とうたっている通り、甘い...

続きを読む

信濃毎日新聞の掲載記事です

先日の信濃毎日新聞の記事ですが、多くの地元の方から「見ましたよ~!」とご連絡をいただきとても嬉しかったです。ありがとうございました!「アイルランド」の文字が、故郷の新聞を大きく飾っているのを見て、自分の記事ながらじ~んとしてしまいました(笑)。家族や親戚、地元の皆さんが喜んでくれたのが、何よりも嬉しかったです。掲載記事をこちらから見られるようにしてもらいました。私事で恐縮ですが、よろしかったらご覧...

続きを読む

聖バレンタインのご加護を求めて…

バレンタインズ・デーの今日。今年も聖人バレンタイン詣でに、ダブリンのホワイトフライア・ストリート教会(Whitefriar Street Church, Aungier Street, Dublin2)へ出かけてきました。教会入り口の門の細工もきれいですこのブログではすでに何度もご紹介していますが、聖バレンタインの聖遺物が祀られている教会です。バレンタインズ・デーの今日は、普段はガラスケースに入っている聖バレンタインの聖血入りの箱が表に出され、...

続きを読む

アイルランドのバレンタインズ・デーとチョコレート事情

明日はバレンタインズ・デーですね。アイルランドでは日本とは逆で、バレンタインズ・デーは男性から女性に愛情表現をする日。恋する男性たちが、ガールフレンドや奥さんに花束を贈ったりします。(…とは言っても気にしているのはやはり女の子の方で、男性は無頓着な人が多いようですけれどもね…)そして、今どきはこんなロマンチックなことはしないのかもしれませんが…。好きな女の子に、自分の名前を書かずにカードを送る…なんて...

続きを読む

住宅街にドルメン発見!

先輩ガイドのSさんのご自宅のそばに、ドルメン(Dolmen)があるというので見にうかがいました。ドルメンとは新石器時代の巨石を使った墳墓のこと。世界各地に見られるものですが、アイルランドには特に多く残されており、その数、島内に約200。正式にはPortal Tombと言いますが、その形がまるでテーブルのようであるため、フランス・ブルターニュ地方の言葉で「石のテーブル」を意味する「ドルメン」という呼び名が知られています...

続きを読む

工事中のコンベンション・センターを見学

ダブリン・ドックランドに建設中のナショナル・コンベンション・センター(The Convention Centre Dublin=国際会議センター)。昨日ツアーガイド向けの見学会があり、参加してきました。2010年9月オープン予定(ドックランド北岸のスペンサー・ドック)。最大収容人員8000人のモダンな会議ホールです内部はまだ建築現場さながらのため、ヘルメットと安全ブーツをつけて建物の中へ。こんな格好をすることもめったにないので…みなで...

続きを読む

ギネスを飲みにダブリンへ!

今日ご案内したお客様は、パリから日帰りでダブリンにいらっしゃったお2人様。本場のギネス・ビールを飲みたい!とそれだけを目的に、パリ滞在中にわざわざダブリンへ足をのばして下さったのでした。早速ギネス・ストアハウスへお連れし、スタッフに「ギネスのためだけにわざわざパリからいらしたのよ~!」とご紹介すると、特別にギネス・ビールの「おかわり」をサービスしてくれました!(通常は1パイントのみのサービスなのです...

続きを読む

ラグビーのアンセム「アイルランズ・コール」♪

今年もシックス・ネイションズ・ラグビーが始まりました!あのグランド・スラムから早一年。今日の初戦でアイルランドは29対11でイタリアに快勝、まずは一勝をあげてほっとひと息です♪今日は友人と自宅でTV観戦。 O'Learyのトライの瞬間をパチリ!アイルランドがもっとスコア出来るかと思ったのですが…。イタリアも頑張りましたねところで…。ラグビーやサッカーなどの国際試合の前には、互いの国の国歌を斉唱し合いますよね。アイ...

続きを読む

信濃毎日新聞・夕刊に出ます

先月日本に一時帰国した際に、私の地元・長野県の信濃毎日新聞の取材を受けました。県外で活躍する信州人を紹介するコーナーというのがあって、長野県出身のアイルランド観光ガイド…として、紹介してくださるそうです。取材はとても楽しくて、記者の方が「前からアイルランドに行きたいと思っていて、ガイドブックも買っていたんですよ~」とおっしゃってくださったのにすっかり嬉しくなり、まるで弾丸のようにお話ししてしまいま...

続きを読む

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売
アマゾン
イカロス出版サイト

東京での出版イベント、無事に終了!

皆さん、ご来場ありがとうございました!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

月別アーカイブ