記事一覧

カヌーポロ

今朝、出がけに家の近くで遭遇した、カヌーポロ大会。こういうスポーツがあるとは聞いていたものの、目にするのは初めて。出かける途中だったので10分ほどしか観戦出来ませんでしたが、とても面白いスポーツのようです。時間があれば、もっと見ていたかった~。女子の試合だったようですが、それにしても、腕の筋肉が恐ろしく発達しそうなスポーツですね~。日本国内でもさかんなようで、国際試合なども行われているようです。家に...

続きを読む

「愛国心」について考える

昨日4月29日(土)付けのIrish Timesに、‘Japan moves to enact call for patriotism’(=愛国心を呼び覚ますことを法案化しようとする日本)という見出しで、日本の教育基本法の改正についての記事が掲載されました。内容は、・「愛国心法案(patriotism bill)」が戦前のナショナリズムへの逆戻りとして批判の的になっていること・法案の通過は小泉政権の勝利を意味すると共に、日の丸と国歌斉唱を暗に認めることになること・各...

続きを読む

ホウスの魚屋さん(ホウス2)

昨日Aちゃんと行った港町ホウスには、活きのいい魚介類で評判の魚屋さんが2件、ほぼ隣り同士に軒をつらねています。おいしいフィッシュ&チップスのチェーン・レストランを持つBeshoffsと、ダブリン空港内にも支点を出しているWrigths。海に囲まれた島国とは言え、家庭ではほとんど魚料理をしないアイルランド人。肉屋さんはどこにでもあるけれど、魚屋さんはほとんど見かけません。こんな風に2件の魚屋が並んでいるところは、私...

続きを読む

ソフトクリームがおいしい!

乳製品には定評のあるアイルランド、やはりソフトクリームも絶品です!アイルランドのソフトクリームは、とってもミルキーで濃厚。いかにもミルクを練って作りました!って感じの、手作り感のあるお味です。今日Aちゃんと行ったホウスのおいしいソフトクリーム屋さんは、港沿いにあるCaffe Caira。このお店、実はフィッシュ&チップス屋さん。ソフトクリームのみならず、フィッシュもチップスもバーガーもおいしい地元で人気のお店...

続きを読む

ダブリン郊外の港町ホウス(ホウス1)

真夏のような青空の広がる今日のダブリン!お友達のAちゃんと、ダブリン郊外のホウス(Howth)半島へドライブ、海沿いを散歩してきました。ダブリン市街地より約15キロ北に位置するホウス半島は、高台の高級住宅地と、港町に分かれています。私たちは、高台をまわって港へ下りるルートをとったのですが、真っ青な空と海のパノラマに加えて、家々の庭に咲くこぼれんばかりの八重桜や、斜面に広がる黄色いハリエニシダの美しかったこ...

続きを読む

小泉八雲とダブリン

ダブリン市街地のガーディナー通り(Gardiner Street)は、17~18世紀のジョージアン・ハウス(貴族の街屋敷)を利用した、リーゾナブルなB&Bやゲストハウスが多く集まる場所。長距離バスの発着所Busaras(中央バスステーション)や、コノリー駅に近く、スーツケースをゴロゴロ引きずった旅行客やバックパッカーでいつもにぎわっています。このガーディナー通りのゲストハウス、The Townhouseは、19世紀終わりに日本に帰化した小泉...

続きを読む

スイセンに夢中!

春になるといつも、家の中をお花でいっぱいにしたくなります。ダブリンでフレッシュでリーズナブルな切花を買うには、マークス&スペンサーがいちばん。可愛らしくラッピングしたプレゼント用花束も手ごろな値段で、中には花びんに入って売っているものもあってとっても便利。昨年までは「オリエンタル・リリー」というイチゴミルクみたいなピンク色で、素晴らしい香りのする百合の花束が10ユーロ弱で出回っていたので、春になると...

続きを読む

ハリエニシダと歴史のひと枝

アイルランドの野山を彩るハリエニシダの黄色い花。ダブリン市街地から車で一時間ほど南にあるウィックロウの野山は、これから5月にかけて、黄色のじゅうたんに一面覆われていきます。グレンダーロック付近円錐形のシュガーローフ山花とたわむれるお客様今日はまだまだ7分咲きでしたが、新緑とのコントラスを楽しみながら、ウィックロウの景色と新鮮な空気をお客様と一緒に楽しんできました~!ハリエニシダの英語名はゴース(gors...

続きを読む

国勢調査の日!

アイルランドでは今、5年に一度の国勢調査が行われています。調査の対象は、本日4月23日夜にアイルランド共和国内にいる人全員。従って、ホテルなどに一時的に滞在している観光客も、調査フォームを記入することになります!今日の午後、市内観光にご案内した33名のグループさんは、ホテルへのチェックイン時にそれを知らされて、「え~っ!」と悲鳴を上げていました。この日にここに居合わせたのも何かの縁、前向きにご協力いただ...

続きを読む

名前の問題

ガイド仲間のマーガレットと先日、おしゃべりしていた時のこと。マーガレットの小学校1年生になる姪御さんのこんな話に爆笑。学校に、若くてきれいな先生がいます。名前は「ミス・グリーン」。あるとき、ミス・グリーンが婚約したとのニュースが流れました。婚約者の名前は、「ミスター・ホワイト」!それを知った子供たち、結婚したら先生の名前は一体どうなってしまうの~と大混乱。考え抜いた小学1年生の彼女の結論は…グリーン...

続きを読む

ジョン・オコーナーのピアノ

国際的なアイルランド人ピアニスト、ジョン・オコーナー(John O'Connor)を聴きに、ナショナル・コンサート・ホールへ。今日は、RTE国立交響楽団が5回にわたってブラームスを演奏する「ブラームス・フェスト」の初日。ジョン・オコーナーは前半のピアノ・コンチェルト1番に登場しました。ずっしりとしているのに切れが良く、思わず「うまい!」とうなりたくなるようなオコーナーのピアノ。聴いていて、とっても安心~。彼の演奏を...

続きを読む

留学ジャーナル5月号

数ヶ月前にコーディネートのお仕事をさせていただいた雑誌・留学ジャーナル5月号(2006年3月発売)が発売され、本日、私の手元に届きました。(発売されてすぐにお送りくださったのですが、アイルランド側の宅配会社のミスで遅れに遅れてやっと到着。)親友ナオコ(これは私のことかしら~?!)のしているクラダ・リングを見て、アイルランド留学を思い立ったヤスコさんの、プチ留学体験記。8ページの特集記事の中に、アイルラン...

続きを読む

『月の出の脱出』

昨日アイルランドのTV局TG4にて『The Rising of the Moon(邦題:月の出の脱出)』という古い映画を放映していました。1957年、ジョン・フォード監督の白黒映画。解説役として、タイロン・パワーが登場(ジョージアン・ドアを開けて出てきます~)。この2人、どちらもハリウッドで活躍した代表的なアイリッシュ・アメリカン。ジョン・フォード監督のお父さんは、ゴールウェイ近くのスピッダル(Spiddal)村出身。タイロン・パワ...

続きを読む

1916イースター蜂起90周年記念パレード

イースター・サンデーの今日、1916年イースター蜂起90周年記念式典&アイルランド国防軍によるパレードが行われ、12万人の見学者でダブリンのシティーセンターが熱狂しました。このような国を挙げてのパレードは、実に35年ぶり。70年代の北アイルランド問題勃発により、長い間中止されていたからです。記念式典は、1916年に義勇兵たちが「共和国宣言書」を読み上げたオコンネル通りのGPO(中央郵便局)前にて、正午きっかりに始ま...

続きを読む

明日はイースター

この週末は、イースター(復活祭)のウィークエンド。「パンケーキの火曜日」の翌日より始まった四旬節(レント)が、明日のイースター・サンデーをもっていよいよ明けることになります。イースターとは、イエス・キリストの復活を祝うキリスト教の祝日。異教徒の春祭りの伝統も混ざり合って、春→新しい命→復活→豊穣などなどが、卵(殻から復活~)やウサギちゃん(子だくさんだから)で象徴されます。アイルランドではイースター...

続きを読む

AVOCAの新作・かごバッグ

お友達Mさんが、私の誕生日のプレゼントに下さったAVOCAの新作・かごバッグ!かわいい~。これからのシーズンにぴったり。これを持ってお出かけするのが待ちきれません~。アイルランドを代表するブランドAVOCAは、女の子が好きなかわいいものがいっぱいのショップです。ウィックロウのアヴォカ村発祥、モヘアのような風合いのカラフルな手織りウール製品から始まり、今では小物からアクセサリー、洋服、キッチン用品、インテリア...

続きを読む

1916イースター蜂起ウォーキング・ツアー

シュネードと一緒に「1916年(イースター)蜂起ウォーキング・ツアー」に参加。集合場所は、ウィックロウ通り(Wicklow St.)のパブ、The International。(3~10月月-金11:30・日13:00~、所要2時間、参加費12ユーロ)まずはパブの薄暗い地下に参加者全員が集合、名物ガイドのローカン(Lorcan)が、蜂起の概略を熱弁。この雰囲気、いかにも自分が反乱を企てるリーダーになったかのようで、わくわくしてしまいました~。この日...

続きを読む

スウィフトと『ガリバー旅行記』

『ガリヴァー旅行記』の作者ジョナサン・スウィフト(Janathan Swift, 1667-1745)は、ダブリン出身のイギリス系アイルランド人。晩年の32年間、ダブリンのセント・パトリック大聖堂の司祭長を務めていたことで知られています。(セント・パトリック大聖堂内のスウィフトの墓所)トリニティー・カレッジを卒業し、ロンドンのテンプル卿(テンプル・バーの名の由来となった人物)の秘書をしていたスウィフト。政治界進出への有力な...

続きを読む

新しいフラットメイト

2ヶ月間一緒に暮らしたスペイン人のフラットメイトのマリアちゃんが、昨日引っ越していきました。英語ゼロでダブリンにやって来たマリアちゃんですが、あっという間に上達し、今や簡単な日常会話はほとんど問題なし。語学学校を終了し、今後は住み込みベビーシッターをしながらダブリンで職探しをするそうです。たくましい~。3月の下旬、マリアのあとの入居者を募集するため、Daftという家探しサイトに広告を出しました。ロケーシ...

続きを読む

コリアン・レストランのおすすめ

中国人のみならず、韓国人人口も増えてきた近頃のダブリン。ここ1~2年の間に、コリアン・レストランが続々とオープンしています。シティセンター北側のパーネル通り(Parnel St.)は、コリアン・レストランの激戦区!何件か軒を連ねる中でも、近ごろとっても評判がいいのは、ハンヤン(Hanyang)でしょうか。ビビンバ(6.90ユーロ、夜は2ユーロアップ)冷麺(6.90ユーロ)とってもリーズナブルでメニューも豊富。ここのメニュー...

続きを読む

ダブリン・ドックランドの未来予想図

青空に向かってクレーンが突き出すこの光景は、ダブリン・ドックランドの南岸、グランドカナールドック(Grand Canal Docks)。80年代終わりから大々的に行われているドックランド開発計画の、いよいよ大詰めがこちらです。写真の地域を含むリフィー河口の約520ヘクタールは、ダブリン・ドックランド開発局(Dublin Docklands Authority)により、1987年より開発が行われてきました。先日、当局が主催するツアーガイド向けレクチャ...

続きを読む

ベケット生誕100年祭+ヘンデル&イースター蜂起

このところ、ダブリンのあちらこちらで見かけるちょっと怖いこの顔は…ダブリン出身のノーベル文学賞受賞作家サミュエル・ベケット(Samuel Beckett, 1906-1989)です!今年2006年は、ベケット生誕100周年。誕生月である今月は、ベケット関連のさまざまな催しが予定されています。出身大学であるトリニティー・カレッジでは、オールド・ライブラリーにてベケットの自筆原稿や写真などの展示が行われており、ゲイト・シアターではベ...

続きを読む

雨の日が恋しくなるほどの青空!

(トリニティーカレッジの鐘楼)雲ひとつない抜けるような青空の本日のダブリン!5名様だけのこじんまりしたグループさんと、楽しくダブリン観光をさせていただきました。あまりの晴天ぶりに感激&拍子抜けしたお客様の本日の名言。「雨の日のアイルランドも見てみたいわね~」(セント・スティーブンス・グリーンにて)...

続きを読む

竜巻の真偽・・・

エイプリル・フールズ・デーの竜巻について、ここ数日、友人たちと論議を交わしております。というも、どうやらあの竜巻、真実だったらしいのです…!「だって、屋根瓦が飛び散っているのがTVに映ってたじゃないの!(←その画像がウソっぽかったのに~)」(by シュネード)「うちのお母さんは子供の時に、小さい竜巻を2度ほど目撃したって言ってるよ。アイルランドにも竜巻があるんだよ!」(by ジェリー)「その日はお隣りのモ...

続きを読む

アイルランドよりサクラの便り~

春らしい、ぽかぽか陽気の今日のダブリン。街へ用事に出たついでに、サクラ探検してきました~。トリニティー・カレッジのラグビー場にて。セント・スティーブンス・グリーン南サイドに一本だけあるサクラの木。まだ6分咲き。アイルランド国旗をバックに(外務省があります)日愛友好?!パーネル・スクエア東サイドに、これも一本だけ。教会の尖塔とサクラの取り合わせももなかなかいい感じです。(長老派アビー・チャーチ)アイ...

続きを読む

ファーマナのマーブル・アーチ洞窟

先日のバレンのエルウィー洞窟に続いて、先日のファーマナ研修旅行ではマーブルアーチ洞窟(Marble Arch Caves)を見学。18世紀よりすでに存在が知られていたこの鍾乳洞ですが、洞窟学者による調査が行われたのは1895年。フローレンス・コートのエニスキレン伯爵がスポンサーとなり、「洞窟学の父」フランス人のマーテル(Eduoard Martel)により調査・探検が行われました。洞窟内の川をボートで下りながら見学するのがここの売り...

続きを読む

アイルランドで竜巻発生!?

アイルランド気象庁の報告によると、カウンティー・キャヴン(Co. Cavan)で竜巻が発生、家屋の屋根が吹き飛ぶなどの被害がありました。幸い、死傷者はなし。今後も同地域では竜巻が予想されるので、突風が吹いてきたら、速やかにその場を立ち去って下さい。…以上、本日6時&9時のRTE(アイルランド国営放送局)ニュースより。ビニールシートで屋根が覆われた3軒続きの小さな家屋、屋根瓦がバラバラになって地面に落ちている様...

続きを読む

心はやっぱり日本人

姉が送ってきてくれた東京・六義園のしだれ桜の見事なこと!まるで空に打ちあがった花火が、はじけて落ちてくるみたい…。写真を見て日本のお花見を懐かしく想っていると、日本人のお友達Eさんが、手作りのお寿司を持って遊びに来てくれました~。花見客でにぎわう日本の春の夜をダブリンの窓の外に想像しながら、Eさんの心のこもったお寿司をいただいていると、いくら海外に住もうともやっぱり私たち日本人なのね~としみじみ。ア...

続きを読む

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
満員御礼にて無事終了、ありがとうございました!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ