FC2ブログ

記事一覧

映画『イン・アメリカ』に見る「青い人」と80年代のアイルランド移民

かれこれ20年前アイルランドに来たばかりの頃、アイルランド語のネイティブスピーカーである友人に、アイルランド語では黒人のことを「青い人」と言うんだよ、と教えてもらったことがあります。なんて素敵な表現。日本だったらブルーはさしづめ空とか海ですが、肌の色にもブルーがあるんだ!と目の前に新しい世界が開けたような気がしたものです。次の土曜日のオンライン講座でお話しする「移民」について考えていて、ジム・シェリ...

続きを読む

耳で楽しむジョイスの『ユリシーズ』

本日6月16日はブルームスデー(Bloomsday)。ダブリン出身の作家ジェイムズ・ジョイス(James Joyce、1882–1941)にちなむ記念日です。ジョイスの代表作『ユリシーズ(Ulysses)』はダブリンの「ある一日」に起こったことを書いた長編小説ですが、その「ある一日」というのが1904年6月16日。ジョイスの実生活では、未来の妻ノラ・バーナクルと初デートをした日です。小説の主人公レオポルト・ブルームにちなみブルームスデーと呼ば...

続きを読む

「ブラックバード」はいまだ闇夜で歌っている

昨日のFMまつもとのラジオ放送で、私が近所の公園で録ったブラックバード(クロウタドリ)のさえずりを流していただきました。新型コロナ禍で過ごしてきたこの春から初夏、ジョギングに出かけてこの声を聞くのが毎日楽しみでした。市中から騒音が消えよく聞こえるようになったのか、それとも、私自身に耳を澄ますゆとりが出来たのか。こんなに日々鳥の声を暮らしの中で聞いて、心洗われるような気持ちで過ごしたことはなかったよう...

続きを読む

トリム・キャッスルと映画『ブレイブハート』

昨年9月にトリム城(Trim Castle, Co. Meath)へ行ったときのことが下書きフォルダーに入ったままになっていたので、加筆してご紹介します。ダブリンから北西40キロ程のところにあるトリム城は、13世紀築城のアイルランド最大規模のアングロノルマン(イギリス)の城。普段は全景を外観から見るのみのことが多いのですが、この時はガイド付きツアーでグループの皆さんをご案内し、城内をくまなく見学して、とても楽しかったのです...

続きを読む

『ノーマル・ピープル(Normal People)』のマリアンとコネルのその後…!

昨日ご紹介したアイルランド、イギリス、アメリカで人気放送中のTVドラマ『ノーマル・ピープル(Normal People)』ですが、世界20か国以上へ放送権が拡大したと報じられました。日本も含まれているので、近いうちに日本上陸が期待できそうです。ちょうど昨日、日本でヒットする日が来るかも…と書いたばかりでしたので、タイムリーなニュースに嬉しくなりました。マリアンとコネルが日本のお茶の間へ!(今どきTVはお茶の間で見ない...

続きを読む

スライゴ&ダブリンが舞台のTVドラマ『ノーマル・ピープル(Normal People)』

今、アイルランドで話題の連続TVドラマ『ノーマル・ピープル(Normal People)』にはまっています。2018年ブッカー賞候補に選ばれた、アイルランド人の若手作家サリー・ルーニー(Sally Rooney)の同名のベストセラー小説のドラマ化。脚本も原作者が手がけています。マリアンとコネルという高校のクラスメートが魅かれ合い、地元スライゴからダブリンのトリニティー・カレッジに進み、すれ違って別れたり、よりを戻したりしながら...

続きを読む

マイケル・フェスベンダーの映画『ジェーン・エア』と、シャーロット・ブロンテ

アイルランド人俳優マイケル・フェスベンダー(Michael Fassbender)がミスター・ロチェスター役を演じた、2011年公開の映画『ジェーン・エア』を観ました。フェスベンダーはお父さんがドイツ人、お母さんがアイルランド人で、生まれはドイツですが、アイルランド南西部の町キラーニー(Killarney, Co. Kerry)育ち。国籍はドイツ/アイルランド両方所有しているようです。※フェスベンダーに関する過去ブログ→ボビー・サンズの映画...

続きを読む

シング・ストリートは実在します!…ロケ地いろいろ

写真をアップして書く準備をしたものの、その時は時間がなくて、続きは後日…としたまま「下書き」フォルダーに埋もれている記事が山とあります…。時遅し…になってしまったものもありますが、今からでも書いて情報として出しておこうかな、というものは少しずつ拾い出してアップしていこうと思います。まず、2016年12月9日記「ジョン・カーニーの新作映画『シング・ストリート』、日本で上映中」の続き。ずい分時間が経ってしまいま...

続きを読む

『パフィン・ロック』(ウーナとババの島)で癒される💛

新型コロナ関連のニュースにちょっと疲れたとき、最近よく見て癒されているのがこちら、『パフィン・ロック(Puffin Rock)』。アイルランドのスタジオジブリとも言うべき、カトゥーンサルーン(Cartoon Saloon)制作の子ども向けTVアニメです。Puffin Rock Trailer私の大好きな(そして顔が似ている!としばしばお客様に言われる・笑)、アイルランドの大西洋岸に生息する海鳥パフィン。日本語名はニシツノメドリですが日本には生...

続きを読む

シィーシャ・ローナン主演『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』

映画『Little Women(リトル・ウィミン)』(邦題:ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語)を観て来ました。タイトルのとおり、19世紀アメリカの名作小説『Little Women(若草物語)』が原作。アイルランド人女優シィーシャ・ローナン(Saoirse Ronan)が主人公ジョーを演じるとあって、楽しみにしていた一作です。アイルランドでは年末に公開されましたが、日本滞在中で観に行くタイミングを逃し、せっかくなので久し...

続きを読む

モックンも出てる!話題のBBCドラマ『Giri/Haji』

北アイルランド在住の日本人の友人に教えてもらった、BBCとNetflix共同制作のドラマ・シリーズ『Giri/Haji』。「モックンがヤクザの親分役で出てるんだよ!」と興奮気味に話す友達に、「うわっ、絶対見る!」とより興奮して即答。(←はい、「シブガキ隊」世代です…笑)モックン目当てに見始めたはずが、テンポのいいストーリー展開にハラハラドキドキ、すっかりはまってしまいました!「Giri/Haji」とは日本語そのまま、「義理/恥...

続きを読む

サンザシの花と…映画『フラワーショウ!』

昨日タラの丘でサンザシの老木がいっぱいに花をつけているのを見て、この映画を思い出しました。2016年に日本公開された『フラワーショウ!』(原題『Dear to Be Wild』(2015))→Amazonプライムで観られます景観/庭園デザイナー(Landscape / Garden designer)のアイルランド人女性、メアリー・レイノルズ(Mary Reynolds)さんの実話をもとにした映画。⇒メアリー・レイノルズさんHP(英語)2002年、無名のデザイナーだったレ...

続きを読む

西城秀樹さんと「アンジェラの灰」

日本を代表するスーパースター、西城秀樹さんが先月お亡くなりになりました。昭和の歌番組全盛期に子供時代、青春時代を送った世代にはあまりに悲しく、寂しいニュース。心にぽっかり穴があいたような喪失感を感じた人も多いのではないでしょうか。その功績や偉大さを称えるネット上の記事や過去の映像を見ていたら、私も海を越えて「秀樹ロス」になってしまいました。私は、「ヒデキ~」と熱狂したちびまる子ちゃんのお姉ちゃん世...

続きを読む

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でアイルランドを楽しむ!

皆さん、アイルランドで撮影が行われた公開中の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』、もう観ましたか?前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ではクライマックスのみでしたが、本作は全編を通してアイルランドでのシーンが満載。私は昨夜観に行き、あまりの素晴らしさに大感激でした!アイルランドでは12月14日より公開中。クリスマス休暇になり観に行く人が増え、ますます話題になっています!アイルランドのシーンが多かった...

続きを読む

ジム・シェリダン監督の新作映画「ローズの秘密の頁」、新年に日本公開

今年観たアイルランド映画の中でもっと印象的だった作品です。日本での上映が決まるや否や、お客様やアイルランド好きの皆さんに「ぜひ見てください~!」とお勧めし続けている一作。来年2月3日より全国ロードショーが始まるとのこと、とても嬉しいです!「ローズの秘密の頁(ページ)」(原題:The Secret Scripture)「マイ・レフト・フット」や「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」などで知られるダブリン出身の名監督、ジ...

続きを読む

パフィンの新キャラも登場!公開迫る『スター・ウォーズ』最新作

2年前に公開された前作に続き、新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のロケが再びアイルランドで行われたことは以前にもご紹介させていただきました。(過去ブログ:「スターウォーズ」次回作はマリンヘッドがロケ地に…/マリン・ヘッドで「スター・ウォーズ」のロケ始まる)/スケリッグ・マイケル、「スターウォーズ」最新作のロケ地に)公開まであと3週間、いよいよです。12月15日、世界同時公開。ダブリンの一部映画館で...

続きを読む

「ブレンダンとケルズの秘密」この夏、日本で上映

この夏、「ケルズの書」をめぐるアニメーション『ブレンダンとケルズの秘密』(原題:The Secret of Kells)が日本で公開されることになりました。アイルランドでは2009年公開。8年越しでついに日本上映!トム・ムーア(Tomm Moore)というダブリン出身の若手アニメーション映画監督のデビュー作で、アカデミー賞にもノミネートされ話題になった作品。各シーンが絵のように美しく、幻想的な古代アイルランドの世界で楽しみながら「...

続きを読む

C.S.ルイスゆかりの地紹介の新刊・『英国ファンタジーの世界』

今年の夏、ベルファースト周辺のC.S.ルイスゆかりの地めぐりをご案内させていただいたライターの奥田実紀さんの新刊が発売されました。「不思議の国のアリス」やピーターラビットからハリー・ポッターまで、11人(コラムに書かれた作家も含めるともっと!)の英国児童文学作家&作品のゆかり地を紹介した素敵な一冊。図説 英国ファンタジーの世界(ふくろうの本)奥田実紀・著/河出書房新社早速お送りいただきました。表紙はピー...

続きを読む

ジョン・カーニーの新作映画『シング・ストリート』、日本で上映中

『Once ダブリンの街角で』のジョン・カーニー監督の新作映画『シング・ストリート(Sing Street)』が、近ごろまた日本で上映されているようですね。邦題は『シング・ストリート 未来へのうた』、公式HPはこちら日本では7月に公開されましたが、いくつかの劇場で再び上映しているようです。➡上映劇場情報➡目黒シネマでは、12月3~16日がジョン・カーニー監督特集。『シング・ストリート』の他に、カーニー作品を2本立てで上映中ア...

続きを読む

『ブリジット・ジョーンズ』にアイリッシュ・コネクション!?

待ちに待った『ブリジット・ジョーンズの日記』第3弾が数週間前より公開され、一緒に行こう!と待っていてくれた友人エリザベスと昨晩見に行ってきました。今までの3作の中でいちばん良かった!というのが、エリザベスと私の共通の感想。平日夜の映画館がほぼ全員、20~40代の女性連れ。劇場全体が最初から最後まで笑いっぱなしで、ハートウォーミングなシーンになるとこれまた劇場全体が「Ahhhhhhhh」と嬉しい吐息。みな完全にブ...

続きを読む

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
6月20日(土)~無料お試し回+全6回
毎週土曜20:00~(各45分)
→詳細&お申込みはこちら

★岡山市にて講演
2020年10月
→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月
→詳細は追ってお知らせします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ