FC2ブログ

記事一覧

キルデア、リーシュ、オファリーの3県に行動制限

昨日の新規感染者が98人(死亡者4人)と急増、なんだか数か月前に逆戻りしたかのような数字です。ここしばらく40人、50人…という日が続き、45歳以下への感染拡大、食肉工場でのクラスター発生など心配なニュースが報じられていたので、なんらかの制限が再導入される気がしていたところ、昨日夕方、ミホール・マーティン首相の緊急演説がありました。本日(8月8日)より2週間、キルデア(Co. Kildare)、リーシュ(Co. Laois)、オ...

続きを読む

パブの再開さらに3週間延期、渡航緩和国の減少…

本日政府の記者会見があり、8月10日から予定していたパブ、ホテル内バー、ナイトクラブ、カジノなどの再開がさらに3週間延期されると発表されました。アイルランドは欧州のほかの国々に比べれば感染拡大が比較的抑えられているとはいえ、一時期低くなった実行再生産数は1を超えたまま。新規感染者は45歳以下中心となり、日に40人、50人の増加が報じられています。諸外国でバーを再開したとたんに感染件数が増加した実例もあり、月...

続きを読む

人出は平常時の3割くらい?ダブリン街歩き

昨日、移民管理局へダブリン市街地を歩き抜けて行きました。自宅から片道3.5キロほど。3月以来、車では数回通り抜けたものの、仕事で行く機会もないし、買い物も人に会うのもすべて近所またはフリンジ(市街地周辺)で済ませていたので、4カ月半ぶりの「街」歩き。道すがら、街の様子を写真に撮ってみました。近所のギネスストアハウス(Guinness Storehouse, Dublin 8)。通常この時期は入場口には長い列ができ、観光バスがずらり...

続きを読む

学校再開のガイドライン、海外渡航して失業給付金が止めらた人たち…など

アイルランドは8月31日(月)から小学校・中学高等学校を再開させることが決まり、今日はそれに向けての政府予算の内訳とガイドラインなどが発表されました。消毒液や清掃にかかる費用の補助、教職員やカウンセラーの増員に加え、学校によってはソーシャルディスタンスを確保するための仮設校舎としてプレハブを建てているところもあるよう。興味深いのは、小学3年生未満は身体的距離をとる必要がないとされていること。3年生以上...

続きを読む

パンデミック失業給付金、来年4月まで延長

今日は出かけていて、夜遅く帰宅してニュースを見て嬉しいびっくり。3月から支給が始まったパンデミック失業給付金(PUP=Pandemic Unemployment Payment)は、当初6月までの予定が8月までに延長されましたが、さらに来年4月まで延長支給されるそう!当初一律週350ユーロの支給でしたが、6月以降はパンデミック以前の収入に応じて2段階となり、最高額が週350ユーロ。9月以降は3段階となり、段階的に削減されていくそうです。(9月...

続きを読む

渡航緩和15か国の「グリーンリスト」発表、でもグリーンライト(青信号)ではない?

発表が遅れていた渡航緩和国のリスト、通称「グリーンリスト」が、昨晩遅くに発表されました。以下の15か国からの入国者は、アイルランド入国後2週間の自主隔離が免除となります。※参照記事→Green list published but advice is to 'holiday at home'(RTE News)マルタ、フィンランド、ノルウェイ、イタリア、ハンガリー、エストニア、ラトヴィア、リトアニア、キプロス、スロベニア、ギリシャ、グリーンランド、ジブラルタル、モ...

続きを読む

渡航緩和先のリスト発表、遅れる

今日から制限解除の最終フェーズに入る予定でしたが、先週の政府の発表により8月10日からに延期となったため、再開する気満々だった全国のパブも、もう3週間開けることが出来なくなりました。(食事を出しているパブはレストラン扱いとなり、すでに再開を許可されています)リマリック県(Co. Limerick)のとあるパブは、消毒、検温、屋外スペースの拡張…など1万ユーロ(約120万円)かけて新型コロナ対策を講じ、この日のために準...

続きを読む

解除フェーズ停滞、パブの再開8月10日まで延期に

3歩進んで2歩下がる…。そんな歌がありましたが、アイルランドはまさにその状態になりました。来週からいよいよ制限解除の最終フェーズに進む予定でしたが、もう3週間現フェーズにとどまると本日政府より発表が。再開予定だったパブ、ナイトクラブも、8月10日まで開店延期となります。日々の新規感染者数が急増しているというほどでもなく、新規死亡者はゼロまたはゼロに近い日が続いていますが、問題は数でなく感染経路。初期の頃...

続きを読む

季節は確実にめぐっている

気が付けば7月も半ば。あれから…というのはもちろん、アイルランドが新型コロナ禍に突入した3月半ばから、早4ヶ月が経ちました。このところ運河沿いへジョギングへ行くことが多くなり、4月、5月の頃には毎日のように来ていたウォー・メモリアル・ガーデンズ(戦没者慰霊庭園、The Irish National War Memorial Gardens, Dublin 8)から少し足が遠のいていましたが、昨日は久しぶりに公園を抜けてリフィー川沿いを走り、春によくし...

続きを読む

公共交通機関でフェイスカバー義務化、北アイルランド海外渡航緩和

これまで「奨励」だったバス、列車など公共交通機関内でのフェイスカバー着用が、来週月曜日(7月13日)より義務化されると本日発表されました。運転手は着用していない人を乗車拒否してよく、従わない場合は警察権力を行使。罰則は定められておらず、このまま定めずとも守られることが望まれています。アイルランド人はマスク着用に慣れていないので、まずはつけ方の啓蒙から…!相変わらず新規感染の数字は少ないままですが、制限...

続きを読む

新型コロナ追跡アプリ、ついに導入

新型コロナ追跡用スマホアプリが、アイルランドでもついに導入されました。昨晩ダウンロードの準備が整ったと報じられ、本日政府より正式発表。スティーヴン・ドネリー保険大臣が「皆さん、ダウンロードしてください!」と昼間の記者会見で呼びかけ、夕方のRTEニュースにも出演してニュースキャスターからの質問に答えていました。夕方6時のニュースの時点で、すでに60万人がダウンロード済みだそう。まずまずのスタートです。アプ...

続きを読む

海外渡航緩和は7月20日まで延期

ヨーロッパ内では少しずつ国境を越えた渡航緩和が進んでいますが、同時に第2波への予兆か…と思われるような一部地域での感染増加、それに伴う再ロックダウンのニュースも聞かれます。お隣りの英国は、7月10日よりイングランドに限り、日本を含む一部の国々からの入国者の受け入れを緩和(入国後2週間の自主隔離撤廃)すると報じていますね。(ウェールズ、スコットランド、北アイルランドは含まれていません)一方アイルランドは、...

続きを読む

ありがとう、トニー・ホーロハン高等医務官

新型コロナウィルスの新規感染者や死亡者を報告する日々の記者会見で、3月から毎日その姿を見せ、国民から絶大な信頼を寄せられてきたトニー・ホーロハン(Tony Holohan)高等医務官が、昨日をもって休職すると報じられました。ご病気の奥様の看病に専念するためだそうです。5月のある日の会見でのトニー(RTE Newsより)こちらは、昨日の最後の記者会見の映像。Chief Medical Officer Dr Tony Holohan says he is taking time out...

続きを読む

レストラン、床屋、美容院…3か月ぶりにオープン

今日から制限解除のフェーズ3に進んだアイルランド。(フェーズ3の内容はこちら)レストラン、カフェ、床屋、美容院、美術館、博物館などがオープンし、国内の移動制限は今日からなくなりました!夕方のニュースでは解除初日のレストランや美容院の様子、遠方の施設に暮らすお母さんに3カ月ぶりに再会する女性の様子などが流れましたが、お天気がすぐれなかったこともあり終日家にいた私にはあまり実感がなかった…というのが正直な...

続きを読む

友と語らう日曜日の午後

今週は特別なところへ出かけたわけではなかったけれど、しばらく会っていなかった友人が入れ代わり立ち代わり訪ねてくれたり、こちらからおじゃましたり…と、ささやかながら交友を温め合う楽しい週でした。今日は友人スティーヴンの見事にリノベーションされた自慢のおうちに仲良しが集合。午後の数時間を楽しく過ごしました。スティーブンの庭のイチゴを摘ませてもらい、採れたてをいただきました!ディヴィッドのお母さん手作り...

続きを読む

レオ・ヴァラッカー首相、最後の記者会見を「ありがとう」で締めくくる

アイルランドは来週から制限解除のフェーズ3に進むことになり、その節目で現政権から新しく連立政権に移行することになります。正式決定は明日ですが、おそらく決まる見通しのようで、それを前提に準備が進められています。今日は現政権最後の内閣会議、最後の記者会見と報じられ、なんだか「チーム・レオ」、「チーム・パンデミック」の解散式のような様子でした。本日夕方のフェーズ3に進むにあたって政府記者会見がレオ・ヴァラ...

続きを読む

制限解除のロードマップ、さらに早まる!

今日でWHOのパンデミック宣言から150日だそうです。世界全体で見ればまだまだウィルス感染が拡大し続けていて、中近東に広がりを見せているとか。アイルランドでは本日夕方、レオ・ヴァラッカー首相のスピーチ並びに政府の記者会見があり、6月29日(月)より制限解除のフェーズ3に予定通り進むことが早々と発表されました。これまでは月曜日からの制限延長または解除に対して、前週金曜日に発表するのが通例でした。今回の1週間以...

続きを読む

レストラン再開準備、全予約制で90分間オンリー?

制限解除のフェーズ2も順調に進んでおり、実効再生産数は引き続き0.7くらいを維持しているそう。欧州の周辺諸国を見回すと、解除に伴い数が増えているところもありますが、アイルランドは慎重すぎるくらいのロードマップのおかげでしょうか、現状では解除後も着実に感染が抑え続けられているようです。次のフェーズ3は6月29日から。約10日後には国内の移動制限が全解除され、ホテルやB&Bなど宿泊施設に加え、飲食店も再開します。...

続きを読む

全島で死亡者ゼロの日!…と海辺のフィッシュアンドチップス

昨日は夕方からお友達を誘って、海辺へフィッシュアンドチップスを食べに行きました。翌日からまた天気が崩れそう…との予報だったので晴れ間を惜しむかのように海辺を散歩。ダブリン北郊外のドリマウント・ストランド(Dollymount Strand)にて泳いでる人がいっぱい。私もちょっと入りたい気がしたけれど、前日に走ったり泳いだりしすぎて疲れ気味だったので昨日はのんびりこんなふうにしていると、新型コロナ以前の夏の日みたい。...

続きを読む

本日のラジオ「FMまつもと」、お聞きいただきありがとうございました!

本日出演させていただいた「FMまつもと」のラジオ番組「Hickory Sound Excursion」、多くの方にお聴きいただきありがとうございました!放送を聴き逃した方は、トーク部分のみこちらで聴けます。→#218-11JUN2020 Traveller ▶山下直子さん(アイルランド公認ガイド) - コロナ時代のグッド・ストーリーズ私がリクエストさせていただいた「The Watch Man」。コカリナ奏者・黒坂黒太郎さんによる日本語訳付き制限解除が進み、人も車も...

続きを読む

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
6月20日(土)~無料お試し回+全6回
毎週土曜20:00~(各45分)
→詳細&お申込みはこちら
(ライブ配信終了、見逃し配信購入可能)

★岡山市にて講演
2020年10月
→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月
→詳細は追ってお知らせします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ