FC2ブログ

記事一覧

「赤毛のアン」の島のケルト音楽バンド、イースト・ポインターズ

先日の「ケルティック・クリスマス2018」に初来日で出演した、カナダのプリンス・エドワード島出身のイースト・ポインターズがとても気に入り、コンサート後も毎日聴いています。プリンス・エドワード島といえば「赤毛のアン」の舞台として有名。長年の「アン」ファンの私にとって、日本でのケルト音楽の祭典に「アン」の島のバンドが加わるというのは非常にテンションのあがる(!)出来事でした。「ケルティック・クリスマス」前...

続きを読む

ティーリーフに見た「未来」の私?(PEIのクリスマス・5)

先日の日記で、23年前の手紙で過去の「私」と対面したことをお話ししましたが、今回のプリンス・エドワード島(P.E.I.)訪問では、過去だけでなく、未来の「私」を垣間見るような…そんな出来事もありました。滞在も終わりに近づいたある雪の日、ワニータ(Juanita)と私は島の東部のある町へ出かけました。なんと…「ティーリーフ(茶葉)占い」をする女性に会いに! こんな雪景色の中を車で走ること、約1時間。まるで天使が舞い降...

続きを読む

23年前の「私」に対面(PEIのクリスマス・4)

プリンス・エドワード島(P.E.I.)でのクリスマス・ホリデーの間、私の過去や未来を象徴するような興味深い出来事がいくつかありました。ひとつは、20年前の「私」と思いがけず対面したこと。もとはペンパルだった私たち。(過去ブログ:アイリッシュだった…私のペンフレンド!)ワニータ(Juanita)がここにあるはず…とベッドの下を探ったら、「Naoko箱」が出てきて、ふたを開けるとそこにはティーンエージャーの頃に私が書いた手...

続きを読む

雪のグリーンゲイブルズ(PEIのクリスマス・3)

18年ぶりのグリーンゲイブルズ訪問!(Cavendish, P.E.I.にて)クリスマスの後、ストーム(雪吹雪)がやって来て、プリンス・エドワード島(P.E.I.)は一面本格的な雪景色となりました。滞在も終わりに近づいた今日、やっとお天気が安定し、ワニータが車を運転してグリーンゲイブルズ(Green Gables)のあるキャベンディッシュ(Cavendish)へ連れて行ってくれました。刺さったら大変なことになりそうな…大きなつらら!グリーンゲ...

続きを読む

やっぱり「アイルランド系」なワニータご一家(PEIのクリスマス・2)

P.E.I.の海岸にて。赤い土が印象的(St. Peters近くにて)プリンス・エドワード島(P.E.I.)のクリスマスは、今年は珍しくグリーン・クリスマス。クリスマスの日にちょっぴり雪が積もりましたが、すぐに溶けてしまいました。寒い時にはマイナス30度にもなり得るというP.E.I.ですが、今年はなんだかアイルランドと気候が入れ違ってしまったかのようです。(アイルランドではクリスマス前まで雪の日が続き、フライトのキャンセルが相...

続きを読む

P.E.I.からメリー・クリスマス!(PEIのクリスマス・1)

カナダ東海岸のセントローレンス湾に浮かぶ小さな島、プリンス・エドワード島(P.E.I.)に来ています。私の20年来の友人・アイルランド系カナダ人のワニータ(Juanita)とそのご家族と共にクリスマスを過ごすためにやって来ました。(過去ブログ→アイリッシュだった…私のペンフレンド!/ワニータのご先祖の城を訪ねて)P.E.I.は、私の海外とのつながりの原点ともいえる場所。18年前の夏、当時はペンフレンドだったワニータを訪ね...

続きを読む

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
出張ケルト市 in ねりま
2018年12月2日(日)13:00~17:00
練馬文化センター(入場無料)
14:00~サイン会します♪
→ご来場ありがとうございました!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ