FC2ブログ

記事一覧

グラストンベリーの聖パトリック礼拝堂

グラストンベリー修道院の敷地内にある聖パトリック礼拝堂。1500年頃建立。今も毎日礼拝が行われています先月、グループのアテンドでイングランドへ行った時のこと。(→過去ブログ:グラストンベリーで過ごす1日)イングランドきってのパワースポットであり、伝説のアーサー王が眠るとされるグラストンベリー修道院(Glastonbury Abbey)で、アイルランドの守護聖人、聖パトリックをまつった礼拝堂(St Patrick's Chapel)に思いが...

続きを読む

ウェールズ「ケルト紀行」⑤ ラテン語並記のオガム文字

ヨーロッパ大陸を西へ移動し、イベリア半島西端へ行き着いたケルト人は、紀元前700年頃から徐々にブリテン島、アイルランド島へ北上して来ました。精霊信仰で、自然万物に神が宿ると考えていた彼らは、話し言葉には魂が宿ると考えていました。文字表記すると「言霊」が失われてしまうという理由から、長い間文字を使用せず、モノゴトを伝承で伝えていたのです。ケルト系の言葉(アイルランド・スコットランドなどのゲール語類、ブ...

続きを読む

ウェールズ「ケルト紀行」④ 崖の割れ目の聖ゴヴァン礼拝堂

岩の割れ目に建つ珍しいチャペル、聖ゴヴァン礼拝堂先週のウェールズの旅の様子をちらちらとご紹介させていただいていますが、ケルトに造詣が深いリピーターのお客様をご案内しての「ケルト紀行」でしたので、リサーチから実際のご案内まで、私にとっても非常に興味深い旅でした。アイルランドに関係する場所や印象に残った箇所などは、これから少しづつご紹介していきたいと思います。★関連ブログウェールズ「ケルト紀行」の準備...

続きを読む

『ケルズの書』が書かれたアイオナ修道院(アイオナ島・その2)

聖地に輝く夏の日差し。星のように輝く太陽の上に、エンジェルが・・・!少し間があいてしまいましたが、先月のアイオナ&スタッファ訪問の続きです。聖コラムキル上陸の地にて聖者の気分・・・を味わった翌日、いよいよ『ケルズの書』が書かれたアイオナ修道院(Iona Abbey)を訪ねました。アイオナ修道院、全景前回のブログの繰り返しとなりますが、アイオナの修道士たちが着手した『ケルズの書』がなぜアイルランドにあるのか?書が作...

続きを読む

スタッファ島、「フィンガルの洞窟」

「フィンガルの洞窟」をバックに。今回の旅に同行してくれた、K子さんと一緒に♪アイオナ島へ行くにあたり、もう一箇所どうしても見ておきたかったのがこちら、北アイルランドの名所・ジャイアンツ・コーズウェイ(Giant's Causeway, Co. Antrim, Northern Ireland)のスコットランド版・・・とでも言うべき、スタッファ島(Isle of Staffa, Scotland)の「フィンガルの洞窟(Fingal's Cave)」。周遊ツアーのご案内でこれまでに数え切...

続きを読む

聖コラムキルの浜辺にて(アイオナ島・その1)

アイオナで夏休み♪ 聖コラムキルが上陸したと言われる浜辺、セント・コロンバズ・ベイ(St Columba's Bay)にてダブリンから計8時間のドライブと、3度のフェリー。あ~遠かったけれど、素晴らしかった!往復にほぼ丸一日ずつかけて、スコットランドの小さな島、アイオナ(Isle of Iona)へ行ってきました。一度は行ってみたい!と思い続けていたアイオナ島。ダブリンのトリニティーカレッジ所蔵の有名な『ケルズの書』はそもそも...

続きを読む

『嵐が丘』をハイキング(ブロンテ姉妹ゆかりの地-英国)

先日イングランドをご案内させていただいた時に、ブロンテ姉妹のゆかりの地ハワース(Haworth, Yorkshare, UK)に滞在して、小説『嵐が丘(Wuthering Heights)』の舞台となった荒野をハイキングしてきました。ハワース周辺にはハイキングのルートがいくつもありますが、嵐が丘へのハイクはなんと往復10キロ!19世紀英文学史上にその名を大きく残すこととなったブロンテ姉妹ですが、彼女たちの父親は北アイルランドのカウンティー...

続きを読む

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
出張ケルト市 in ねりま
2018年12月2日(日)13:00~17:00
練馬文化センター(入場無料)
14:00~サイン会します♪
→ご来場ありがとうございました!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ