記事一覧

シーフード・リングイーネがおいしい♪(キーワンズ・レーン)

ゴールウェイでしばしばお客様をご案内するレストラン、キーワンズ・レーン(Kirwan's Lane, Galway)。ところ狭しとレストランが並ぶゴールウェイの旧市街にはおいしいお店がいろいろありますが、メニューが豊富で、カジュアルなビストロ風なのに料理が洗練されていておいしく、お客様からいつも好評なのがここ。ほかに冒険してみたい…と思いつつ、ついついここへ来てしまいます。にぎやかなキー・ストリート(Quay Street)を一...

続きを読む

ベンブルベンのふもとで99コーン!(スライゴ周辺ハイライト)

絶好のアイスクリーム日和!ベンブルベンを眺めながら、マラグモアのPaddy's Placeの絶品99コーンを楽しみました!アイルランドの西海岸は素晴らしいお天気が続いています。今日は日中20度の晴天、明日以降の数日間も天気予報は20度超え&大きな晴れマーク。今日はスライゴ周辺(Co. Sligo)をゆっくりした日程でご案内させていただき、大西洋とベンブルベン(Ben Bulben)を含むこの地方独特の山の景色を存分に楽しんでいただきま...

続きを読む

グレンジ村の小さなカフェ、ジャム・ポット

プラムとアーモンドのタルト。ブルーウィローのお皿にのって出てくるのも嬉しい♪先日サーフィンの帰りに地元在住の友人に連れて行ってもらったザ・ジャム・ポット・カフェ(The Jam Pot Cafe)。お気に入りのサーフ・スポット最寄りのグレンジ村(Grange, Co. Sligo)に1年ほど前にオープン、ずっと気になっていたお店でついにおいしいランチとケーキをいただいてきました。手作り風な可愛い店内。地元のお子さん連れの家族や、マ...

続きを読む

ブルーベルの森とマス・ロック

うつむいて咲く可憐な姿がなんとも愛らしい週末にサーフィンに出かけた際、スライゴ在住の友人がブルーベル(Bleubell)の花が咲き乱れる森に連れて行ってくれました。森が近づくにつれ、道すがらに青紫の花がちらほら。静かな森に一歩踏み出すと空気がふわっと軽い感じがして、目の前に一面の青い絨毯が現れました。新緑とのコンビネーションがなんとも美しい古い巨木の下にまるで身を隠すかのようにひっそり咲き乱れているのがな...

続きを読む

ベンブルベンを見晴らすB&B、リサデル・ロッジ

ベンブルベン(Benbulben, Co. Sligo)登頂を果たしたM様ご夫妻とご一緒に2泊したスライゴ近郊のB&B、リサデル・ロッジ(Lissdell Lodge)。ここもまた来たい!と思う素敵な宿でしたので、ご紹介させていただきますね。スライゴ・タウンから車で約15分、リサデル・ハウスにもほど近い素敵な一軒家(私がよく行くお気に入りのサーフ・スポットのすぐ近く!)そして、何がいちばん素晴らしいって、さえぎるものなくベンブルベンが目...

続きを読む

ベンブルベンに初登頂!

まさに天空の王座!山頂の断崖にていつかは登りたいと思っていたスライゴ(Sligo)の父なる山ベンブルベン(Benbulben, 526メートル)。素晴らしい快晴に恵まれた今日、お客様とご一緒に初登頂を果たしました!テーブルマウンテン型が印象的なベンブルベン。上の写真で私が腰かけているのは山頂右角の崖!山頂でのランチタイム含め、約5時間の軽登山。360度のパノラマは筆舌に尽くし難いものでした。連日のご案内で今あまり時間がない...

続きを読む

ブランチがおいしいカフェ、ドーディ(ラヒンチ)

ラヒンチ(Lahinch, Co. Clare)の海の家滞在中、連日ブランチに通っていたカフェ、ドーディ(Dodi)。オープンして1年弱のまだ新しいカフェですが、すでに大人気。セント・パトリックス・デーの週末に滞在していたときは何度行っても長蛇の列で入ることができなかったくらい。ブレックファースト・バップ。目玉焼きの下には肉厚ベーコンとマッシュしたアボカドがたっぷり翌日はパンケーキを。巨大なパンケーキが3個も!メイプルシ...

続きを読む

バレンで楽しむ絶品ホット・チョコレート

今日はゴールウェイからバレン(Burren、Co. Clare)、モハーの断崖(Cliff of Moher, Co. Clare)のご案内。バレンタインズ・デーでもあったので、バレンにあるビーン・トゥー・バーのチョコレート工房、ヘイゼル・マウンテン・チョコレート(Hazel Mountain Chocolate Factory, Co. Clare)へ立ち寄り、カフェでホットチョコレートを楽しみました。※ショップや工房については過去ブログ参照→ビーン・トゥー・バーのチョコレート...

続きを読む

まだまだある、スライゴ・タウンのお気に入りカフェ、ノックス

看板メニューとも言える人気のエッグ・ベネディクト。まん丸い地元産卵のポーチドエッグが口の中でとろけるおいしさ♪最近のスライゴ・タウン(Sligo)はおいしいカフェやレストランが多くて、どこへ行こうか迷ってしまうほど。いちばんのお気に入りはなんと言ってもライオンズ・カフェですが、日曜日はお休み。しかしありがいことに、すぐ近くのこれまた評判のいいカフェ/レストラン、ノックス(Knox, Sligo Town)はオープンして...

続きを読む

ノックナリーのクィーン・メイヴ・トレイル

年末年始のスライゴ滞在中、昨年新たにオープンした登山道、クィーン・メイヴ・トレイル(Queen Meave Trail)からノックナリー(Knocknarea, Co. Sligo)へ登ってみました。これまで私がいつも登っていたのは、中腹まで車で行ける山の南側の片道20~30分程のトレイル。(過去ブログ→女神の山・ノックナリーへ登る/ルナサの山登り(ノックナリ―))こちらは山の北側からアクセスする、ふもとから片道1時間ほどの長めのトレイルで...

続きを読む

ストランドヒルで新年カウントダウン

パブの店内にはサーファーのイメージがいっぱい。ここで迎えた新年はいい波にたくさん恵まれそう…!2018年の幕開けです。素敵な一年になりますように!ニューイヤーをみんなで一緒に過ごそう!と、クリスマスに実家に帰っていたサーフ仲間たちも、数日前より続々とスライゴ(Co. Sligo)入り。アイルランドではクリスマスが日本のお正月のような家族と過ごす伝統行事で、大晦日&元旦はずっとカジュアルなものになります。サーフィ...

続きを読む

クリスマス・デーのベンブルベン

天気予報では雨のはずでしたが、どうやら雨雲が早く通り過ぎてしまったようで、クリスマス・デーのスライゴ(Sligo)は、思いがけず風もない穏やかな日となりました。アイルランドではクリスマスやお正月などに、節目を祝う儀式として海へ入る習慣があります。今日のような穏やかな日は、各地で寒中水泳大会が繰り広げられたことでしょう。私はやっぱり、サーフィン。ディナーの前に短時間でしたが、クリスマス当日にサーフィンが...

続きを読む

スライゴのナイト・ライフを楽しむ!

週末はスライゴ(Co. Sligo)で過ごしたものの、波のコンディションがよくなくサーフィンはお休み。早起きしなくてよいので、スライゴ・タウン(Sligo Town)でのナイト・アウトを楽しみました。しっとりと雨に濡れた夜のスライゴ。クリスマスの電飾のもと、路地を足早に歩くアンマリーとニーヴ(←お腹がすいているのでレストランに急いでいる…笑)女の子だけの夜だったので、スライゴいちおしゃれなレストラン、Eala Bhan(アイル...

続きを読む

アイスクリームのクリスマスツリー(マミー・ジョンストンズ)

海辺のアイスクリーム屋さんの巨大なクリスマスツリー。よく見ると、デコレーションがなんとアイスクリーム!ストランドヒルのマミー・ジョンストン(Manny Johnston's, Strandhill, Co. Sligo).にて。サーフ仲間のアンマリーとニーヴが「ストランドヒルにいるよ!」とメッセージを送ってきたので、ここに違いない!と行ってみたらやっぱりいまた(笑)ライト・ボールにコーンやカップをくっ付けた手作りのデコレーションマミー・...

続きを読む

大好き!スライゴのライオンズ・カフェ

スライゴには19世紀末~20世紀初頭の素敵なデコを残した建物が多くあります。ライオンズの入り口のステンドグラスのキャノピーも、1926年の創業時からの古いものなのでしょう今いちばんお気に入りのカフェ/レストランはどこかと聞かれたら、真っ先に挙げたいのがここ、スライゴのライオンズ・カフェ(Lyons Cafe, Sligo)。友人のアンマリーはこのカフェが好きすぎて、ああ、ここで暮らしたい~!と行くたびに言うのですが(笑)...

続きを読む

スライゴで朝のランニング

思わず駆け出したくなるこんな小道!冬のサーフィン・シーズン到来で、スライゴ(Co.Sligo)で過ごすことが多くなっています。空気が澄みきった気持ちのいい朝。近くのギル湖(Lough Gill)までランニングに出かけました。湖畔の小道はすっかり秋色荒々し海を見て過ごすことが多いけど、静かな湖もいいものですこんな空、アイルランドの冬の朝らしい。サイクリング用の道もあり、近所の人たちがちらほらウォーキングしてました町から離...

続きを読む

バレンを楽しむ3つのルート

今日は終日、お仲間旅行のグループさんをバレン(Burren, Co. Clare)とモハーの断崖(Cliffs of Moher, Co. Clare)へご案内。ゴールウェイ(Galway)からバレンを通ってモハーの断崖へ抜けるルートは3つあります。ゴールウェイへ再び戻って来る日程だったので、行きと帰りそれぞれ別ルートを通り、バレンの景色を満喫していただきました。この3つのルート、以前にもご紹介させていただきましたがずい分時間が経っているので、も...

続きを読む

ビーン・トゥー・バーのチョコレート工房(バレン)

石灰岩の岩が露出する珍しい光景が広がるバレン(Burren, Co. Clare)の入口にある手作りチョコレートの小さな工房が、バレンの新名所として人気。先日、周遊ツアーの途中にお客様をお連れして立ち寄ってみました。ヘイゼル・マウンテン・チョコレート工場Hazel Mountain Chocolate FactoryOughtmama, Bellharbour, Co. Clare(Kinvaraから車で約15分)オープン 10:00-18:00可愛らしい赤いドアと窓が目印。カフェ、ショップ併設20...

続きを読む

ブルーレインコート劇場で狂言(スライゴ)

スライゴの旧港エリアの工場を改装した、前衛的なシアター・スペース数年前から盛んに活動しているスライゴの新劇場、ブルーレインコート・シアター(Blue Raincoat Theatre)。狂言形式でのW.B.イエーツの「猫と月」の、イエーツの心の故郷スライゴでの凱旋公演はここで行われました。上段左&下段真ん中のポスター。狂言公演は、Tread Softlyというスライゴのアート・フェスの目玉の演目。上段左が、ブルーレインコート・シアター...

続きを読む

マラグモアの99コーン!

イエーツ&ラフカディオ・ハーンの狂言公演のグループの皆さんとスライゴ(Sligo)に来ています。公演前にスライゴ周辺のイエーツのゆかりの地(イエーツの墓所、ギル湖など)をご案内。今朝はあまりにお天気がよく海も山もきれいなので、絶景とソフトクリームを楽しみに海辺のマラグモア(Mullaghmore, Co. Sligo)へも足をのばしました。マラグモアのビレッジにある小さなニューズエージェントのソフトクリームが絶品!チョコレ...

続きを読む

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

好評につき重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ