記事一覧

グレンダーロックでシカに遭遇

今日は2017年初のガイディングで、お客様をグレンダーロックへご案内しました。今朝は気温がぐっと下がり、ダブリンにしてはピリッと寒い日でしたが、風がまったくなくなんとも気持ちのいい冬の日。フレッシュな山の空気を楽しみながら、遺跡見学後、アッパー・レイクまで30分程のハイキングにご案内しました。「この辺りにシカがいるかも…」とお客様にお話ししたとたん、目の前に発見。最初は1頭しか見えませんでしたが、よく見る...

続きを読む

冬の日のハイキング in グレンダーロック

氷河によって形成されたU字渓谷。雄大な景色の中を気持ちよくハイキング♪ダブリンに滞在中のアメリカ人の友人マリアンとコートニーと一緒に、ウィックロウへハイキングに行ってきました。風もない穏やかな冬の日。ウィックロウ森林国立公園(Wicklow Mountains National Park)内にある、初期キリスト教会史跡で知られるグレンダーロック(Glendalough, Co. Wicklow)周辺のトレイルを楽しく歩いてきました。グレンダーロックには...

続きを読む

国内最大級、ブラウンズヒル・ドルメン

ドルメンと9月の空!ブラウンズヒル・ドルメン(Brownshill Dolmen, Co. Carlow)にて古代遺跡の密集度がヨーロッパ一と言われるアイルランド。石器~青銅器時代の巨石古墳だけで約900、鉄器時代の砦も含めると、北海道とほぼ同じサイズの島に1000近い数の古代遺跡が点在していることになります。900ある巨石古墳のうち、ドルメン(Dolmen)と呼ばれるポータル・トゥーム(Portal Tomb=支石墓)が約200。紀元前4000年頃に始まる新...

続きを読む

ラウンドタワーめぐり!

昨日は南東部の灯台めぐりのような1日でしたが、今日はラウンドタワー(Round Tower)めぐり。1日に3つの違ったラウンドタワーへご案内しました。キルケニーの聖カニス大聖堂(St. Canice's Cathedral, Killkenny)のラウンドタワー。高さ30メートル。上部の見張り窓が6つあるのが特徴(通常4つである場合が多い)。写真は撮り忘れたので2007年撮影のものですキルデアの聖ブリジット大聖堂(St Brigid's Cathedral, Kildare)のラ...

続きを読む

フック・ヘッドと灯台めぐり

黒と白の縞々はフック・ヘッド(Hook Head, Co. Wexford)の灯台約2週間にわたるS様の旅もいよいよ大詰め。昨日よりアイルランド南東部に来ています。昨日は終日雨模様でしたが、今日はうって変わって真夏のような青空。あまりにもお天気が良いので一部予定を追加・変更して、海沿いの景勝地ドライブして周った結果、灯台めぐりになりました(笑)。フック・ヘッド(Hook Head, Co. Wexford)の灯台を見晴らす。お天気はいいけど風...

続きを読む

ラスボロハウスのフェアリートレイル

ここの妖精は松ぼっくりが好きなようで、どの家にも置かれていました日本からお友達がお子さん連れでダブリンに滞在中。「妖精探し」がこの旅のテーマ!という8歳のお嬢さんNちゃんと一緒に、ラスボロハウス(Russborough House & Parklands, Blessington, Co. Wicklow)の敷地内にあるフェアリートレイル(Fairy Trail)で、とても楽しい日を過ごしました。以前にカウンティー・ケリーにある2つのフェアリー・トレイルのことをご...

続きを読む

キルデアの聖ブリジッド大聖堂

13世紀建立の聖ブリジッド大聖堂。右手前はオリジナルのハイクロス、上部が欠けていますがそれはそれで風情がありますね先日、ダブリン郊外のクロンドーキンに聖女ブリジッドの井戸を偶然見つけたことを書きましたが、不思議なシンクロニシティーのなせる業か、その後、普段めったに行くことのない、キルデアの聖ブリジッド大聖堂(St Brigid's Cathedral, Kildare, Co. Kildare)へお客様をご案内する機会に恵まれました。なんだ...

続きを読む

アイリッシュ・ウィスキーの異端児、クーリー蒸留所

ここ数日、ウィスキー関連のビジネス視察のお客様をご案内させていただいていました。今日は北アイルランドとの国境近くにあるクーリー蒸留所(Cooley Distillery, Co. Louth)へ。キルベッガン・ウィスキー(Kilbeggan Whiskey)などを製造している蒸留所ですが、一般公開していませんから、こういう機会でもない限り見ることが出来ません。貴重な経験をさせていただきました。クーリー蒸留所は1970代まではジャガイモを蒸留する...

続きを読む

ヒース咲く山をハイキング(ウィックロウ)

一面に咲き乱れるアイリッシュヒース(Irish Heath)今日はいよいよ、先日下見をしたハイキングの本番。ヒースの花咲くウィックロウ(Co. Wicklow)の山をお客様とご一緒に歩きました。背後は霧に覆われて幻想的。グレンマクナスの滝(Glenmacnass Waterfall)裏手の駐車場から、向かい側のブラックマウンテン(Black Mountains)へ一昨日かなり激しい雨が降ったため、足元はかなりぬかっていましたが、皆さん頑張ってブラックマウ...

続きを読む

ウィックロウでハイキング(ブラックマウンテン)

眼下に見晴らすのはグレンダーロック(Glendalough, Co. Wicklow)の谷間来月下旬にウィックロク(Co. Wicklow)でハイキングをするグループさんがあるので、その下見に行ってきました。ウィックロウで日常的にハイキングをしている友人Wさんが一緒に来てくれたおかげで、こんなところに道があるの!?…というような隠れたハイキング・コースを教えてもらい、楽しく歩いてきました。グレンマクナスの滝(Glenmacnass Waterfall)のそ...

続きを読む

カラで競馬観戦!

ゴール地点で競馬観戦中…!TV番組の依頼で競馬場で写真を撮影する必要があり、思いがけず競馬観戦に行くことに。仕事がオフだった昨日、アイリッシュ・ダービーで有名なカラ競馬場(Curragh Racecourse, Co. Kildare)でレースが行われていたので出かけてきました。今から15年前、アイルランドに住み始めた最初の一年はこの競馬場のあるカウンティー・キルデアに住んでいました。当時親しくしていた地元のご夫妻の甥御さんがジョッ...

続きを読む

スミディックス・エクスペリエンス見学(キルケニー)

ホッピングが行われる釜にて。釜に書かれているように、「スミディックス独特の香りと味」はホップが決め手!日本のビール会社関連のお客様をご案内して、この夏キルケニー(Kilkenny, Co. Kilkenny)に新しくオープンしたスミディックス醸造所内の展示館、スミディックス・エクスペリエンス(Smithwick's Experience Kilkenny)へ行ってきました。アイルランドと言えばギネスが有名ですが、実はスミディックスはギネスより創業が...

続きを読む

アイルランドで母のバースデー(ティネキリーハウス)

日本から、母と姉が訪ねて来てくれています。12年ぶり(!)、2度目の訪問。遠いところをはるばる来てくれて、感謝感激です。昨日は母の75歳の誕生日でしたので、ダブリン近郊のティナキリーハウス(Tinakilly House, Co. Wicklow)に記念に宿泊。ホテルのスタッフの気遣いでディナーの時にサプライズでお祝いしていただき、ささやかなバースデーパーティー。とても良い思い出となりました。(冒頭の写真♪)ティナキリーハウスとい...

続きを読む

オバマ大統領のアイリッシュ・コネクション

リマリック方面からダブリンへ向かう途中、7号線バイパスに新しくオープンしたドライブインで小休憩。巨大なスーパーマックス(Supermac's=アイルランド資本のファーストフード店)が入ったそのドライブインは、その名も「バラク・オバマ・プラザ(Barack Obama Plaza)」。アメリカ独立記念日の明日7月4日、このドライブイン内にオバマ大統領のアイリッシュコネクションに関する展示スペースがオープンするそうです。明日からオ...

続きを読む

ハンターズ・ホテルとモーリーンさんの思い出

宿の入り口の扉の上には創業者チャーリー・ハンターさんの名の元に発行された、古き時代を偲ばせる、お酒やタバコの販売許可証がダブリン南部のカウンティー・ウィックロウ(Co. Wicklow)には昔のお屋敷などを利用したホテルが数多くありますのが、中でもユニークな宿がこちら、ハンターズ・ホテル(Hunter's Hotel, Co. Wicklow)。日本から来てくれたお友達と一緒に、久しぶりに泊まりに出かけてみました。1825年創業の、アイル...

続きを読む

アイルランド最古のパブ、ショーンズ・バー(アスローン)

アイルランドの「へそ」にあたるアスローンの街に、ギネス・ブックにも載っている「アイルランド最古のパブ」があります。2004年から継続してギネス記録を保持しているそのパブの名は、ショーンズ・バー(Sean's Bar, Athlone, Co. Westmeath)。先日お客様をご案内して、初めて行ってみました。アスローン城のすぐ近く、街でいちばん古いエリアにあります「アイルランド最古のパブ」の看板このパブの発祥は900年頃。ケルト人が群...

続きを読む

花咲くラウンドタワー

ついにアイルランドに夏がやって来ました!今日から周遊ツアーのご案内が始まりましたが、素晴らしい青空のもと、シャノン川のほとりの初期キリスト教の教会史跡クロンマックノイズ(Clonmacknoise, Co. Offely)にて、花咲くラウンドタワーを発見。12世紀後半に建造された、クロンマックノイズで2つ目のラウンドタワー。石灰岩の壁に、まるで植えたかのようにピンクの可愛らしい花が咲き乱れていましたまるでハンギングバスケット...

続きを読む

新緑のグレンダーロック

きれいな水色の空が広がった今日のグレンダーロック(Glendalough, Co. Wicklow)お客様をご案内してグレンダーロック(Glendalough, Co. Wicklow)へ。今年はなんだか気温が低めの日が続いていますが、やっと5月らしい新緑やさわやかな青空を楽しめる日が多くなってきました。緑が日に日に色濃くなるこの季節は、野山の景色が日々刻々と変わるかのようです。新緑をバックに…「ケヴィンの台所」のニックネームで知られる(塔が煙突...

続きを読む

「男性専用」の泳ぎ場(ギラミン・コーヴ)

「男性専用」の立て看板!少し前のことですが…、サーフィンのボランティアでトラモアに滞在していた際、近くのギラミン・コーヴ(Guillamene Cove, Tramore, Co. Waterford)へ泳ぎに行きました。ここはダブリンのフォーティーフット(Forty Foot, Sandycove, Co. Dublin)同様、伝統的な「男性専用」の泳ぎ場。ただし、立て看板の「MEN ONLY」の大きな文字の下には、「男性専用と書かれていますが、昔の名残りを単に残しているだ...

続きを読む

ウィックロウのシュガーローフ山

日本からのお友達をウィックロウ(Co. Wicklow)へドライブにご案内。ツアーバスではなかなか通ることの出来ない細い道へ入っていくと、ウィックロウを代表する山・シュガーローフ(Sugar Loaf Mountatain, Co. Wickklow)が、きれいな円錐形を描いて目の前に現れました。まるでアイルランドの富士山…といった感じの円錐形の山。正式にはグレート・シュガーローフ(Great Sugar Loaf)と呼ばれますこういうすり鉢状の山を英語圏で...

続きを読む

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

東京でアイルランド本のイベントします!

「旅のヒントBOOK アイルランドへ(仮)」(イカロス出版)5月発売予定

現地在住ガイドが語る、アイルランドの愉しみ方
日時 2017年6月3日(土) 13:40開場 14:00~15:30
会場 八重洲ブックセンター(JR東京駅 八重洲南口)
定員 50名→100名に増員!
お申込みはこちら→(株)ユーラシア旅行社HP
※おかげ様で満席となりました。キャンセル待ち承ります!


プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ