FC2ブログ

記事一覧

ブルーナボーニャのもうひとつの巨石遺跡、ダウス

このところ、古代の巨石遺跡に関するご案内が続いています。久しぶりにダウスを訪ねました…ユネスコ世界遺産に指定されているブルーナボーニャ(Bru Na Boinne, Co. Meath)には大小合わせて40(7月に発見されたものも含めると41になりますね)の新石器時代の遺跡が密集していますが、そのうち大型古墳が3つ。有名なニューグレンジ(Newgrange)、ナウス(Knowth)は見学する人が絶えませんが、3つ目の巨石古墳ダウス(Dowth)は訪...

続きを読む

秋分の朝のロッククルー

数日前の秋分の日の朝、お客様をご案内して、ロッククルー(Loughcrew, Co. Meath)に日の出を見に行ってきました。※ロッククルーについては過去ブログ参照→春分・秋分に光が差し込むロッククルーものすごく早起きして丘を登り、朝6時過ぎには丘の上のケーンTに到着。これは6時20分頃、最初の朝日が差し始めました春分・秋分の朝日が石室に差し込み、模様が刻まれた石を照らし出すむロッククルー。朝7時過ぎに古墳を開けて、集まっ...

続きを読む

春分・秋分に光が差し込むロッククルー

ユネスコ世界遺産として知られるニューグレンジ(Newgrange, Co. Meath)と同時代の史跡、ロッククルー(Loughcrew, Co. Meath)。アイルランドにおける新石器時代の4大古墳のひとつにも数えられる、考古学的に重要で興味深い場所です。ここへは10年ほど前に行ったのが最後でしたので、数日後のご案内に備えて、下見に出かけて来ました。ダブリンから車で1時間程。古墳は丘の上にあり、カーンバン・イースト(Carnbane East)、カ...

続きを読む

バリモア・インのステーキ・サラダ

毎年のことですが、観光シーズンの山場が過ぎたこの時期はちょっぴり疲れ気味。「何かおいしくて、元気の出るものが食べたい!」と思い、頭に浮かんだのがこのレストラン。ダブリンから車で40分、緑の中をドライブしてたどりつく小さな村、バリモアユースタスにあるバリモア・イン(The Ballymore Inn, Ballymore Eustace, Co. Kildare)です。ダブリンから時間をかけてでもわざわざ来たいレストランのひとつ。今日は友人を誘って...

続きを読む

ニコラス・モスの新柄、走る羊たち

久しぶりに訪ねたニコラス・モスの工房&ショップ(Nicholas Mosse Pottery, Benettsbridge, Co. Kilkenny)にて、遊び心いっぱいのポップな新柄、発見。顔見知りのショップの定員さんが「Running Sheep(走るヒツジ)なのよ~」と誇らし気に説明してくださいました。プレートとマグ(小)の2種類。オンラインで購入可→Sheepiesこうやって連なって走るヒツジ、いるいる!まさに昨日、タラの丘で見たばかり。見てください、この4頭...

続きを読む

テイトー・パーク再訪!

ミスター・テイトーをバックにミスター・テイトー柄カップのコーヒーを飲む…幸せ♪「ミスター・テイトーに会いたい~!」というアイルランド・ツウのお客様をお連れして、約1年ぶりにテイトー・パーク(Tayto Park, Co. Meath)を再訪。言わずと知れたアイルランドの元祖ポテトチップス「テイトー(Tayto)」のテーマパークです。(過去ブログ参照→テイトー・パークへ行ってきました♪)絶叫系の乗り物がたくさんある遊園地であり、...

続きを読む

バー・キャッスル② ギネス世界記録のツゲの並木…など

バー・キャッスル① 世界いち大きな天体望遠鏡(6月29日)…の続きです。広大な庭園内にはいくつか見どころがありますが、ギネス世界記録に認定されているというこちらも必見。世界いち高い、樹齢300年のツゲの並木(Box Hedges)!木の下に立っている私は身長155㎝ですから、いちばん高い木は7メートルくらいあるでしょうか。ツゲの木は通常、垣根や庭木として剪定されてしまいますが、こんなに高く成長するんですね。姿ではツゲに...

続きを読む

バー・キャッスル① 世界いち大きな天体望遠鏡

17世紀よりパーソンズ一族の居城として修改築を重ねてきたバー・キャッスル。現在も7代目ロス伯爵とご家族が住んでいらっしゃいます19世紀に建設された巨大天体望遠鏡のあるバー・キャッスル(Birr Castle, Birr, Co. Ofally)は、アイルランド内陸部の知られざる名所。ここ数年行っていなかったので、来週のツアーでご案内する前に、下見を兼ねて出かけてきました。さまざまな植物が植えられた広大な庭園は、散歩して楽しいだけで...

続きを読む

キルデアの日本庭園で花見フェスティバルがあります

遠足で訪れた地元の子供たち!(写真はIrish National Stud & Gardens提供)キルデアにある日本庭園(Irish National Stud & Gardens, Co. Kildare)より、来週のこどもの日に開催予定の花見フェスティバルの招待状をいただきました。花見フェスティバル Hanami Festival日時: 2018年5月5日(土)11:00〜17:00場所: アイルランド国営厩舎付属 日本庭園 The Irish National Stud’s Japanese Gardens※庭園の通常の開館時間&入...

続きを読む

「ケルズの書」はここで完成した!(聖コラムキルの家)

不思議な形の建物はカメラ縦位置にぎりぎり収まるサイズ。入り口にいるのは建物の鍵を管理しているカーペンターさんダブリンに来たらぜひ見ていただきたいのが、トリニティー・カレッジ内オールドライブラリー所蔵の「ケルズの書」(The Book of Kells & Old Library, TCD, Dublin 2)。800年頃に作成されたとされる、4つの福音書からなる美しい彩色写本です。スコットランドのアイオナ島で作成され始めたものの、バイキングの襲撃...

続きを読む

昔の製法にこだわった新ウィスキー蒸留所(ウォルシュ・ウィスキー)

周遊ツアーのご案内に続き、今度は飲料メーカーの方々の企業・家庭訪問のコーディネート。昨日は、カウンティー・カーロウ(Co. Carlow)に近年新しくオープンしたウォルシュ・ウィスキー蒸留所(Walsh Whiskey Distillery, Co. Carlow)を訪ねました。オープンして数年、最初のウィスキーが市場に出てからほんの1年という新しい蒸留所アイルランドの「バーリー・バスケット(Barley Basket=籠いっぱいの大麦…といったニュアンス...

続きを読む

テイトー・パークへ行ってきました♪

ミスター・テイトーとついにご対面!友人たちがプレゼントしてくれたテイトー人形も一緒♪アイルランドの元祖ポテトチップス、テイトー(Tayto)の工場に隣接するテイトー・パーク(Tayto Park, Co. Meagh)。2010年のオープン以来、ずっと行きたい!と思いつつチャンスがなくていましたが、先日ついに友人親子をお誘いして、遅まきながら出かけてきました!動物園、遊園地のほか、サーカス風のショー、5Dシアターなどもある1日遊べ...

続きを読む

ラヴェンダーの庭

ラヴェンダーの香りに癒される…昨日、ボイン渓谷(Boyne Valley, Co. Meath)の名所ご案内中、ラヴェンダーが咲き誇る美しい庭園を見つけました。ボイン川の古戦場ビジターセンター(The Battle of the Boyen Visitor Centre)のカフェ、パヴィリオン(The Tearoom Pavilion)の庭園。一面のラヴェンダーに思わず声をあげてしまったほど!まさかボイン川の古戦場でラヴェンダーの庭園を見つけるとは思いもしなかったので、衝撃でした...

続きを読む

キルデアヴィレッジのクレープがおいしい♪

アイルランドでいちばんおいしいクレープ屋さん♪甘いクレープはオーガニック小麦、食事クレープはそば粉で作られます昨日は久しぶりにキルデアヴィレッジ(Kildare Village, Co. Kildare)へショッピングに出かけました。ダブリンから車で小一時間ほどのところにあるアウトレットモールです。ここへ来たら必ず食べたいのがクレープ!駐車場に面したモールの入口にあるCrêperie Angélieで、オーガニック小麦とそば粉を使った本格派...

続きを読む

ウィックロウのビーチで過ごす休日

知る人ぞ知る、ウィックロウの隠れビーチ!「アイルランドの庭園(Garden of Ireland)」と呼ばれるカウンティー・ウィックロウ(Co. Wicklow)はダブリン近郊のハイキングのメッカで、「山」(…と言ってもアイルランドの場合、日本の丘程度ですが)のイメージが強いですが、実は美しいビーチもあります。通常サーフィンは大西洋岸でするのですが、アイリッシュ海に面したウィックロウにもまれに波がやってくることがあり、そんな...

続きを読む

新緑のグレンダーロック

ここ数日アイルランドは素晴らしいお天気が続いていて、雲ひとつないさわやかな青空。お天気が変わりやすい国ですから、青空がないわけではないですが、連日途切れなく続くのは本当に貴重。ミニ・ヒートウェブ(熱波)と言われ、日中18度くらいまで温度があがり、アイルランド人にとっては夏気分いっぱいです。(私も♪)今日はグループの皆さんをグレンダーロック(Glendalough, Co. Wicklow)へご案内。新緑がまぶしく、空気がフ...

続きを読む

グレンダーロックでシカに遭遇

今日は2017年初のガイディングで、お客様をグレンダーロックへご案内しました。今朝は気温がぐっと下がり、ダブリンにしてはピリッと寒い日でしたが、風がまったくなくなんとも気持ちのいい冬の日。フレッシュな山の空気を楽しみながら、遺跡見学後、アッパー・レイクまで30分程のハイキングにご案内しました。「この辺りにシカがいるかも…」とお客様にお話ししたとたん、目の前に発見。最初は1頭しか見えませんでしたが、よく見る...

続きを読む

冬の日のハイキング in グレンダーロック

氷河によって形成されたU字渓谷。雄大な景色の中を気持ちよくハイキング♪ダブリンに滞在中のアメリカ人の友人マリアンとコートニーと一緒に、ウィックロウへハイキングに行ってきました。風もない穏やかな冬の日。ウィックロウ森林国立公園(Wicklow Mountains National Park)内にある、初期キリスト教会史跡で知られるグレンダーロック(Glendalough, Co. Wicklow)周辺のトレイルを楽しく歩いてきました。グレンダーロックには...

続きを読む

国内最大級、ブラウンズヒル・ドルメン

ドルメンと9月の空!ブラウンズヒル・ドルメン(Brownshill Dolmen, Co. Carlow)にて古代遺跡の密集度がヨーロッパ一と言われるアイルランド。石器~青銅器時代の巨石古墳だけで約900、鉄器時代の砦も含めると、北海道とほぼ同じサイズの島に1000近い数の古代遺跡が点在していることになります。900ある巨石古墳のうち、ドルメン(Dolmen)と呼ばれるポータル・トゥーム(Portal Tomb=支石墓)が約200。紀元前4000年頃に始まる新...

続きを読む

ラウンドタワーめぐり!

昨日は南東部の灯台めぐりのような1日でしたが、今日はラウンドタワー(Round Tower)めぐり。1日に3つの違ったラウンドタワーへご案内しました。キルケニーの聖カニス大聖堂(St. Canice's Cathedral, Killkenny)のラウンドタワー。高さ30メートル。上部の見張り窓が6つあるのが特徴(通常4つである場合が多い)。写真は撮り忘れたので2007年撮影のものですキルデアの聖ブリジット大聖堂(St Brigid's Cathedral, Kildare)のラ...

続きを読む

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ