FC2ブログ
  • 2軒隣りのご近所さんが、3連休の家族旅行のお土産に…と、見事なヒマワリの花を届けてくれました!なんて立派なヒマワリの花!リビングがとたんに華やかに、軽やかに、明るくなりました🌻🌻🌻今日は集中してやらなくてはならないことがあり、あたふたしながら家で缶詰状態になっていたので、鮮やかなイエローに癒されました。嬉しい!そう言えば、パンデミック前のツアー中の車窓から一面のヒマワリ畑を目にして、うわ~、まるでスペイ... 続きを読む
  • 週末にエキスケリーへ映画のセットを見に出かけた際、近くのパワーズコートの滝(Powerscourt Waterfall, Co. Wicklow)へも立ち寄りました。パワーズコートと言えば18~19世紀の屋敷と庭園(Powerscourt Estate House & Gardens)が有名ですが、落差121メートルの大滝も見ごたえたっぷりです。晴天の日曜日とあって、駐車場がオーバーフロウするほどの賑わい。崖の斜面を流れる滝が見事なのはもちろん、写真左のモンキーパズルの... 続きを読む
  • 仕事の帰りにちょっと遠回りをして、以前から見たかったムーンのハイクロス(Moone Hight Cross, Moone, Co. Kildare)を見に行ってきました。ダブリンからキルケニーへ向かう高速道路をそれて、田舎道へ。緑の牧草地と大麦畑が一面に広がり、いかにもアイルランド南東部らしい豊かな大地が目にまぶしいほどです。ムーンのハイクロスは、アイルランド島に数あるものの中でも、そびえるようなその高さと独特の彫刻スタイル知られて... 続きを読む
  • 今日は夏至。北半球では昼の時間が一年でもっとも長くなる日ですが、緯度の高いアイルランドでは、この時期の日の入りは夜10時前後。妖精や魔女がとくに活発になる、マジカルな時でもあります!アイルランドには古代の太陽信仰との関連が示唆される巨石遺跡が数多くありますが、冬至の朝日が差し込むニューグレンジ遺跡など、いずれも春夏秋冬の太陽の動きに合わせて建造されています。夏至の夕日が差し込むのはスライゴのキャロウ... 続きを読む
  • 仕事でオフィスに行き、まるで空が壊れてしまったかのような土砂降りの中を、車ごと泳ぐかのようにして帰宅。こういうのを英語で「It's raining cats and dogs」(←文字通りに訳すと「ネコや犬が降ってます」)と言うんですよね。その昔、学校の英語の時間に習い、こんな表現を実際に使うことがあるのだろうか…と思ったものでしたが、今日はまさにネコや犬だけでなく、アイルランド・バージョンでヒツジや牛も降らせたいほどでした... 続きを読む
  • このところ天気予報は雨なのに、結局は予報に反して晴れる…という日が続いています。天気が悪いですよー、外に出ないでくださいー、と、人出を減らすための気象庁の感染予防対策?…って思ってしまうほど(笑)。昨日も、前日まではほぼ一日中雨の予報だったので出かける予定はしていなかったのですが、朝見たら雨マークが消えている!それならもう一度、ブルーベル・ウォークをしに森へ行きましょう、と、先日行ったキリントーマス... 続きを読む
  • 週末にダブリンのボタニック・ガーデンズ(Botanic Gardens, Dublin 9)でアイリッシュ・ブルーベル(アイルランド/イギリス原産の在来種)に会えなかったことが心残りで、今日は森へ行ってみました。ダブリンから車で小一時間、カウンティー・キルデアにあるキリントーマス・ウッズ(Killinthomas Woods, Co. Kildare)へ。国内に何か所かあるブルーベルの群生地の中では、ここがいちばんダブリンに近そうです。幹線道路を外れ田... 続きを読む
  • 仕事に行く途中、幹線道路で事故があったので田舎道へ迂回したところ、レモンイエローのカーペットを一面敷き詰めたような光景が目に飛び込んできました。まるで青空に広がる黄色の海のよう。行くときは急いでいたので、帰りにもう一度同じ道を通り、車を停めて眺めました。鮮やかなレモンイエローが一面に。セルブリッジ(Celbridge, Co. Kildare)近くにて正体は菜の花畑です!そう言えば、コロナ禍前の過去数年、こんな頃にアイ... 続きを読む
  • 朝はニューグレンジからのライブ配信、そして夜は木星と土星のグレートコンジャンクション…と、今年の冬至はなんとイベントフルなんでしょう。20年おきに起こるグレートコンジャンクションですが、今回は1623年以来の大接近で、肉眼で見える時間帯に起こり、しかも冬至にピタリ重なるなんて絶対に見逃せない…と、南東の空が広く暗い場所で必ず観測しよう!と以前から計画していました。冬至当日の今日は天候がすぐれず見えそうにな... 続きを読む
  • 皆さん、ハッピー・ソールスティス!(Happy Solstice=冬至おめでとう)ニューグレンジ遺跡(Newgrange, Co. Meath)からの冬至のライブ中継、ご覧になっていますか?昨日、今日と2日間の配信が終了し、残すはあと1日ですね。→Winter Solstice at Newgrange 2020初日の配信より、ニューグレンジの責任者クレア・タフィーさん。過去に私がさせていただいたTV撮影も、昨年の義民太鼓の演奏も、彼女なしでは成しえなかった!いつもお... 続きを読む
  • 今日は寒かったけれど空気が澄んだ美しい日で、日没後の南西の空に白く明るい星がキラリ光っているのがよく見えました。さらによ~く目を凝らすと、その左斜め上にもうひとつ小さい星がキラリ。実はこの2つは惑星で、大きい方が木星、左上の小さい方が土星です。自宅前から写真撮ってみましたが…煙突の右に光っているのが木星、土星は煙突の真上にかすかに映っていますが写真だとほとんど見えませんね星占いのお好きな方は、昨年あ... 続きを読む
  • 友人ディヴィッドがその内容を絶賛し熱く語るのに感化され、ミシェル・オバマさんの著書『Becoming』を読みました。一昨年出版されて話題となったもので、『マイ・ストーリー』(集英社)のタイトルで日本語訳も出ていますよね。生い立ちから、弁護士時代のバラク・オバマとの出会い、キャリアと子育て、ホワイトハウスへの道、ファーストレディとしての8年間が、実直で飾らない言葉で綴られた自叙伝。ミシェルさんの地に足の着い... 続きを読む
  • 数日前、タラの丘(Hill of Tara, Co. Meath)へ動画を撮りに行ったとき、以前から気になっていた近くのラウンドタワー(Round Tower)を訪ねてみました。ボイン渓谷の観光の際によく通る道沿いにあるのでいつも車窓から見ているのですが、大型バスが停められないため、一度も立ち寄ったことがなかったのです。ドナモア墓地(Donaghmore Round Tower & Cemetery, Co. Meath)、ナーヴァン(Navan)とスレーン(Slane)を結ぶN51号... 続きを読む
  • まるでおとぎの国のようなライトアップ。夜が長くなったからこそですね今日は夕方から、キルデアヴィレッジ(Kildare Village, Co. Kildare)へ出かけてきました。ダブリン市内から車で小一時間ほどのアウトレットモール。木・金は夜9時まで営業しているので、夕方から出かけて十分楽しめます。(土~水は夜8時まで)ハロウィーンが終わったばかりですが、すでにクリスマス一色。ぶらぶらとそぞろ歩くだけでも楽しい♪今夜のお目当... 続きを読む
  • 先週のO様ご夫妻との旅で、南東部ウェックスフォードの町の近くにあるジョンズタウン・キャッスル(Johnstown Castle, Co. Wexford)を訪ねました。1000エーカー(約400ヘクタール=東京ドーム80個分!)の広大な敷地にたたずむ、19世紀のゴシック・リバイバル様式の城館城の敷地はこれまでも一般開放されていましたが、城内が公開されたのは今年6月から。過去の栄光を再現することを目的に、4年間かけて大々的な修復がほどこされ... 続きを読む
  • ピンク色のカップ咲きのイングリッシュ・ローズがきれいに咲いていました夏が再来したかのような素晴らしいお天気が続いています。季節の変わり目も乗り越え、「インディアン・サマー(Indian Summer=小春日和)」の到来でしょうか。この2日間、ご案内中のO様とウィックロウの瀟洒なマナーハウス、ティネキリー・ハウス(Tinekilly House, Rathenew, Co. Wicklow)に宿泊していました。19世紀に大西洋横断電線を海底に設置すると... 続きを読む
  • 夏の終わりに咲くヒースは、淡いピンク色の小さな花今日は終日、ウィックロウ(Co. Wicklow)の景勝地めぐり。ヒースの花が野山を一面ピンク色に染めあげ、それはそれはきれいでした。アイルランドには数種類の「ヒース(Heather)」と呼ばれる花があり、色が濃く、花ぶりが大きなものから咲き始めます。今咲いているのは、「アイリッシュ・ヘザー」と呼ばれる色が淡い小さな花。ウィックロウの野山やサリー・ギャップ(Sally Gap... 続きを読む
  • アイルランド南東部にある名城、リズモア城の庭園(Lismore Castle Garden, Co. Waterford)を散策。イギリスのダービシャー州にあるチャッツワース・ハウスを本宅とする、デヴォンシャー公爵家の城。現在も公爵家所有のため内部の見学はできませんが、庭園は有料にて見ることが出来ます。(城に宿泊したい場合は、執事付きでまるごと貸し切り可!)1185年イギリスのジョン王により築城、19世紀の改築を経で現在の姿に。壮麗な城の... 続きを読む
  • 昨日より周遊ツアーが始まり、ご家族3名様のプライベート旅行をご案内させていただいています。旅の始まりはアイルランド南東部から。アイルランドの歴史に非常に興味を示してくださるので、ウェックスフォード(Wexford)からウォーターフォード(Waterford)への移動途中、せっかくなのでニューロスにあるダンブローディ号(Dunbrody Famine Ship、New Ross, Co. Wexford)をお見せしました。かつてアイルランドが貧しかった時代... 続きを読む
  • アイルランド南東部のウェックスフォード(Wexford)に、先史時代からのアイルランドの歴史をレプリカで再現した野外博物館、アイリッシュ・ナショナル・ヘリテージ・パーク(Irish National Heritage Park, Co. Wexford)があります。今週ここへお客様をご案内する予定があるのですが、ずい分前に立ち寄ったきりしばらく行っていなかったので、昨日友人を誘って、下見に出かけてきました。ダブリンから、ウィックロウの山や緑きら... 続きを読む

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信!
【新規講座】 →詳細決まり次第お知らせいたします!

見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ