FC2ブログ

記事一覧

サンセットSUP in ホウス!

夏の日のなかなか暮れない夕陽がまぶしい…そろそろ大西洋岸へサーフィンに行きたいのですが、自分の予定と波予報がなかなか合わず。今週末は…と願っていましたが波のサイズが上がらなかったので、東海岸に残っていたサーフ仲間たちとホウス(Howth, Co. Dublin)でSUP(スタンドアップパドルサーフィン)をしました。夕方6時にホウス・ハーバーを出発して、対岸のアイランズ・アイ(Ireland's Eye)と呼ばれる島へパドルアウト。マ...

続きを読む

ポートランにて楽しい夏の日

ここ数年、夏になると友人スティーヴンのご両親の海辺の家に遊びに行くのが恒例となっています。ダブリン市街地から車で30分程、北郊外のポートラン(Portrane, Co. Dublin)。今や何件ものモーバイルホーム(休暇用の仮設住宅)が立ち並ぶ一角ですが、約50年前にスティーヴンのご両親がキャラバンカーで到着し、家畜を追い出したりしながら避暑地として整えていったのが始まりだそう。※過去ブログ参照→ポートランの夏の夕べ/ポー...

続きを読む

ダブリンの街の名は泥炭水に由来

おとといのオンライン・カルチャー講座「泥炭の不思議」終了後、講座にご参加下さった、以前にご案内させていたっだいたお客様が「ナオコさんの話を聞いて(滞在した)スライゴの街の川の色が黒かったことを思い出しました」とメールをくださいました。それを見て、ああ、その話をすれば良かった、と今さらながら思いつきました。そう、スライゴだけでなくアイルランドの川や湖の多くは、泥炭地を流れてくるせいで黒ずんだ色をして...

続きを読む

泥炭地でフィールドワーク!

次の土曜日の第2回アイルランド・カルチャー講座の準備の一環で、今日はダブリン・ウィックロウ・マウンテンズ(Dublin Wicklow Mountains)の泥炭地へフィールドワークに出かけてきました。水浸しの泥炭地を歩くには長靴が必須。何千年もの歴史の証である大地をしっかり踏みしめてきました今週から国内の移動制限がなくなり週の初めからどこへでも出かけることが出来たのですが、とにかくお天気が優れず、今日やっと晴れ間が出た...

続きを読む

サンディコーヴ・ビーチとテディズ・アイスクリーム!

小さいお友達と海泳ぎ!10歳未満に加わる40代一名(笑)昨日夏至を迎えたアイルランド。今、夜の10時過ぎですが外はまだ明るい!父の日でもあった今日、お天気にも恵まれ、午後のひとときを海で過ごしました。サーフ仲間にパパ友コミュニティーがあって、パパでもママでもない私ですがなぜか彼らと仲良しで、子連れで遊ぶときにしばしば仲間に入れてもらっています。そのうちのひとりにサンディコーヴ・ビーチ(Sandycove Beach, C...

続きを読む

キライニ―・ビーチで初泳ぎ!と雨上がりのジェラート

行動制限が半径20キロ(または県境)までになって最初の週末。サーフ仲間のニーヴとキライニ―・ビーチ(Kiliney Beach, Co. Dublin)で待ち合わせて、アイリッシュ海で泳ぎました!ダブリン南郊外、キライニ―のDART駅の前のビーチ。U2のボノやエッジ、エンヤの豪邸の近所です着いたとたん小雨が降り出し、ピクニック中の人たちが次々引き揚げていく中、泳ぐ気満々の私たちはどうせぬれるので気にしない(笑)。曇り空ですが気温は1...

続きを読む

ホウスのシャクナゲの森へ

今日から移動制限が半径20キロ以内、または、カウンティー(県)内となり、不要不急以外の小売店も多くが再開しました。ダブリン市街地の店は開店前から行列が出来たところもあったようですが、私が真っ先に行きたかったのはこちら。ホウス(Howth, Co. Dublin)の西洋シャクナゲ(Rhododendron)の森です。今年は見逃してしまうかな…と心配しましたが、なんとか花の時期が終わる前に間に合ったようです!こぼれんばかりに花をつけ...

続きを読む

グレンジゴーマンのマロニエの並木道

ここ数日、読書と調べものに明け暮れていましたが、今日は久しぶりに戸外へ。川向こうのグレンジゴーマン(Grangegoman, Dublin 7)へ散歩に出かけました。昔からの住宅地に取り囲まれた、隠れ家的な緑地です19世紀の精神病院跡地。10年位前までは廃墟と化した古い建物の点在するうっそうとした空き地でしたが、近年整備されて、建物も修復&復元され、DIT(Dublin Institute of Technology=ダブリン技術学院)という大学のキャン...

続きを読む

久しぶりのフィッシュアンドチップス!(クロンターフにて)

久しぶりにフィッシュアンドチップスを食べました!これまでも近所でテイクアウト出来たでしょうが、フィッシュアンドチップスはどこで食べてもいいというものではなく、やはり魚が新鮮でちゃんとした油で揚げているところでないと。外出が半径5キロまで広がり、ダブリンのフィッシュアンドチップスの老舗ベショッフ(Beshoff Bros)が私の5キロに含まれたので行ってみました。(レストラン、カフェはテイクアウトのみ営業して良い...

続きを読む

引き潮のサンディマウント・ストランドにて

引き潮のビーチをひたすら歩く…!風の強いどんよりした日でしたが、夕方から青空が広がり太陽がさんさんと輝き始めたので、ビーチへ出かけてみました。今週から外出が半径5キロに広がり、私の行動範囲に海が含まれたのです!家からいちばん近いサンディマウント・ストランド(Sandymount Strand, Dublin 4)へ。海へ来るのは本当に久しぶり。浜辺を波とたわむれながら歩くはず…でしたが、なんと引き潮で水が見えない。(笑)広大な...

続きを読む

アイリッシュ・ラグビーの殿堂、アヴィヴァ・スタジアム見学

今回のラグビーワールドカップで日本に敗れたアイルランドに、リベンジのチャンスが。約1年後、2020年11月21日(土)に、日本VSアイルランドの国際試合が行われることが正式に決まりました。それもダブリンで!→Ireland to welcome Japan to Dublin in 2020(RTE News)日本代表のアイルランド遠征は2000年11月以来、20年ぶり。その20年前の試合を、実は私は観戦しています!アイルランドに住み始めたばかりで当地の事情もよく分っ...

続きを読む

ブレイの人気カフェ、メゾン・モリ

先週いっぱいで今シーズンの仕事がほぼ終了。ダブリン・ベースの仕事がまだ数件あるものの、取りあえず今週はしばらくぶりのオフなので、久しぶりに友達と会ったり出かけたりしています。今日はブレイ(Bray, Co. Wicklow)で友人ニーヴとランチ。海で会うことが多いサーフ仲間のニーヴですが、この夏はお互い忙しくあまり海へ行けなかったので、彼女の職場近くでランチすることにしました。以前よりニーヴから聞いていたブレイの...

続きを読む

新オープンのアイルランド文学博物館「Moli」

数日前のことですが、先月ダブリンに新しくオープンしたアイルランド文学博物館(Museum of Literature Ireland, Dublin 2)を見に行ってきました。頭文字を取って、「Moli(モリ)」と呼ぶようです。セント・スティーブンス・グリーン(St Stephen Green)南面にある、19世紀のニューマン・ハウス(Newman House)を博物館として公開。ジェイムズ・ジョイスのバナーが出ていますニューマン・ハウスは、1854年創立のカトリック教徒...

続きを読む

久しぶりに…ホウスで秋のクリフ・ウォーク

日本から来ているお知り合いの方をお連れして、ホウス(Howth, Co. Dublin)へ。久しぶりにクリフ・ウォークを楽しみました。まるで湖面のような静かな海。秋の光を受けて輝いていましたすっかり茶色くなってしまったヒースの花ですが、ところどころピンクに咲き残っているところも。黄色いエニシダとのコンビネーションが夏の名残を感じさせてくれますブラックベリーを摘みたいと思うのですが、手の届くところは収穫済み、または...

続きを読む

ダブリンが一望できる山の上のパブ、ザ・ブルー・ライト

今日のダブリンは雲ひとつない晴天!撮影で、ダブリン湾とダブリン・シティーが一望できる山の上のパブにやってきました。抜けるような青空!これで夕方5時頃、見晴らし抜群の駐車場に設置されたベンチで、パイント片手にさんさんと輝く太陽をあびる地元の人々ダブリン南郊外のサンディフォードより山を登ったところにある、ザ・ブルー・ライト(The Blue Light, Dublin 18)という名のパブ。ダブリンのカラーはブルー、それにちな...

続きを読む

お城のキッチンでお料理教室!(ホウス・キャッスル・クックリー・スクール)

「アイルランド料理を習いたい!」というご希望をくださった女性4名のグループさんをお連れして、お料理教室へ。古城のキッチンでお料理体験の出来る、ホウス・キャッスル・クックリー・スクール(Howth Castle Cookery School, Howth, Co. Dublin)へご案内しました。中世の古城に隣接する、18世紀のキッチン。現在は城の建物と通路でつながっていますが、匂いが城にもれないよう、当初はあえて離して建てられたそう12世紀に歴史...

続きを読む

イチゴのタルトがおいしいカフェ(Le Petit Parisien)

久しぶりの休日。…といっても、先週のTVロケの残務整理や次の仕事の準備で何かと忙しく、今日中に済ませないとならない用事もいくつかあり、久しぶりにダブリンの街へ。アポの間にしばし時間の隙間が出来たので、雨宿りがてらお気に入りのフレンチ・カフェへ。ここのイチゴのタルトが絶品なのです!Le Petit Parisien17 Wicklow Street, Dublin 2.Tel: 01-6771225フレッシュでジューシーなイチゴとカスタード、サクサクのタルトの...

続きを読む

ポートランで過ごす夏の午後

おそらくこの夏最初で最後の週末オフ。波がなく残念ながら西海岸へ行くのは断念したものの、最高のビーチ日和!友人スティーブンがご両親と滞在しているダブリン郊外ポートラン(Portrann, Co. Dublin)のビーチへおじゃまして、アザラシ・ウォッチングをしながら沖へパドル・オフしました。ランベイ島を見晴らすポートランのビーチ。サーフィン出来る波はきませんが、アザラシが泳ぎ、鵜が飛び交う自然のままの美しいいスポットで...

続きを読む

夏の夜はパヴィリオン・バーで

久しぶりに予定が合い、サーフ・クラブの月例ソーシャル(飲み会)へ。月に一度パブに集まって行う、メンバー同士の親睦会です。今日はトリニティー・カレッジのキャンパス内にあるパヴィリオン・バー(Pavillion Bar, Trinity College Dublin, Dublin 2)に集合。大学のスポーツ・クラブが運営するバーですが、一般の人も自由に利用できます。気候のいい夏の時期は、バーに面したクリケット用グランドがビール片手にくつろぐ人で...

続きを読む

タラの丘に夕日が沈む…

ヨーロッパに熱波がきているせいで、アイルランドも晴天続き。フランスなど大陸のヨーロッパでは日中30度台後半にまで気温が上がっているようですが、こちらは上がって23度ほど。日差しは強いですが空気はいつもどおり清涼で、なんともさわやかな日々です。おとといのコーズウェイ海岸で見た夕焼け空があまりにきれいだったので、今日もお客様とご一緒に見に行くことに。タラの丘(Hill of Tara, Co. Meath)近くのホテルに宿泊し...

続きを読む

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
6月20日(土)~無料お試し回+全6回
毎週土曜20:00~(各45分)
→詳細&お申込みはこちら
(ライブ配信終了、見逃し配信購入可能)

★岡山市にて講演
2020年10月
→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月
→詳細は追ってお知らせします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ