FC2ブログ

記事一覧

タラの丘にサンザシが満開

小雨で始まった一日でしたが、午後からきれいな青空に。タラの丘(Hill of Tara, Co. Meath)ではサンザシがいっぱいに咲き誇り、夢のような美しさでした。サンザシの巨木の下を潜り抜けて丘へまるで5月の雪のよう。甘やかな香りが一面に…昨日今日の2日間、毎年来て下さる添乗員Mさん率いるグループさんのご案内でした。お客様の中にはアイルランド2度目、3度目というリピーターの方もいらっしゃり、お顔を見て、「昨年もお会いし...

続きを読む

靴下になった草間弥生さん

アイルランド国立美術館(National Gallery of Ireland, Dublin 2)のミュージアム・ショップは、おしゃれでユニークでなギフトが見つかる穴場ショップ。美術館に行くといつも立ち寄るお気に入りショップで、最近、気になっているのがこれ。じゃ~ん、我が故郷・信州が誇る、世界の草間弥生さん…の靴下!Hi! I'm Yayoi Toesama = ハイ!私は「トウサマ・ヤヨイ」よ!…と、ラベルに書かれているので、名前が間違ってる~と最初は...

続きを読む

日曜日のクリフ・ウォーク(ブレイ~グレイストーンズ)

今日は波予報が良かったので本当はスライゴへ日帰りでサーフィンに行きたかったのですが、前後に仕事が詰まっていて丸一日つぶすわけにはいかず、断念。せっかくの日曜日のオフ。代りにダブリン近郊で何かしましょう、と思っていたところ、仲良しのアンマリーがクリフ・ウォークに誘ってくれました。ダブリン近郊ではポピュラーな、ブレイ(Bray)~グレイストーンズ(Grreystones)の6.2キロのルートです。⇒過去ブログ:ブレイ~...

続きを読む

聖パトリック大聖堂の真っ赤なチューリップ

季節に合わせてアレンジされる、聖パトリック大聖堂(St Patrick's Cathedral, Dublin 8)の花壇。今、真っ赤なチューリップが見事です!白いチューリップのつぼみがふくらんでいたので、もう少ししたら紅白、もしくは白一色になることでしょう!〈過去ブログ〉2017年5月→聖パトリック大聖堂のチューリップ2017年8月→聖パトリック大聖堂のコスモス2018年3月→聖パトリック大聖堂の春の花壇...

続きを読む

青空にセント・パトリックス・タワー

ここ数日、なんと素晴らしいお天気が続くことでしょう。まるで春をとばして、初夏がやってきたかのような今日のダブリン。なんと、日中の最高気温18度でした!ビーチへ行きたい気分でしたが、あいにく車の修理中で足がない。せめても水に入りたい…と思い、近所のプールで泳いできました。抜けるような青空!プールのあるジムの入り口正面に見える、高さ45メートルのセント・パトリックス・タワー(Saint Patrick's Tower)ですこの...

続きを読む

ギネス・ストアハウスもシックス・ネイションズ仕様に

今日は久しぶりに、団体ツアーさんのダブリン市内観光。ギネス・ストアハウス(Guinness Storehouse)へ行くと、ギネス色の巨大ラグビー・ボールが。ここで記念写真を撮るのが定番♪今年からギネスがシックス・ネイションズの冠スポンサーとなり、試合中もフィールドにGUINNESSの文字が大きく映し出されていますよね。ストアハウスもすっかりシックス・ネイションズ仕様にして、盛り上げています!ショップには六か国それぞれのTシ...

続きを読む

ダブリンでナイター・スキー!

来月フランスへスキーに行くので、今日は練習&スキー気分を盛り上げるため(!)、友人とダブリン郊外の練習場へ滑りに行ってきました。(過去ブログ→ダブリンでスキーを楽しむ!)滑走中の黒い人影は、サーフ・バディでもありスキー・バディである友人ディヴィッドアイルランドですからもちろん雪はなく、スロープの上に人工芝のようなものが敷かれていて、スプリンクラーで常に水がまかれている状態。昨年行ったときは本物の雪...

続きを読む

D8に戻ってきたフリー・マーケット「ブロカント」

かつて、サーフィンに行かない週末の仲間とのブランチは、ニューマーケット・スクエアにあったマーケット内のカフェが定番でした。ダブリン生協の生鮮市場でしたが、日曜日はフリー・マーケット(蚤の市)や多国籍イベントの日となり、にぎわったものです。それが一昨年だったでしょうか、新開発の波に飲まれ、惜しまれながらもクローズ。新世代の生活の場として人気のダブリン市街地のフリンジ・エリア、D8(=ダブリン8地区)か...

続きを読む

トリニティー・カレッジのキャンパス・ツアー

今日はアイルランドに語学研修にいらした、大学生グループさんのご案内。1592年創立の国内最古のトリニティー・カレッジ(Trinity College Dublin, Dublin 2)の構内を、トリニティーの現役の学生さんが案内するキャンパス・ツアーで見学していただきました。通訳なしの英語の説明に熱心に聞き入る皆さん、これも語学研修の一環だそう。背後の赤レンガ館は、1699年に建てられたキャンパス内最古の建物。学生と教授の宿舎として現在...

続きを読む

ブッシィー・パークの土曜マーケット

早朝にクルーの皆さんをダブリン空港をお送りし、TVロケの仕事も終了。早起きついでに、友人を誘ってブッシィー・パーク(Bushy Park, Terenura, Dublin 6)のマーケットへ行ってみました。毎週土曜日11時頃から屋台、露天がずらり並びます気持ちのいい秋晴れのもと、マーケットは大盛況。友人デミアン&トリッシュ夫妻のカップケーキ屋さん(The Cupcake Store)にも遭遇。小さなお客さまで大賑わいこちらのカップケーキ、めちゃ...

続きを読む

ジェイムソン・ウィスキーのカクテル作り教室

ウィスキー関連のグループさんのご案内で、ジェイムソン・ウィスキーの「カクテル作り教室」に参加。→Whiskey Cocktail Making Class(Jameson Distillery Bow St.)本職のバーテンダーがデモンストレーションしながら、ウィスキーを使ったカクテルの作り方を教えてくれます。ジェイムソンのエプロンをつけて、いざ開始(このエプロンは館内ショップで販売しています)目の前にひとりづつ必要な材料や道具が置かれています初めての...

続きを読む

ヒースの花に囲まれてクリフ・ウォーク(ホウス)

今日はグループ・ツアーのお客様をホウス(Howth)へご案内。久しぶりにクリフ・ウォークを楽しみました。青空とさわやかな空気がなんとも気持ちいい♪この時期、海沿いの土手一面に咲き乱れるヒースの花がなんとも可愛らしく、ウォーキングの楽しみも倍増します。ヒースは何種類かありますが、今見ごろなのは、夏の終わりに咲く色も花ぶりも小さ目のタイプ。アイリッシュ・ヘザー(Irish Heather)と呼ばれます秋咲きのハリエニシ...

続きを読む

ボイン渓谷で新たな遺跡発見!巨石古墳と謎めいたサークル

古代遺跡の密集度がヨーロッパいちと言われるアイルランド。ダブリンからの日帰り観光で人気のあるブルー・ナ・ボーニャ(Brú na Bóinne, Co, Meath/アイルランド語で「ボインの王宮」の意味)と呼ばれるエリアには、有名なニューグレンジ古墳(Newgrange)を含め、大小合わせて40の新石器時代の通路墓(Passage Tombs)が密集、ユネスコ世界遺産に登録されています。数日前そのエリアで、5500年前のものと推定される新たな通路墓...

続きを読む

食べたら長生き出来るかも?…ケヴィンズ・コーン(グレンダーロック)

初期キリスト教の教会遺跡のあるグレンダーロック(Glendalough, Co. Wicklow)。6世紀にここに修道院を創始した聖ケヴィンは、高貴な生まれで大変なハンサムだった上、長寿にも恵まれたそう。498年に生まれ、亡くなったのは618年6月3日とのことですから、今から1500年ほども昔に、なんと120歳まで長生きしたことに!遺跡の入り口にあるソフトクリーム屋さんは、その名も「ケヴィンズ・コーン(Kevin's Cone)」。これを食べたらケ...

続きを読む

ヘイ・ペニー橋から眺める夜の青空

リフィー川にかかる中でいちばんフォトジェニックな1816年建立の橋。本当の名前はリフィー橋ですが、かつて通行税としてハーフ・ペニー硬貨が徴収されたことからハーフ・ペニー橋 → ダブリン訛りで「ヘイ・ペニー橋(Ha'Penny Bridge)」として知らています周遊ツアーの狭間で、今週はダブリンの仕事が続きます。仲良しの女友達4人と久しぶりにディナー。夏の夜にふさわしく、おいしいお寿司とワイン、楽しいおしゃべりを堪能し...

続きを読む

サンディコーヴでスイミング

ダブリン湾をはさんでホウス半島を見晴らす。ダブリンっ子にお馴染みの泳ぎ場、フォーティー・フット(Forty Foot)にて今日は仕事のあと、ダブリン南郊外のサンディゴーヴ(Sandycove, Co. Dublin)へ泳ぎに行きました。連日の暑さでまるでアイルランドとは思えないような光景。老いも若きも水着姿でビーチに寝そべったり、海に飛び込んだり。人・人・人…でびっくり。上の写真と同じフォーティー・フット。岩場から飛び込む人が列...

続きを読む

新時代のおしゃれなウィスキー、ティーリング蒸留所

2015年、ダブリンに125年ぶりに新たに出来たウィスキー蒸留所、ティーリング(Teeling Whiskey Co., Dublin 8)。(過去ブログ参照→ティーリング・ウィスキー蒸留所)オープンから3年目を迎え、新たなブランドやグッズを開発したり、イベント用のプライベート・ルームを新設したりと好調の様子。今日は、先日観光関係のイベントで顔を合わせた担当者に呼ばれて、カジュアルなミーティングに出かけて来ました。(自宅の近所でもある...

続きを読む

古城でアフタヌーン・ティー(アードギラン・キャッスル)

紅茶をテーマにしたツアーさんのご案内。ダブリン近郊の古城、アードギラン・キャッスル(Ardgillan Castle, Balbriggan, Co. Dublin)にて、アフタヌーン・ティーを楽しみました。城内のキッチンで焼き立てのスコーン。イチゴとクリームがのっているのはビクトリア・スポンジ・ケーキ♪総勢10名でずらりアフタヌーン・ティー。アイルランドのモチモチ食パンと新鮮な具材のサンドイッチも美味でしたダブリン市内の高級ホテルでの今...

続きを読む

トリニティー・カレッジのルーフトップを眺める

ウェスティン・ホテル4階の部屋からトリニティーカレッジ(Trinity College Dublin)のルーフトップが見えて感激グループさんの周遊ツアーのご案内もいよいよ終盤。今夜は珍しく、ダブリンでホテル泊です。ダブリン市街地にある便利な高級ホテル、ウェスティンの客室(The Westin Dublin Hotel)グループさんがダブリン泊の場合は自宅に戻ることが多いので、ダブリン市内のホテルで一夜を過ごすのは私にとってはとても新鮮。仕事と...

続きを読む

いちめんの菜の花畑!

いちめん、黄色い絨毯!モナスターボイス(Monasterboice, Co. Louth)近郊にて終日ボイン渓谷のご案内。雨と風で肌寒く、あいにくのお天気でしたが、あちらこちらに見られる菜の花畑の鮮やかさに目を奪われました。お客様も感激してくださったので、車をとめて写真ストップ。花畑の中でいちばんテンションが高かったのは運転手のブライアン・笑(写真中央)近くで見てみると思ったより背丈が高く、花も大きかったですアイルランド...

続きを読む

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
島根県松江市にてトーク・イベント予定
2019年11~12月頃
→詳細は追ってお知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ