FC2ブログ

記事一覧

リーゾナブルでおいしいパスタ・バー、ダリッタリア

昨日までの仕事中、レコーディング・スタジオのすぐそばに安くておいしいパスタ屋を発見。イタリアン・レストランでもなく、ピザ専門店でもなく、パスタに特化したお店。ダブリンには珍しく、おそらく、ほかにないのではないでしょうか。「ホームメイド・フレッシュ・パスタ」の看板にひかれて入ってみましたDall'Italia(ダリッタリア)1 Grantham Street, Dublin 8Tel: +353 (83) 455 5330月~金 8:00~21:00、土 9:00~21...

続きを読む

今が旬、スプリング・ラムがおいしい!

撮影の素材探しももちろんですが、皆さんの日々の食事の段取りも大事な仕事。ダブリンのおいしいものを食べていただきたくて、あちらこちらのレストランにお連れしています。昨晩は、今が旬のラム肉を皆さんとご一緒に食べに行きました。骨付きのスプリング・ラム。お気に入りのファイアー・レストラン(Fire Restaurant, Dublin 2)にてこのレストランでは以前は北西部メイヨー(Co. Mayo)産のヒツジを使っていましたが、昨晩メ...

続きを読む

ダブリンで本場のチーズ・フォンデュを

フランス、ローヌ・アルプス地方でのスキー旅行で生まれて初めてのチーズ・フォンデュを食べ、そのおいしさに開眼。ダブリンにもフォンデュ専門のレストランがあることを知り、先日、一緒にスキーに行った友人たちを招集してフォンデュ・ディナーに出かけました。その名もエーデルワイス!ダブリンのフリンジ・エリアの中でも際立っておしゃれなカフェやレストランの多いラネラーにありますedelwise Restaurant(エーデルワイス・...

続きを読む

『ユリシーズ』に出てくる「カムデン・ストリートのデラハント」

以前から気になっていたカムデン・ストリートのバー・レストラン、デラハント(Delahunt, Camden Street, Dublin 2)へ行ってみました。2015年にオープンしたお店ですが、建物は19世紀の文化財。ビクトリア時代の装飾がそこここに残されています。おしゃれなタール・ブルーの店構え。にぎやかなカムデン・ストリートでひっそりと存在感を放っていますビクトリア時代を彷彿とさせる、入り口ドアの足元のオリジナルのタイル間口が狭...

続きを読む

ル・パン・コティディアン in ダブリン

チョリソ入りベイクド・エッグとサワードー・ブレッドのトースト。卵もパンもバターもオーガニックだそう東京で、ヨーロピアンなおしゃれなカフェとして、友人に連れて行ってもらっりして何度か行ったことのあるカフェ&ベイカリー、ル・パン・コティディアン(Le Pain Quotidien)。ベルギー発祥のフランチャイズチェーンで、芝公園、東京ミッドタウン、表参道…などにありますが、なんとダブリンのシティセンターにもオープンして...

続きを読む

ダブリンに新しいラーメン屋さん、オープン!(ラーメン・キッチン)

ダブリン市街地にほど近いストニーバター(Stoneybatter, Dublin7)にラーメン・レストランがオープン。親日家で、数年前に日本にも来てくれた友人ディヴィッド&クリスティーンの家の近所…ということで、昨晩2人と一緒に行ってみました。ラーメン・キッチン(Ramen Kitchen)56 Manor Street Dublin 7.Tel: +353 1 633 0004Open: 12:00–22:00テーブル予約はこちら(お店のHPはまだ準備中のようです)以前はジャヴァ・コーヒーだっ...

続きを読む

リフィー川沿いのカジュアルダイニング、PHXビストロ

先日、久しぶりに会うお友達と食事したレストランが手頃でおいしくて居心地よが良かったのでご紹介しておきます。PHX Bistro(ピーエイチエックス・ビストロ)12 Ellis Quay, Smithfield, Dublin 7.シティセンターの飲食店が密集したエリアからちょっぴり外れた、スミスフィールドに近いリフィー側沿いにあるお店。数年前からここにレストランがあるのは気がついていましたが、来たことはありませんでした。モダンだけどカジュアル...

続きを読む

ロッツ・カフェ・バーの石焼きステーキ

ダブリンのシティセンターにリーゾナブルな料金で食べられる石焼ステーキのお店がある!と聞き、昨晩、友人と出かけてみました。The Lotts Cafe Bar (ザ・ロッツ・カフェ・バー)9 Lower Liffey Street, Dublin 1+353 (0)1 8727669店内に入ると、肉がジュージュー焼ける音といい匂いがぷーん。なんだかすごい熱気で、まわりを見回すとほとんどの人が石焼ステーキを食べている!19時にテーブル予約して行きましたが、すでにほぼ満...

続きを読む

ダンレアリの老舗ガストロ・パブ、パーティー・キッチン

ダブリン市内の大学に留学中の知人の息子さんをお連れして、ダンレアリ近くのパーティー・キッチン(The Purty Kitchen, Dun Laoghaire, Co. Dublin)へディナーに出かけました。ダンレアリ港にほど近い、1728年創業の老舗パブ。カジュアルなシーフード料理が食べられる、ガストロパブとしても人気のお店です。夜にも映えるチャーミングな店構え。港を出発する人々を泊める宿屋だった時代もあったようです店の名の「パーティー(pu...

続きを読む

たまには…ラーメン(ザ・ラーメン・バー)

ダブリン在住の日本人の友人とランチ。ラーメンを食べに行きました。とんこつラーメン。チャーシュー、メンマ、味付けタマゴも入ってる!もやしをエクストラでトッピングしてもらいました2年ほど前にオープンした、ダブリン唯一のラーメン屋さん、その名もザ・ラーメン・バー(The Ramen Bar, 51 South William Street, Dublin 2)。開店当初に行ったきりしばらく行っていなかったのですが、先日、日本からのお客様のリクエストで...

続きを読む

おいしいパステル・デ・ナタ、ダブリンで発見♪

朝のダブリン市内観光。トリニティー・カレッジで休憩中、コーヒーを買いにアーツ・ビルディング(Arts Building)のカフェに入ると、なんとも甘~いいい香りが。ああ~、私の大好きなポルトガルのお菓子、パステル・デ・ナタ(Pastel De Nata)が山積みに~♪♪♪コーヒーだけ…のつもりが、誘惑に負けてつい、ひとつ。日本ではエッグ・タルトと呼ばれるようですね。ポルトガルへ行くと、朝昼晩と食べたいくらい大好きなお菓子です。...

続きを読む

夏バテにウナギ(の寿司ロール!)

ダブリン半日観光のご案内を終え、午後の予定の前におひとり様ランチ。実はちょっと夏バテ気味で、このところずっと食べたい~!と思い続けていたのがウナギ。本当はうな重…が食べたいのですが、ダブリンではちょっと難しいので、ウナギのお寿司をいただきました。(この気候で夏バテ…だなんて、酷暑の日本にいる皆さんには申し訳ないのですが。先週まで暑かった&暑さがとくに苦手なので、すっかり疲れてしまいました、スミマセン...

続きを読む

ダブリンの老舗ステーキハウス、F.X.バックリー

日本からの友人とディナー。ダブリンにご家族もいる彼女は年に数回こちらに来る機会があり、そのたび一緒に食事をするのですが、ここ数回は決まって「肉」。40代女子2人、お互いの近況を伝えあいながら、アイルランドのグラスフッド牛(Glass Fed=飼料を生草とする放牧牛)の赤身ステーキを思い切り食するのが恒例となりつつあります(笑)。今晩出かけたのは、ダブリンの老舗ステーキハウスとして知られるF.X.バックリー(F.X.Bu...

続きを読む

小さな日本食レストラン、ジャパニーズ・キッチン

ダブリンで長きに渡って親しくさせていただいてる日本人のお友達とランチ。評判を聞いてジャパニーズ・キッチン(Japanese Kitchen, Dublin 1)という日本食レストランへ行ってみたところ、カジュアルな街の定食屋さん…みたいな居心地の良さとおいしさでとても気に入ってしまいました。リフィー川にほど近い街角の小さなお店各種丼ぶり、うどん、日替わり弁当、寿司セットがどれも8~9.5ユーロとダブリン市街地でのランチとしては...

続きを読む

幸せのパンナコッタ(テラ・マドラ・カフェ)

昨日までの数日間、私の本「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」を持ってアイルランドに来てくださった女性ひとり旅のお客様を、北アイルランドや大西洋岸の名所にご案内させていただいていました。海外旅行経験豊富なお客様で、私と会う前の数日間はご自身でダブリンに滞在・観光。私の本を見てあちらこちらへ足を運びダブリンを楽しんでくださったと聞き、とても嬉しくなりました。中でも、47ページ掲載の「小さな小さなイ...

続きを読む

話題のインディアン・レストラン、ピックルへ

昨晩はいつもとちょっと趣向を変えて、インディアン・レストランへディナーに出かけてみました。エスニック料理はあまり得意ではないのですが、グルメな友人たちの間で「ダブリンのインディアン・レストランの中で群を抜いておいしい!」と話題になっていたピックル(Pickle Restaurant, Dublin 2)にがぜん興味がわき、カレーが食べたい!と言っていた友人を誘って行ってみることに。大人気で予約を取るのが難しく、10日程前に月...

続きを読む

もと印刷所のフードホール&レストラン(ドラード&コー)

レストランやカフェを備えた高級志向のおしゃれなフードコートといえば、ダブリンではファロン・アンド・バーン(Fallon & Byrne, Dublin 2)がよく知られていますが、この夏よく似たテイストのお店、ドラード&コー(Dollard & Co,, Wellington Quay, Dublin 2)がリフィー川沿いにオープン。このエリアはあまり日常的に通らないので行ってみるのが遅れましたが、先月やっと何度かのぞいてみるチャンスがありました。1886年に印刷...

続きを読む

予約の取れない、ミシュラン星付きレストラン

先月初め、英国&アイルランドの2018年度のミシュラン星付きレストランが発表され、13件のアイルランドのレストランが星を受賞しました。(2つ星が1件、1つ星が12件)★受賞レストランのリストはこちら→Ireland Has a New Michelin Star Restaurant – Read the Full Michelin Guide 2018 List Hereミシュラン・スター常連の高級レストランにまじって、アイルランドらしいユニークなお店も仲間入り。新たに加わったリスドゥンバルナ...

続きを読む

ギネス・ストアハウスのギネス・シチュー

アイルランドの名物料理として人気の牛肉のギネス煮込み。ギネス・ビーフ・シチュー(Guinness Beef Stew)と呼ばれ、観光客が立ち寄るパブ・レストランなどのメニューで見かけることの多い料理です。ギネス・ストアハウス(Guinness Storehouse, Dublin 8)では、このシチューを作る専門のシェフがいると以前に聞いたことがあります。5階のレストランで食べられますが、1階のカフェでも手軽に味わうことができます。先日、ストアハ...

続きを読む

ローリーズ・ビストロでランチ

やさしいお味のビーフの蒸し煮込み料理ダブリンに暮らして17年になりますが、私が最初に来た頃はまだレストランの数が少なかったので、当時からあって今も人気を保ち続ける老舗レストランというのは数えるほどしかないように思います。そのひとつがボールスブリッジにあるローリーズ・ビストロ(Roly's Bistro, Ballsbridge, Dublin 4)。1992年オープン、ダブリンに経済成長が起こり、グルメ・ブームに湧き始める2000年代以前より...

続きを読む

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
出張ケルト市 in ねりま
2018年12月2日(日)13:00~17:00
練馬文化センター(入場無料)
14:00~サイン会します♪
→ご来場ありがとうございました!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ