FC2ブログ

記事一覧

写真家の和田直樹さんと

ここ数日、ダブリン・ベースの仕事だったので、仕事の前後に友人知人と会う機会を多く持てました。一昨日は、過去数年親しくさせていただている、写真家の和田直樹さんと食事。(和田さんプロフィールはこちら)レストランの暖炉の前で和田さんと記念写真ご自身のライフワークとしてアイルランドを撮り続けてくださっている和田さん。毎年夏に撮影旅行にいらっしゃるのですが、私のツアー中にばったり会ったことも。昨年は2時間か...

続きを読む

秋の気配…

8月も半ばに差しかかり、気づけば盛夏は過ぎ、秋の気配です。このところ毎日にわか雨が降り、ひと雨ごとに夏から秋へ。今朝ジョギングに出かけようと玄関を開けたら空気がピリッとして、「ああ、夏は終わったな…」と感じました。ナナカマドの実も気づけば赤く色づいて…アイルランドは6月後半~7月が盛夏、8月の声をきくと、日差しも空気も明らかに変化してきます。日本はまだまだ残暑厳しいようですが、こちらは残温…といったとこ...

続きを読む

友人キーラのウェディング・パーティー

昨晩は友人キーラの結婚披露パーティー。リフィー川を見晴らすダブリン市内のレストラン、ウールンミルズ(Woollen Mills, Dublin 2)のプライベート・ルームにて、新郎新婦の友人・家族、総勢50~60人が集い、楽しい夜を過ごしました。元はウール製品を中心に扱う衣料品店。2012年に125年の歴史に幕を閉じ、店の名もレトロな建物もそのままにレストランとして生まれ変わりました数年前に出会ってゴールインしたキーラ&パディー(...

続きを読む

スティービー・ワンダー in ダブリン!

TVのロケハンが終了し、5時間ドライブしてダブリンへ。久しぶりにダブリンで過ごす夜、友人たちと連れ立ってスティービー・ワンダーのコンサートへ行ってきました!少し早めに集まって、コンサート会場近くのイタリアン・レストランでディナー。総勢10名程の友人、そのまた友人たちと連れ立って、いざ、会場の3アリーナへチケットが発売されたのは4月頃。その時点では私は行けるかどうか五分五分でしたし、スティービー・ワンダー...

続きを読む

アメリカにノーと言えないアイルランド?

訪日でメディアをにぎわせたばかりのアメリカのトランプ大統領ですが、今度はこちらへ。本日ロンドンに到着し、あさって(水曜日)にはアイルランドにもやって来るとあって「Not Welcome(歓迎しない)」の抗議デモが国内各地でスタンバイを始めているようです。本日付けのIrish Independentより転載。ダブリンでは4000~6000人規模のデモが予想されるとか→Protesters insist Donald Trump not welcome in Irelandトランプ大統領は...

続きを読む

軒下のバラたち、次々に開花

2週間ほど前から咲き始めた我が家のバラたち。その後順調に開花を続け、玄関先でかぐわしい香りを放ってくれています。今年は特によく咲いてくれているシャーロット。背後のピンク色はメアリー・ローズ、最初の2~3個は花の形がちょっと変でしたが、その後は通常通りの見事な大輪となり、そろそろ一番花は終了イングリッシュ・ローズは、咲き進むに従い花の形がだんだん変化していきます。どちらもシャーロットですが、咲き始めの...

続きを読む

サンザシ、フジ、キングサリ…が花盛り♪

朝のジョギングの道すがら、どこもかしこも花盛り。5月は、木に咲く花が咲きそろう季節。サンザシ、ナナカマド、マロニエなど白い花が多い中、今朝は木に咲くカラフルな花が目を引きました。ピンクのサンザシ(Howthorn)。通常サンザシは白ですが、まれにピンクに出会うととっても嬉しい♪かなりの巨木です。写真では背後になってしまいましたが、白いサンザシと並んで立っていました。戦没者慰霊公園(War Memorial Garden, Dubli...

続きを読む

バラの開花と夏の花の植え付け

2~3日前から、我が家のバラの花が咲き始めました。今年も例年通り、いちばん乗りの開花はメアリーローズ(Maryrose)でしたが、花の形がちょっと変…。(→過去ブログ参照:メアリーローズ、今年もいちばんのりで開花)一番花なのに小ぶりで色も薄い(涙)暖冬だったのに春先に寒くなり、新芽や蕾が成長する時に気温の低い日が続いたためでしょうか。昨年、豊作だったテス・オヴ・ザ・ダーヴァヴィルも蕾の形がおかしいので、今年の...

続きを読む

ブラックバード(クロウタドリ)のさえずり

昨日のダブリン市内観光中、聖パトリック大聖堂のガーデンで美しい鳥のさえずりが聞こえてきました。「これは何の鳥の鳴き声ですか?」とお客様が質問されるので、木の上を見上げてみると、ブラックバード(Blackbird)の姿が。全身真っ黒で、口ばしだけがオレンジがかった濃い黄色。カラスよりひと回り小さいサイズの、アイルランドではよく見かける鳥です。木の高いところにいて写真が撮れなかったので、Wikipediaより転載させて...

続きを読む

お隣りのネコ

周遊ツアーも終盤となり、旅の執着地ダブリンへ。約1週間ぶりに自宅に戻ると、玄関扉の前にネコがでーん。私のネコじゃなくてお隣りさんの子!まるで自分のウチかのようにしれ~っとすわり込み、帰宅した私を一瞥したきり、まったく目を合わせようとしない(笑)お天気も良かったし、私の留守をいいことに毎日ここで日向ぼっこしていたのかな。まあ、いいですけど、別に(笑)。その後、私が花の水やりをしている間に我が家に侵入...

続きを読む

電車の中で迎えた平成から令和

日本では新元号となり、まるで、ゆく年くる年さながら…に盛り上がったようですね。平成の約3分の2を日本国外で過ごした私にとっては、なつかしい日本はいまだ昭和だったりするので(笑)、日本にいる皆さんのような感覚で平成を振り返ることは出来ていないと思いますが、30年間ご苦労くださった天皇皇后両陛下には心より敬意と感謝の気持ちを示させていただきたい。今後はごゆっくりと、お2人の時間を過ごしていただきたいと願うば...

続きを読む

ピンクの絨毯...

例年より春が早かった今年のアイルランド。いつもは4月下旬が見頃八重桜も、ダブリンではもうこんなに散ってしまいました。ピンクの絨毯にもうひと息!本日、市内観光でご案内した聖パトリック大聖堂のガーデンにて日本はゴールデンウィークですね。今年は10連休のおかげで、アイルランドも日本からのお客様が多く、嬉しい悲鳴です♪...

続きを読む

まだ4月なのに、もうバラが咲いた!

今朝、出がけに軒下のバラが咲いているのを発見!明け方に降った雨にぬれつつも、鮮やかなピンク色。2週間ほど前から咲きそうだったのですが、寒の戻りで蕾がフリーズしたのでしょう、ちょっとイジイジした咲き方になってしまいました毎年いちばん乗りで咲くメアリー・ローズ(Mary Rose)ですが、4月に咲くのは前代未聞。昨年より1ヶ月も早い開花ですが、今のところこれ1本だけなので、「開花宣言」というより、「狂い咲き」…?(...

続きを読む

知った顔によく会う街、ダブリン

今日は終日、これから語学学校に通いながらダブリンに短期滞在されるという、女性おひとりの方をご案内。街の見どころやお勧めのカフェやショップをご案内しつつ、携帯電話のSIMカードやLeapカード(ダブリン市内の公共交通機関のICカード)を準備したり、食料品や生活用品が買える店へ行ったり。街を歩きながら、今後のダブリン生活のためのガイダンスをさせていただきました。ダブリンのシティセンターはとてもこじんまりしてい...

続きを読む

モノゴトが動き出す時

今週はガイディングの実働はないものの、自宅勤務のような日々を過ごしています。テレビ、新聞などのメディア取材&撮影のスケジュール組みやアポ入れを何件か抱えていて、なかなか突破できない難題がいくつかあったのですが、まるで滞っていた水が一気に流れるかのごとく、週の始まりから一気に動き出したのです。日本の新元号発表とは何の関係もないはずですが、何週間も、いや、ものによっては何ヶ月もホールド状態だった案件が...

続きを読む

新元号が「令和」に

日本の新元号が「令和」と発表されましたね。こちらの時間では午前3時40分でしたが、気になりながら寝たせいかちょうど目が覚め、YouTubeのライブ中継で発表の瞬間を見ました。「レイワ」という響き、なんだか宇宙的、近未来的!賛否両論あるでしょうが、個人的には好きです。固い、とか、冷たい感じ、という意見もあるようですが、私は、SFアニメの主人公の名前みたいで可愛くてクール!…って思いました。「令」という漢字には「...

続きを読む

スプリング・スターフラワー

おとといのブログで、名前が分からずにいた赤い花を、植物にお詳しい読者のYamaさんがズバリ、「ハナカイドウ(クラブアップル)の仲間では?」と教えてくださり、一件落着。そのハナカイドウの木の根元に映っていた白い小花の群生にまで反応してくださり(!)、「ハナニラ」もしくは「アマナ」では…とおっしゃられたので、私も興味がわき、今日あらためて見に行ってきました。可憐…というより、なんだか近未来的な形だと思いませ...

続きを読む

サクラいろいろ…赤もアリ?

先日、白い色のサクラをご紹介しましたが、アイルランドにも実にいろいろな種類のサクラがあり、今あちらこちらで咲き誇りとてもきれいです。昨日、トリニティーカレッジの構内でこんな可愛いサクラに出会いました。小ぶりの八重咲き。ほんのり色づいた感じのピンクがなんとも言えない色合いです洋風の建物によく似合う一重の薄いピンクのサクラも。やはりこれは山桜の系統でしょうかそして、これもサクラの一種でしょうか。ダブリ...

続きを読む

ジョージアン・ドアのある街で…

今日はシティセンターで用事がいくつかあり、アポの時間に合わせてあちらこちらへ移動していました。まずはオステオパシーのクリニックへ。運動しすぎなのか、しなさすぎなのかわかりませんが(笑)、先月から筋肉の具合が悪いところがあって、かかりつけの先生のところへ。クリニックはジョージアンハウスの地下。グリーンのドアにすでに癒された気が…マイルズ先生のマジックハンドはすごいです。以前にサーフィンで痛めた肩を、2...

続きを読む

ダブリンの桜、6~8分咲き

東京や西日本ではそろそろサクラが咲き始めたようですね。ダブリンはすでに6~8分咲きくらい。薄曇りの空に白く輝くように咲く姿が、はかなげでとてもきれいです。家の近所にあるサクラの大木。こちらでよく見るものは日本のソメイヨシノに比べて花の色が白く、葉も一緒に出るので、山桜に近い品種でしょうか...

続きを読む

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
長野県青木村にてトーク・イベント予定
日時:2019年11月16日(土)または17日(日)
場所:道の駅あおき
→詳細は追ってお知らせいたします!

島根県松江市にてトーク・イベント予定
日時:2019年11月24日(日)午後
場所:松江城内 興雲閣
→詳細は追ってお知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ