記事一覧

パンケーキ・チューズデー

タラの丘のマグアイアズ・カフェ(Maguire's Cafe, Hill of Tara, Co. Meath)でお客様とランチ。なんともフォトジェニックでおいしそうなパンケーキがお隣りのテーブルに運ばれていくので、新メニュー?と思いきや、今日がパンケーキ・チューズデー(=パンケーキの火曜日)であることを思い出しました。今日だけの特別メニューです!早速私も同じものを注文。フルーツ&蜂蜜のトッピングがフレッシュでおいしい♪キリスト教の暦で...

続きを読む

ウラッド&デューク・スペシャル in ウィーランズ

昨晩は友人のパトリシアに誘われて、ダブリンでお馴染みのライブ・ベニュー、ウィーランズ(Whelan's, Dublin 2)へ。ウラッド(Ulaid)とデューク・スペシャル(Duke Special)がコラボするギグを観に行きました。ウラッドは2016年に結成された3人組の伝統音楽バンド。日本でも人気のアイリッシュ・トラッド・グループ、ルナサ(Lunasa)の結成時メンバーだった、イーリアンパイプ&フルート奏者のジョン・マクシェリー(John McS...

続きを読む

歯医者の珍事…

以前にもこのブログに何度か登場している、私が過去10年以上お世話になっているダブリンの歯医者さん、グレッグ先生。実は先月ドバイでケバブを食べているときに、前歯のクラウンが取れてしまい、暮れにまたお世話になりました。(旅の初日だったので、旅行中の写真はどれも歯抜けでにっこり笑っている・笑)※過去ブログ参照→ダブリンの歯医者さん(2008年9月)、5年ももった・・・グレッグ先生の手作りクラウン(2014年2月)ドバ...

続きを読む

バラの冬剪定

実はこの2~3日、消化機能が完全に壊れて家でふせっていました。モロッコで友人たちがお腹をこわしていく中、私だけが無事だった♪…なんて喜んでいましたが、どうやら私にも菌が潜伏していたよう。戻ってきてから10日も経っていたのでまさかと思いましたが、帰国から3週間して嘔吐や下痢に襲われる…なんてケースもあるようなので、単に反応が遅かっただけみたいです。そんなわけでこの2日間、ほぼ絶食状態で全身完全デトックス(笑...

続きを読む

冬の青空とローラーブレード!

以前から欲しかったローラーブレイド!ネットで注文したものが昨日届き、早速フェニックス・パーク(Phoenix Park, Dublin 8)で初すべりしてきました。人も車も少ない場所を選び、広めの自転車道でトライ!今日のダブリンは青空が広がり、アウトドア日和り。風もなく、しばらく同じ道を行ったり来たり、ターンの練習をしたりしていたら汗ばんできた!信州育ちの私はスキー同様、アイススケート好きなのですが(小学生の時の冬の体...

続きを読む

雪が積もった朝

昨晩はアイルランド全土に雪が降りました。朝起きて、カーテンを開けてみたら、珍しく積もってる!雪をかぶった私の車。朝8時、まだ薄暗く、街灯がついたまま…軒先に開きかけた季節外れのバラの花を、昨日のうちに切り花にしておいてよかった~。レディエマハミルトン。ちょっと元気がないですが、フルーティーな香りは夏の花にも負けず劣らず偶然にも今夜、友人たちとダブリン郊外のスキー練習場へ行く予定。私の家の周辺は昼まで...

続きを読む

おまわりさんもサーファーだった話…

先月のことですが…ダブリンの我が家に空き巣が入るという事件がありました。外出先から夜10時頃帰宅すると、リビングからキッチン&寝室へ続くドアが開け放されていて、電気がこうこうとついていたのでびっくり。空き巣だ!とすぐに気づき、家の中にまだ潜んでいる可能性もあるので、玄関を再び閉め、車の中から110番して(あ、こちらは112番です!)おまわりさんが来てくれるのを待ちました。※112番は緊急対応で、空き巣被害など...

続きを読む

今年のクリスマス・ディナー

昨日のクリスマス・ディナーは気心知れた友人たちと一緒に。これまで、クリスマス当日にアイルランドにいるときは友人の実家などにおよばれすることが多かったのですが、今年は友人たちと一緒に自分たちでディナーを作りました。クリスマスのご馳走はターキーやグース(ガチョウ)などのロースト料理が定番ですが、家庭によってダックだったり、ローストビーフだったり。私たちはちょうどいいサイズのターキーが探せなかったので、...

続きを読む

暖炉の前で…メリー・クリスマス!

友人たちとクリスマス&新年を過ごすために、昨日よりスライゴ(Co. Sligo)に来ています。ディナーやプレゼントの用意などクリスマスを迎える準備も整い、イヴの今夜は暖炉の前でくつろいでいます。サンタクロースは今頃大忙しなことでしょうが、私たちはワイン片手にDVDを見ながらのんびり♪皆さんもそれぞれの場所で、素敵なクリスマスをお過ごしくださいね!Nollig Shona Duit!(=ノリッグ・ホーナ・グウィッチ。アイルランド...

続きを読む

とってもカワイイ今年のクリスマス切手

クリスマス・カード用に毎年違ったデザインで発行される、クリスマス切手。今年のものは、ダブリン出身のイラストレーター、Liz Rackardさんのとてもかわいいデザインです。クリスマスを心待ちにする家族と、雪景色の中のトナカイの2種類。トナカイの左足元に小さ~くコマドリがいるのがカワイイ近頃は郵便局に買いに行かずともオンラインで記念切手の注文が出来るので、今年は私もそうしました。12月も半ば、準備がすっかり遅くな...

続きを読む

水道料金がほんとに戻ってきた!

今年のクリスマスまでに水道料金が返金されると報じられていましたが、小切手が本当に手元に届き、びっくり。「政府の決定により水道料金を返金します、云々…」の手紙、€199.78の小切手付き。写真左下のロゴの文字「UISCE」とはアイルランド語で「水」の意味2014年に水道料金が導入されることになったものの、大規模なデモが幾度にもわたって起こるなど、国民の猛反対にさらされました。(2015年3月の過去ブログでちらっと触れてい...

続きを読む

冬のバラ

昨日は一日中冷たい雨の降る日でしたが、うって変わっていいお天気。我が家の軒先では、冬空にまだバラが咲いています!どうしたわけか、この黄色のシャーロットだけが遅めの3番花。こんなに酷使して遅くまで咲かせると枝を弱らせてしまうかな…と思い、蕾を取ってしまうかとも思ったのですが、それも気の毒でそのままにしておいたら、雨に蕾を落とされることもなく元気に開花してくれました。夏に比べると色は薄めですが、これもま...

続きを読む

いつものコースをランニング

今朝は筋トレに行き損ねたので、代わりに近所をランニング。ダブリンの自宅から住宅街や商店街を抜けて、戦没者慰霊公園(War Memorial Gardens, Dublin 8)へ。時間のある時はここでストレッチしたりして、帰りはちょっと道を違えて戻ってくるのが定番コース。これで約5キロ。私にはちょうどいいランニング・コースです。秋も深まる戦没者慰霊公園。この並木の奥のキャノピーが私の折り返し地点。その向こうはリフィー川です自宅...

続きを読む

ラグビーW杯の開催地にはなれなかったけれど…

アイルランドのスポーツ・ファンには残念なニュースが続いています。まずはサッカー。昨夜のプレーオフでデンマークに大敗し、アイルランドは来年ロシアで開かれるワールドカップの出場を逃しました。(アイルランドが最後に出場したのは2002年の日韓ワールドカップ。ああ、懐かしい…)国中ががっくりしているところに、さらに悲報。本日、待ちに待った2023年ラグビー・ワールドカップ開催地の発表があり、ああ、悲願むなしく、ア...

続きを読む

冬の夜長

ディナーに招待していただき、スライゴ近郊の友人宅へ。お子さんたちも一緒に、にぎやかに楽しい夜を過ごさせていただきました。食後に登場した友人Nさん手作りのチョコレート・ブラウニーが絶品。甘さ控えめで、とろけるような舌ざわりです。上に散らしてあるのはオレンジ。チョコレートとよく合いますね暖炉が赤々と燃える、温かな冬の夜長。自分の好きな人たちと一緒にこの冬はこんなことしよう、あんなことしようなどと、やっ...

続きを読む

波から落ちてばかりの日…

波がいいので、再びスライゴ(Co. Sligo)に来ています。今朝は今年いちばんの寒さとなり、アイルランドにしては珍しくマイナス2度まで気温が下がったようですが、サーファーたちは寒さ知らず!海水温が外気温の影響を受けるのは2か月遅れなので、この時期のアイルランド西海岸の水はまだまだ冷たくなりきっていません。外気温より水温の方が高いのです。このところ波が大きすぎてビーチでサーフィンすることが多かったのですが、...

続きを読む

パーティー・ナイト!

昨晩は友人ラウラのバースデー・パーティーで、久しぶりに飲んでしゃべって踊って、楽しい夜を過ごしました。場所はダブリンで人気のパーティー・ベニュー、ザ・ハウス(The House, Leeson Street, Dublin 2)。30~50代の客層が主流の、私の友人たちいわく「まともな(decent)」男女が集うバー&ナイト・クラブ。(昼間のパーティーや、宿泊も出来ます)レッド・ルームと呼ばれるプライベート・ベニューの一角にて。深夜過ぎるとD...

続きを読む

逆さリフィー川の芸術写真!?

朝のダブリン市内観光中、お客様と街歩きをしながら芸術写真を撮影!(笑)逆さ富士ならぬ逆さリフィー川に架かるミレニアム・ブリッジ…なのですが、実はこれ、180度回転させて上下逆さにしてみました!(写真上が川、下が空)川面に映りこんだ橋がなんとも幻想的。逆さにしたら、なんとも不思議な景色になりました。まるで空中歩行みたい。放射冷却で、ダブリンにしては珍しく冷え込んだ朝。風もなく、ピリリと澄み渡った空気がな...

続きを読む

ハロウィーンの起源はアイルランド?

今日10月31日は、ケルト暦での大晦日。現代ではハロウィーンとして知られていますが、もとは古代ケルト人の年越し祭りサーウィン(Samhain=アイルランド語で「1月」の意)がその起源です。最近は日本でも仮装イベントが行われるなど定着しつつあるハロウィーンですが、「起源はアイルランド!」とうたい文句が付くことも。現代のハロウィーンの風習の多くは、19世紀にアメリカへ渡ったアイルランド移民により伝えられたものだから...

続きを読む

冬サーフィンの季節始まる!

ストランドヒルの夕日。オレンジではなく黄色みを帯びた薄い光が晩秋~冬の訪れを感じさせますサーフィンを初めてから、この9月で7年になります。一時期は週に1度くらいのペースで海に入っていたし、仕事がシーズンオフとなる冬場には長期のサーフ・ホリデーに出かけ毎日波に乗る生活をしたものですが、昨年あたりから何がどうしたのか忙しくなってしまい、サーフィンどころか日常のトレーニングの時間も取りにくくなってしまいま...

続きを読む

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
★スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培など。愛読書は『赤毛のアン』とW.B.イエーツ詩集♪

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ