FC2ブログ

記事一覧

松井ゆみ子さんのカントリーハウス訪問

先日スライゴ(Co. Sligo)に数日滞在した際、アイルランドの料理の本の執筆等でご活躍の松井ゆみ子さんが暮らすカントリーハウスにおじゃまし、心温まるおもてなしをしていただきました。さすが料理のプロの技。地元産の新鮮な野菜を使ったおいしいタルトをちゃちゃと準備してふるまってくださいましたサバ(左)と海マス&ビートルート(右)をチャンクにしたもの。薄味のタルトの付け合わせにバランス抜群こちらはカレー味のピ...

続きを読む

野生のリンゴのケーキ!

静かな土曜日。3冊の本を交互に読むという(読みたい本がいくつかあるときはこうなります…笑)読書三昧の合間に、久しぶりにベイキングをしました。先日スライゴ(Co. Sligo)の松井ゆみ子さん宅へおじゃまし、お庭のリンゴをもがせていただきました。そのリンゴを刻んで入れたケーキ。私の定番レシピは砂糖・バター・小麦粉が1・1・2。砂糖&バターを混ぜたあとにタマゴを2~3個入れて混ぜ、ベイキングパウダーを入れた粉をふるい...

続きを読む

素敵な花束!

昨日、思いがけず花束をいただきました。先日終了した私のオンラインでのアイルランド・カルチャー講座にご参加くださったダブリン在住のお友達が、待ち合わせのレストランに素敵なブーケを持って登場。「7週間お疲れさまでした!」とプレゼントしてくださり、とても嬉しかったです。美しいオレンジとピンクのバラ、名前は分からないけれどまるで薄い和紙で作られたかのような繊細なお花たち、そしてアイルランドの森を連想させる...

続きを読む

フィル・リノットのドキュメンタリー映画トレーラー公開!

ダブリン出身の伝説のロックバンド、シン・リジ―(Thin Lizzy)のリードボーカル、フィル・リノット(Phil Lynott)の人生を追ったドキュメンタリー映画が今秋アイルランドで公開予定ですが、本日その公式トレーラーが発表されました。映画のタイトルは『Phil Lynott: Songs For While I'm Away』。73年発表のシン・リジ―の曲のタイトルと同じですね5日前に20秒間のティザー映像が公開され、フィルの誕生日である今日8月20日(生き...

続きを読む

雨、雨、雨…

今夜はストーム(嵐)がやって来るとのことで、アイルランド南部&西部に大雨洪水警報が出ています。ダブリンも終日、雨、雨、雨。夜になって雨足が強まってきたので、我が家の雨漏りスポットにバケツとタオルをセッティングしました。(何度修理をお願いしても、時間が経つとまた屋根のスレートがずれてしまう箇所があるのです…!)カウンティー・コーク(Co. Cork)の海沿いの町では、すでに道路が川のようになっているよう。8月...

続きを読む

終戦記念日は「VJデー」(日本に勝利した記念日)

ジョギング中、いつも通るウォー・メモリアル・ガーデンズ(The National War Memorial Gardens, Dublin 8)でセレモニーが行われていました。第1次世界大戦の犠牲者を称えて建設された庭園の、ケルト十字架のモニュメントにて警備の人に聞くと、第2次世界大戦のVデー(Victory Day=戦勝記念日)だよ、とのこと。今日8月15日は終戦記念日。そう、日本が降伏した日は、イギリスを含む連合国が勝利した日なのです。アイルランドは19...

続きを読む

イニシュマーンから持ち帰ったもの…

イニシュマーン(Inis Meain, Aran Islands, Co. Galway)からダブリンへ持ち帰ったもの。(上から半時計回りに)ビーチで収穫した海藻、宿泊したAn Dunで「おいしいから欲しい!」とねだっていただいた島育ちの新じゃが、やはり宿でいただいたマリーゴールドの種、ナスターシャの種!海藻は2日間続けて通ったビーチで収穫。岩のくぼみの潮だまりに生えていたのを食べてみたらシャリシャリとおいしくて、友人と2人で袋にいっぱい採...

続きを読む

夜を徹して翌日まで「愛の不時着」を見続けてしまった件…

…はい、昨日の夕方から見始め、Netflixでいっきに16話、不眠不休で見続けてしまいました!古くは「セックス・アンド・ザ・シティー」、「ダウントン・アビー」に始まり、最近では「Giri/Haji」、「ゲーム・オヴ・スローンズ」、「ノーマル・ピープル(ふつうの人々)」など、DVDボックスや一挙配信でドラマを見始めると止まらなくなるたちなので、そうなってもいいように予定のない日を選んで見始めたところ、気がついたら夜が明け...

続きを読む

やっと咲き出したバラの2番花!

4月、5月の天候が良すぎて一番花が早く咲きすぎてしまったせいか、今年はバラの花のサイクルがすっかり狂ってしまったようです。例年なら最盛期となる6月、7月に花がなく、葉も茂らず、このまま枯れてしまうのでは…と心配して掘り返して根をチェックした株もあったほど。ところが7月もごく終わりになり、ある日を境にムクムクときれいな葉が出始めた!日に日にこんもりと茂り出し、蕾もつき出し、8月の声をきいたとたん2番花が次々...

続きを読む

かつては「エイリアン」オフィスだったダブリンの移民管理局

新型コロナ禍で閉鎖していた移民管理局(Garda National Immigration Bureau = GNIB)が7月20日より再開し、閉鎖に伴いキャンセルとなっていた4月のある日の私のアポイントメントが今日になったと連絡があり、行ってきました。10年ごとのVISAの更新は終了していたのですが、IRP(=Irish Residence Permit)カードという在留カードのようなものを発行してもらわねばならず、その手続きがまだ済んでいなかったのです。今回の新型コ...

続きを読む

新しい朝は希望の朝♪

目覚めると清々しい青空!こんな朝にはいつも、頭の中でこの歌が流れます。新しい朝が来た~、希望の朝だ~♪…ラジオ体操の歌(笑)。ほぼ毎日起き抜けにラジオ体操するのですが、こんな日にはそれだけではもったい。普段はお昼から午後にかけて走ることが多いのですが、今日はさわやかな朝の空気に誘われて、さっさと着替えてジョギングに出ました。リフィー川を悠々と泳ぎ行くコブハクチョウの一家。パパとママについて行くのは、...

続きを読む

子ブタが20匹も生まれた、ブーブー!

昨日の夕方、今週も講座終了のご褒美、ルンルン♪…とかつ丼を作って食べながら6時のニュースを見ていたら…。ある村で子ブタが一度に20匹も産まれた、ブーブー!…というニュースが。参照記事→On the pig's back! 20 piglets born to sow in Longford(RTE News)アイルランド北西に近い、内陸部ロングフォード県モイン村(Moyne, Co. Longford)。初産のお母さんブタで、飼い主は農業科学を学ぶ大学生ローナン・ブレイクリー(Ronan ...

続きを読む

ちょっとだけ異国気分、近所のカフェにて

アイルランド・カルチャー講座第3回が終了。本日もたくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました!牛、ジャガイモ、そして移民…と内容盛りだくさんで目まぐるしかったことと思います、ついてきてくださりありがとうございました。配信終了後、次のテーマの準備に入る前に頭の中を切り替え。近所の行きつけの肉屋さん(…で、魚も野菜も果物も買えるのです)へ買い物に行ったら何人も並んでいたので、それじゃあ…と、ついつ...

続きを読む

「内戦政治」の終焉、ミホール・マーティン首相率いる3党連立政権誕生

アイルランド・カルチャー講座第1回「ケルトと妖精」、本日無事に配信させていただきました。ご参加くださった皆さん、ありがとうございました!予想を上回る人数のお申込みをいただき、感激しきりです。奇しくも今日はアイルランドにとって歴史的な日で、ちょうど講座をしている最中に、第15代ティーショック(首相)がミホール・マーティンさんに正式決定しました。「内戦政治(Civil War Politics)」と呼ばれてきた独立以来ラ...

続きを読む

車検(NCT)に初めて一発で合格♪

今日は年に一度の車検(NCT=ナショナル・カー・テスト)の日でした。確か現行の制限解除のフェーズ2に入るときに車検場が開いたのではなかったかと思います。5月で切れていたので早速予約して行ってきました。(ちなみに今日、日本の友人たちとZoomで話していたら、車検場ってものがあることに驚いていました。そうか、日本は車屋さんにやってもらうんでしたね)いつもは所定の位置に停車するまで車の中でしばらく待たされたりす...

続きを読む

殉職したガーダ、コラム・ホーカンさんのお葬式

制限解除が進み市中に人が出始めたとたん、海や川での事故、行方不明、殺人事件などのニュースが次々と聞かれるようになってきました。先週はアイルランド西部のキャッスルリー(Castlerea, Co. Roscommon)という町で職務中の警察官がピストルで撃たれ殺害されるという痛ましい事件があり、国内が騒然となりました。アメリカのような銃社会ではないアイルランドでは、発砲事件といったら麻薬絡みのギャングの抗争がときどきあるく...

続きを読む

スティーヴンの庭とエルダーフラワー・コーディアル

昨日は小雨の降る中、自宅でリモートワーク中の友人スティーヴン宅を訪ね、午後のひとときを楽しく過ごしました。(先週より制限解除のフェーズ2に入り、少人数なら人の家を訪ねてよいことになりました)スティーヴンは、もしも無人島にひとりぼっちで漂着しても必ずや生き残れる人。アイデアマンで器用で、DIYはプロ並み。5年ほど前に購入して移り住んだ古い家は、当初は家の中も外もジャングルさながらでした。訪ねるたび少しず...

続きを読む

ついに3党連立合意、次期首相はミホール・マーティン

2月の総選挙から実に4ヶ月余り。ここ数日今か今かと待たれていた3党連立政権の樹立ですが、各党のリーダーたちがついに政策協定に合意したと本日報じられました。先の総選挙が大荒れした結果、与党も野党も過半数を超える議席を取れず、連立が話し合われている最中にパンデミック勃発。リオ・ヴァラッカー首相をケアテイカー(代理)首相として新型コロナの嵐をしのいできました。晴れて新政権として連立することになったのは、以...

続きを読む

運河沿いを10キロ走れた!緑まぶしいグランド・カナル

真夏のようだった日々が嘘のように、昨日より曇天で肌寒いダブリンに逆戻り。ただ、走るにはこの方がずっと心地いい。今日はいつもとコースを変えて運河沿いの道へ。低温と平坦な道のせいか走りやすく、普段より長い10キロを超える距離を楽に走れてしまいました。うちから500メートルくらいで運河沿いに出るのですが、初めはケモノ道みたいな細い道。天気のいい日は人が多そうなので避けていましたが、今日は曇天のせいか静かでし...

続きを読む

言語は環境…「ペンシル」が出てこなかった話

先日友人のディヴィッドとクリスティーンと話していて、なぜか日本のミツビシ(三菱)のマークの話になり、「スリー・タイヤモンドなんだよね」って話をしていたときのこと。日本の鉛筆にはあのマークがついてるんだよ、って言おうとしたら、「鉛筆」の英単語が出てこなかった!「何って言うんだっけ、アレ、バイロー(Biro、ボールペンのこと)じゃなくて、消せるペン!」って説明して、2人が「ペンシル(pencil)のこと?」って...

続きを読む

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市「ナオコガイドのどこでもドア」
2020年10月2~4日 東京・巣鴨にて
各日15時~ダブリンよりオンライン参加!
→詳細・入場予約はこちら

オンラインセミナー開講!
2020年6月20日(土)~
各45分・無料お試し回+全6回
→詳細&お申込みはこちら
(ライブ配信終了、見逃し配信購入可能)

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ