記事一覧

イースター・サンデーのサプライズ!

イースター・サンデーの朝、滞在しているクロハン村(Cloghane, Co. Kerry)のホステルでちょっとしたサプライズがありました。

朝食に行こうとベッドルームのドアを開けると、小さなヒヨコが2匹!

easterchocolatekerry2018
直径2㎝位のチョコレート♪

ダイニングのカップの下にも!

easterchocolatekerry20182
今度はウサギ!

そして、表に干しておいたウェットスーツをとりこもうとしたら、そこにもウサギが!

easterchocolatekerry20183
タマゴ型チョコレート!

思いがけないイースター・サンデーのエッグ・ハンティングに皆で大盛り上がり。
宿を切り盛りしているメアリーの仕業?と思ったら、仕掛人はサーフ仲間のリチャードでした!
皆が寝静まっているうちに起きて、あちこちに置いたたそうです(笑)。

easterchocolatekerry20184
朝早く起きたおかげで、こんなイースター・サンデーの素晴らしい朝日が見られたそうです(撮影 by リチャード)

【イースター・サンデーとは】
「復活の主日」と訳され、十字架にかけられたイエス・キリストが復活したことを祝う祭日。「春分の直後の満月の次の日曜日」に定められているため、月の満ち欠けにより毎年日が変わります。
タマゴ(またはヒヨコ)は生命のはじまり、ウサギは多産なので豊穣のシンボル。長い冬が終わり、自然界のさまざまなものが春の訪れとともに「復活」するという意味もあるようです。
アイルランドを含むキリスト教国では、イースターが近づくとタマゴやウサギの形のチョコレートが盛んにお店に並びます。イースター・サンデーには子供たちがエッグ・ハンティングしたり(ペイントしたタマゴをあちらこちらに隠し、それをさがす)、この日まで食べずに我慢した大きなタマゴ型のチョコレートを割って皆で食べたりする習慣があります。

コメント

わー。

リチャードさん、いっぱいのグッジョブ!(^^)

Re: わー。

イースター・エッグの妖精、登場(笑)。

全部見つけるにはクリスマスまでかかるかもねー、ってみんな言ってました(笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

好評につき重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ