記事一覧

今年最初のテレビ撮影の仕事、スタート!

昨日より、TV番組の撮影コーディネートの仕事に入りました。今回は人物取材のドキュメンタリーなのですが、最初の数日間はアイルランドという国紹介のネタ撮影。今日はダブリンから日帰りでスライゴへ出向き、海藻にまつわる撮影をしてきました。雨風吹く中、海藻の収穫シーンを撮影中撮影は来週いっぱい。まだまだ先は長いですが、今年最初のメディアのお仕事、楽しくさせていただきたいと思います。番組の詳細や放送予定は、また...

続きを読む

ラネラーのシナモン・カフェ

デザートにいただいたビラミス(Beeramisu)。ティラミスなんだけど、エスプレッソの代わりにビールが使ってあるので「ビ」ラミス・・・だそうです。美味でした!久しぶりに会うお友達とディナー。ダブリン市街地にほど近いラネラーの評判の良いレストラン、シナモン(Cinnamon, Ranelagh, Dublin 6)へ行ってみました。スターターのハムホックのテリーヌは、和風をボリューミーにしたような盛り合わせ。ピクルスやチャツネと一緒...

続きを読む

やっぱり日本人・・・な靴をめぐる私のクセ

小さなお友達ルビー&モリーの靴・・・に混じって、一足だけ反対向きの私の靴!以前アイルランド人の友人に、「(脱いだ靴を)どうして反対に向けるの?」と聞かれたことがあります。アイルランドでは日本のような段差のある玄関はありませんし、家に入るときに必ず靴を脱ぐという習慣もありませんが、重たい靴を家で履いているのも疲れますし、家の中ではスリッパに履き替えて楽にしたい、という人も多いです。脱いだ靴は冒頭の写真...

続きを読む

マーリー・パークの「妖精の木」

緑のスパークルが散りばめれた小さな窓。いかにも妖精が通ったばかり?毎週土日にダブリン南郊外のマーリー・パーク(Marley Park, Dublin 16)でファーマーズ・マーケットが開かれます。今日は子供連れの友人たち数名とそこで落ち合って、広い園内をウォーキングしたり、カフェでお茶したりして土曜日の午前中を楽しく過ごしました。マーリー・パークには知る人ぞ知る「妖精の木(Fairy Tree)」があり、3歳のエミリアを連れたア...

続きを読む

住宅街のカフェ・レストラン、メイフィールド

水色&白のさわやかなストライプが目印のメイフィールド。通りに面したこちらの店舗がオリジナルのカフェサバティカル休暇中の友人アンマリーとランチ。ダブリン市街地の南、住宅街にある人気のカフェ・レストラン、メイフィールド(Mayfield)にてウィークデーの昼下がりを楽しみました。Mayfield Deli & RestaurantTerenure, Dublin 6W.Ph: 01-4926830(Open 9:00 - 21:30 Daily)2010年に、元は肉屋さんだった店舗を買い取って始...

続きを読む

物価と出生率の高い国、アイルランド

2015年2月17日のアイリッシュタイムズの記事より(The Irish Times)一昨日のアイリッシュタイムズ紙に、アイルランド政府中央統計局(Central Statistic Office)より発表された「Measuring Ireland's Progress(アイルランドの進展状況の計測) 2013」が掲載されました。物価、失業率、平均寿命、出生率など58の指標で、アイルランドをEU 平均と比較した統計。ガイディングの際に役立つので、この機会に日本の数字も調べつつ資料...

続きを読む

オドハティーズのリーク入りポーク・ソーセージ(エニスキレン)

オドハティーズでいちばん人気のソーセージ、リーク入りポークソーセージ!先日ご紹介したアイルランドの伝統料理ソーセージアンドマッシュに続き、再びソーセージのネタです。お肉好きのアイルランド人。ソーセージは手軽な加工肉食品として家庭でもよく調理されています。日本で食べるソーセージは表面の皮が固めで、シャウエッセンのようなパリッとした食感のものが多いですが、アイルランドのソーセージは皮がやわらかく、どち...

続きを読む

無印良品のアイルランド音楽CD

数年前のことですが、無印良品のBGMCDのイメージ写真撮影のコーディネートの仕事をさせていただいたことがあります。(関連過去ブログ:無印良品ブログ「音を訪ねて」)その時のCDが一部視聴できるようになったとのこと。アイルランド各地(ダブリン、ウィックロウ、クレア、コネマラなど)で撮影された美しい画像と共にアイルランドの楽曲がお楽しみいただけます。かれこれ3年半ほど前にさせていただいたお仕事。ミュージックプラ...

続きを読む

Be my Valentine... from your secret admirer!

ルビーからの手作りバレンタイン・カード♪ ほんの数ヶ月前までは一人で切り抜けなかったハート型が、上手に作れるようになりましたこの週末はバレンタインズ・デーでしたので、仲良しの双子ちゃん、ルビー&モリー(7歳)とチョコレート・カップケーキ作りをしました。朝からパジャマでカップケーキ作り。卵を割ったり、混ぜたり、上手にお手伝いしてくれました。チョコレートとピーカンナッツ、マシュマロをトッピング中のルビー...

続きを読む

冬の定番アイルランド料理、ソーセージアンドマッシュ

パブや伝統料理のレストランなどのメニューにしばしば見られるアイルランド料理の中で、最近あらためておいしさを見直しているのがこちら、ソーセージアンドマッシュ(Sausage and Mash)というお料理。サーフィンの後によく立ち寄るスマグラーズ・クリーク・イン(Smugglers Creek Inn, Rossnowlagh, Co. Donegal)で最近食べたソーセージアンドマッシュ名前の通り、グリルしたソーセージとマッシュポテト(オニオン&グレービー...

続きを読む

冬の海に戻ってサーフィン♪

リサデル(Lisadell, Co. Sligo)近くのサーフスポットにてスリランカでのサーフ・ホリデーから戻り、10日間が経ち、やっとアイルランドの冬の海に戻る機会がやってきました。波は大きすぎず小さすぎず、風もなく穏やか。スライゴ近郊のいつものスポットで今年初のアイルランドの海でのサーフィンを楽しみました。しかし・・・ビキニでサーフィンできる環境に比べると、冬の海でサーフィンはなんと大変なことでしょう。ウェットスーツ...

続きを読む

とびきり香りのいいキャンドル、Brooke & Shoals

メイド・イン・アイルランドのソープやキャンドルが最近はたくさんありますが、中でも特に香りが良く、気に入って使っているキャンドルがこちら。カウンティー・ウィックロウ(Co. Wicklow)発のメーカー、ブルックアンドショラス(Brooke and Sholas)のキャンドル昨年ロンドン在住の日本人の方に「レモンバーベナ&ベルガモット」のキャンドルを差し上げたところ、「こんなに香りの良いキャンドルは初めて!」と大変喜んでくださ...

続きを読む

グローバルユースビューローさんの夏のツアー・パンフレット

ここ何年か夏のグループ・ツアーのガイドをご依頼くださっているエージェントさんが、今年のアイルランドの募集パンフレットに私が撮影した写真を使ってくださっています。高さ200メートルの断崖絶壁の名所、モハーの断崖(Cliff of Moher, Co. Clare)。この写真を撮影した時の過去ブログ(2014年5月)はこちらです→絶景!モハーの断崖とエイリーンこの写真が載っているグローバスユースビューローさんのパンフレット(ツアー詳細...

続きを読む

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売
アマゾン予約受付中!
イカロス出版サイト予約受付中!

東京で出版イベントします!

現地在住ガイドが語る、アイルランドの愉しみ方
日時 2017年6月3日(土)14:00~15:30
会場 八重洲ブックセンター(JR東京駅 八重洲南口)
定員100名 ※満席のためキャンセル待ち
≪追加設定!≫
同日17:15~18:45 ※お申込みはこちら
(株)ユーラシア旅行社HP

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

月別アーカイブ