記事一覧

「ブレンダンとケルズの書」この夏、日本で上映

この夏、ケルズの書をめぐるアニメーション「ブレンダンとケルズの書」(原題:The Secret of Kells)が日本で公開されることになりました。アイルランドでは2009年公開。8年越しでついに日本上映!トム・ムーア(Tomm Moore)というダブリン出身の若手アニメーション映画監督のデビュー作で、アカデミー賞にもノミネートされ話題になった作品。各シーンが絵のように美しく、幻想的な古代アイルランドの世界で楽しみながら「ケルズ...

続きを読む

C.S.ルイスゆかりの地紹介の新刊・『英国ファンタジーの世界』

今年の夏、ベルファースト周辺のC.S.ルイスゆかりの地めぐりをご案内させていただいたライターの奥田実紀さんの新刊が発売されました。「不思議の国のアリス」やピーターラビットからハリー・ポッターまで、11人(コラムに書かれた作家も含めるともっと!)の英国児童文学作家&作品のゆかり地を紹介した素敵な一冊。図説 英国ファンタジーの世界(ふくろうの本)奥田実紀・著/河出書房新社早速お送りいただきました。表紙はピー...

続きを読む

ジョン・カーニーの新作映画『シング・ストリート』、日本で上映中

『Once ダブリンの街角で』のジョン・カーニー監督の新作映画『シング・ストリート(Sing Street)』が、近ごろまた日本で上映されているようですね。邦題は『シング・ストリート 未来へのうた』、公式HPはこちら日本では7月に公開されましたが、いくつかの劇場で再び上映しているようです。➡上映劇場情報➡目黒シネマでは、12月3~16日がジョン・カーニー監督特集。『シング・ストリート』の他に、カーニー作品を2本立てで上映中ア...

続きを読む

『ブリジット・ジョーンズ』にアイリッシュ・コネクション!?

待ちに待った『ブリジット・ジョーンズの日記』第3弾が数週間前より公開され、一緒に行こう!と待っていてくれた友人エリザベスと昨晩見に行ってきました。今までの3作の中でいちばん良かった!というのが、エリザベスと私の共通の感想。平日夜の映画館がほぼ全員、20~40代の女性連れ。劇場全体が最初から最後まで笑いっぱなしで、ハートウォーミングなシーンになるとこれまた劇場全体が「Ahhhhhhhh」と嬉しい吐息。みな完全にブ...

続きを読む

ロケ地はアイルランド!『クイーン・メアリー 愛と欲望の王宮』

英国の人気ドラマ『ダウントン・アビー』が日本で放映されてからというもの、昔の領主の館であった古城やお屋敷に泊まってみたい、見学してみたい、というご希望が以前に増して多くなったように思います。そんな宮廷ブーム(?)のさらなる火付け役になりそうな海外ドラマ、『クイーン・メアリー 愛と欲望の王宮』が今週から日本で放送開始となりました。クイーン・メアリー 愛と欲望の王宮BSプレミアム毎週水曜 午後11時15分原題...

続きを読む

マリン・ヘッドで「スター・ウォーズ」のロケ始まる

アイルランド最北端の地にストームトルーパー現る!(写真はいずれもPHOTOS: Stormtroopers swarm to Star Wars set in Donegalより)来年公開予定の「スターウォーズ エピソード8」ですが、アイルランド南西のスケリッグマイケル(Skellig Micheal, Co. Kerry)に加え、最北端マリン・ヘッド(Malin Head, Co. Donegal)でも撮影が行われることが先日発表されましたが、どうやら今週末のようです。マリン・ヘッドにミレニアム・...

続きを読む

「スターウォーズ」次回作はマリンヘッドがロケ地に…

今日は自宅で仕事に明け暮れており、この夏、スケリッグマイケル(Skellig Michael, Co. Kerry)へ行きたいというリピーターのお客様の旅程づくりをしていました。スケリッグマイケルと言えば、昨年暮れに公開された「スターウォーズ エピソード7」のラスト・シーンに登場したことで、何かと話題を集めていますね。5月から島へ行くボートが出ますが、今年は周辺エリアへの観光客が例年以上に多くなると見込まれています。(以前は...

続きを読む

スケリッグ・マイケルが登場する「スター・ウォーズ」最新作

等身大BB-8。もちろん隣りに並んで記念写真撮りました!(Lighthouse Cinema, Dublin7にて)最新作の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が公開されましたね。私も「スター・ウォーズ」ファンの友人と一緒に、公開初日の昨日、早々と見てきました。ダブリンでは公開日の12月17日になる真夜中にミッドナイト・ショーがあって、劇場によっては真夜中の0時から5分刻みで数回上映。いずれもチケットは売り切れていました。すごい人気...

続きを読む

史上最高の競馬騎手、A.P.マッコイのドキュメンタリー「Being AP」

友人に誘われて、今年引退した北アイルランド出身のジョッキー、A.P.マッコイ(=トニー・マッコイ)(A.P. or Tony McCoy)のドキュメンタリー映画「Being AP」を見てきました。17歳でジョッキーとなり、今年4月に40歳で引退するまで、約20年間チャンピオン・ジョッキーの座に君臨してきたA.P.マッコイ騎手。競馬というと日本では平地がメインですが、英国・アイルランドでは障害も同じくらい人気があり、チェルトナム、グランド...

続きを読む

シーシャ・ローナンの新作映画「ブルックリン」

アイルランド人の若手女優シーシャ・ローナン(Saoirse Ronan)主演の新作映画「Brooklyn(ブルックリン)」を観てきました。舞台は1950年代のアイルランドとニューヨーク。アイルランドの田舎町から新天地を求めて移民する若い女性イーリシュ(Eilis)の成長物語です。早くもオスカー候補がささやかれる話題作子役から活躍、現在21歳のシーシャ・ローナンですが、さすがの演技力ですね。天才子役ぶりを世界に知らしめた「つぐない...

続きを読む

映画になった「ひつじのショーン」

BBC放送のアニメーション、「Shaun the Sheep」が映画化され、以前から見たがっていたルビー&モリーを連れて見に行ってきました。日本でも「ひつじのショーン」のタイトルでNHK Eテレで放送されているそうですので、ご存知の方も多いことと思います。映画ではショーンと仲間の群れたち、犬のビッツァーが農場を抜け出し、街へ繰り出します!→Shaun the Sheep公式ウェブサイト(英語)英国で制作・放送されているアニメーションで...

続きを読む

RTÉの人気ドラマ 「Love/Hate」

ニッジ(左から2番目)はこれで最期なのか・・・?衝撃のシーズン最終回でしたRTÉの人気ドラマ「Love/Hate」のシーズン5の最終回が昨晩放送され、今日は一日アイルランドのメディアはその話題で持ち切りでした。(Love/Hate Season6 Episode Guide)2010年から始まった「Love/Hate」は、ダブリンの麻薬組織など犯罪シーンの裏舞台を牛耳るギャングたちを描いたメイド・イン・アイルランドのドラマ。日本のヤクザ映画・・・といった趣き...

続きを読む

スケリッグ・マイケル、「スターウォーズ」最新作のロケ地に

スケリッグ・マイケルより眺めるリトル・スケリッグ(2011年8月撮影)今日はディングル半島(Dingle Peninsula, Co. Kerry)のご案内。視界がとてもクリアーで、対岸のイベラ半島の沖に位置する岩の島、スケリッグ・マイケルとリトル・スケリッグ(Skellig Michae & Little Skelligl, Co. Kerry)の2つの島がとてもよく見えました。スケリッグ・マイケルと言えば、今、旬の話題はもっぱら「スターウォーズ」。ユネスコの世界遺産に...

続きを読む

アッシュフォード・キャッスルで撮影された米人気ドラマ『レイン』

美しいお城の庭にて、米テレビ・ドラマの撮影中・・・!(写真はいずれも2013年8月撮影)16世紀のフランスを舞台にした『レイン(Reign)』という宮廷ドラマが、昨年10月よりアメリカ&カナダで放送されています。主人公は、悲劇の女王として知られるスコットランドのメアリー女王。幼くしてフランスに輿入れし、愛憎渦巻く異国の宮廷で青春時代を送るメアリー女王と、彼女を取り巻く人々との物語です。非常に人気があって、本シーズ...

続きを読む

『フィロミーナ』に見るアイルランドのこと、いろいろ・・・

本年度のアカデミー賞4部門にノミネートされている話題の映画、『フィロミーナ(Philomena)』(邦題:「あなたを抱きしめる日まで」)を見てきました。BBC制作、監督はアカデミー賞受賞作『クィーン』のスティーブン・フリアーズフィロミーナ・リー(Philomena Lee)さんというアイルランド人女性が、半世紀もの間、人に語ることなく秘めていた実話に基づいた作品。1950年代のアイルランド。未婚で身ごもってしまったティーンエー...

続きを読む

人気の英ドラマ『ダウントンアビー』のアイリッシュ・コネクション

冬の夜長のアイルランドはDVD鑑賞に最適。昨年のクリスマス前のことですが、人々がショッピングやディナーの準備にいそしんでいる時、私がクリスマスに向けてラストスパートで行っていたことは、英国のTVドラマ『ダウントン・アビー(Downton Abbey)』の総復習でした(笑)。これまで飛び飛びでしか見ていなかったこのドラマ、今回こそキャッチアップしよう!と意を決して、DVDボックスを購入。クリスマスの夜にスペシャルが放送...

続きを読む

ベルファーストで連続殺人事件?

…というのはTVドラマの話(笑)。今、RTE(アイルランド放送協会)で放送中のベルファーストを舞台にした犯罪ドラマ、「The Fall」にはまっています!RTEの番組紹介ページよりベルファーストで起こった謎の殺人事件を解明するため、ロンドン警視庁より派遣されてきた美人刑事局長。彼女の指揮のもと地元北アイルランド警察が事件の解明にあたる…というストーリー。事件を軸に警察側&殺人犯側のさまざまな人間模様が描き出されるの...

続きを読む

ロンドン・サーフ映画祭にノミネートされたアイルランド映画「ザ・ディミング・タイド」

サーフ仲間のジュールズ(Jules)が制作した短編ドキュメンタリー映画が、ロンドン・サーフ・フィルム・フェスティバル(London Surf Film Festival)の短編映画部門にて最終選考にノミネートされました。今年で2回目となるサーフィン映画の映画祭。10月11~14日にロンドンのRiverside Studios(Hannersmith, London, U.K.)にて開催されますこちらがそのジュールの作品。5分程の短い作品ですので、よろしかったら下記クリックして...

続きを読む

伝説のサーフ・ガールが映画に…『ソウル・サーファー』

先日バンドーラン(Bundoran, Co. Donegal)へサーフィンに出かけた際、地元の映画館で『ソウル・サーファー(Soul Surfer)』という映画を観ました。Soul Surfer 『チャーリーとチョコレート工場』や『テラベシアに架ける橋』のアナソフィア・ロズ主演この映画はハワイ在住の将来を有望された若き女子サーファー、べサ二ー・ハミルトン(Bethany Hamilton)の実話を元にしたもの。子供の頃からサーフィン一筋で育ってきたべサミ...

続きを読む

現代版コメディとなった『ガリバー旅行記』

久しぶりに、ものすごーく面白い映画を観ました。ジャック・ブラック(Jack Black)主演の3Dコメディ、『ガリバー旅行記(Gulliver's Travel)』です!ご存知の通り、原作はダブリン生まれのジョナサン・スウィフト作。18世紀に出版された風刺小説で、過去に何度も映画化されていますが、今回は現代版コメディです新聞社に勤める、人が良くて面白いけど、ちょっとさえないガリバー青年。夢は小説家…と大きいのですが、実際は10年間...

続きを読む

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

東京での出版イベント、無事に終了!

皆さん、ご来場ありがとうございました!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ