記事一覧

ベルファーストのC.S.ルイス広場

『ナルニア国物語』の作者C.S.ルイス(C. S. Lewis, 1898-1963)がベルファースト出身であり、彼のゆかりの地が多くあることは過去にもご紹介させていただきました。先日、昨年11月にオープンしたルイス関連の新名所、C.S.ルイス広場(C.S. Lewis Square, Newtownards Road, Belfast)を見に行ってきました。(広場については過去ブログ参照→C.S.ルイス広場、ベルファーストにオープン、そのほかゆかりの地に関する過去ブログは記...

続きを読む

雪の日のブッシュミルズ・イン

雪のブッシュミルズ・インも素敵数日間、アイルランド本の追加取材&撮影のためにベルファーストに行っていました。昨日は雪が降ったりやんだりする中、ジャイアンツ・コーズウェイ近くのブッシュミルズ・イン(Bushmills Inn, Co. Antrim)へ。ここは夏の間お客様をお連れして頻繁にお世話になるホテルですが、日本人グループが利用する時にはいつも、ホテルに日の丸をかかげて歓迎してくれるのです。昨日はお客様もご一緒ではな...

続きを読む

C.S.ルイス広場、ベルファーストにオープン

アスランを見上げる女の子。アスラン像は約3メートルという巨大なものだそうです。11月22日付けBelfast Telegraphより→CS Lewis Square Opens in Belfast『ナルニア国物語』の作者C.S.ルイス(Clive Staples Lewis, 1898-1963)がベルファースト出身であり、作家ゆかりの地がベルファースト&周辺に数多くあることははこれまでもご紹介させていただきました。(記事の最後に関連過去ブログをまとめてあります)近年、ルイスゆかり...

続きを読む

森の中に巨大ケルト十字架、現る!

北西部ドネゴール地方(Co. Donegal)の森林に巨大なケルト十字架が発見され、話題となっています。場所はKillea, Co. Donegal。写真はThe Daily Edgeの10月25日記事より→This incredible drone footage of a Celtic cross in a Donegal forest is going viral森林の中に巨大なケルト十字架!デリー空港へ向かう飛行機の中から乗客が発見して話題となり、ドローンで撮影された上空からの映像が次々に公開されています。このミステ...

続きを読む

アンティーク・レースの宝庫、シーリン・アイリッシュ・レース博物館

クロシェ編みのシャムロックなどを編み込んだガウン昨日、アイルランドのレース編みに興味のあるお客様を、ダブリンから日帰りでシーリン・アイリッシュ・レース博物館(The Sheelin Irish Lace Shop and Museum, Bellanaleck, Co. Fermanagh, Northern Ireland)へお連れしました。ダブリンからエニスキレン方面へ片道約2時間、国境に近い小さな集落バラナリックにある、素敵な茅葺き屋根の建物がショップ&博物館。アンティーク...

続きを読む

C.S.ルイスゆかりの地めぐり③~「ナルニア」の舞台は…

ナルニアの舞台!モーン山脈とカーリングフォード湖(対岸のGreenore, Co. Loughより撮影)サイレント・バレー訪問記の続きを書く前に…。おとといサイレント・バレーへ行ったのは、C.S.ルイス関連の本を書いておられるライターさんからのご依頼で、ナルニアの舞台となった場所の写真を撮るためでした。「ナルニア国物語」の執筆後、ルイスは兄へ宛てた手紙に次のように書いています。That part of Rostrevor which overlooks Carli...

続きを読む

サイレント・バレー① 「ナルニア国」を探して秋の森を歩く

深い深いナルニアの森を連想させる風景…昨日、北アイルランド在住の友人を誘って、ずっと行ってみたいと思っていたモーン山脈(Mourne Moutanis)中のサイレント・バレー(Silent Valley Mountain Park, Co. Down, Northern Ireland)へ出かけてきました。モーン山脈は1993年より英国ナショナル・トラストの所有となっており、山や湖など1300エーカーが保護区域となっています。サイレント・バレーはその中にある山岳公園で、近年...

続きを読む

アイルランドでいちばんおいしいスティッキータフィープディング!(ブッシュミルズ・イン)

湯気のたった出来立てスティッキー・タフィー・プディング♪北アイルランドのジャイアンツ・コーズウェイ(Giant's Causeway)近くにあるブッシュミルズ・イン(Bushmills Inn, Co Antrim, Northern Ireland)は宿泊するもよし、お食事に立ち寄るも良しという、昔の旅籠屋風の素敵なホテル。ここでいただくスティッキー・タフィー・プディング(Sticky toffey Pudding)がおいしくて、おいしくて、これを食べるためにわざわざ立ち寄...

続きを読む

C.S.ルイスゆかりの地めぐり②~聖マーク教会

C.S.ルイスゆかりの地めぐり①~イースト・ベルファースト&近郊で触れた、聖マーク教会についてご紹介したいと思います。ベルファースト出身の『ナルニア国物語』の作者C.S.ルイス(Clive Staples Lewis, 1898-1963)は、1899年1月、ドゥンデラ・アベニュー(Dundela Avenue, Belfast)の生家から徒歩10分程のところにある聖マーク教会(St Mark's Church Dundela, Holywood Road, Belfast)にて、牧師であった母方の祖父より洗礼...

続きを読む

C.S.ルイスゆかりの地めぐり①~イースト・ベルファースト&近郊

美しい夏のお天気に恵まれた今日のベルファースト(Belfast)。海外の児童文学や、英国関連の著書もおありのライターの方を、『ナルニア国物語』の作者C.S.ルイス(Clive Staples Lewis, 1898-1963)ゆかりの地めぐりにご案内しました。自分自身の覚え書きのためにも、ご案内した場所とルイスとの関連を記しておこうと思います。C.S.ルイスは1898年11月29日、弁護士の父と牧師の娘であった母との間に生まれました。その頃のベルフ...

続きを読む

リスバーン・ロードのセレクトショップ(ハリソン)

ベルファースト(Belfast)にて、仕事の合間に友人とショッピング。…の予定は本当はなかったのですが、リスバーン・ロードを歩いていたら良さそうなセレクトショップがあり、ちょっと見てみましょう、と入ってみたところ、大・大・大リテールセラピー(←「衝動買い」というより聞こえがいいですよね・笑)に発展してしまったのでした。このショップ、決して新しくオープンしたわけでなく以前からあったというのですが気が付かなか...

続きを読む

ベルファーストの街を一望できるドーム

ドームから見上げたベルファーストの青空!ベルファースト(Belfast)で街歩きの途中に、お客様とビクトリアスクエアのショッピングモール(Victoria Square)内の展望台、ドーム(The Dome, Victoria Sqaure, Belfast)に上がってみました。上りはエレベーター、下りは階段を使って降りてきましたベルファーストの街がほぼ360度、一望できます。ベルファーストのランドマーク、タイタニック号を造船したハーランドアンドウォルフ...

続きを読む

旧小学校のレストラン(オールドスクールハウスイン)

レストランの入り口。昔の小学校は男の子と女の子が別々の入り口から入ったんですよね…ひと月ほど前のことですが、ベルファーストでの仕事の前後に時間があったので、近郊のレストランが有名な宿で週末を過ごしました。オールド・スクールハウス(Old Schoolhouse Inn, Newtaownards, Co. Down, NI)の名の通り、かつての小学校の建物を改装したレストラン。クロックタワーのついた可愛い旧小学校の校舎清潔感あるモダンな内装。早...

続きを読む

ベルファーストのバラ園へ(サートーマスアンドレディーディクソン・パーク)

ローズガーデン越しに見るディクソン家の屋敷、ウィルモント・ハウス(Wilmont House)。1760年代に初代オーナーのスコットランド系スチュアート家の屋敷として建てられたもの45000株のバラが植えられているというベルファースト南郊外のサー・トーマス・アンド・レディー・ディクソン・パーク(Sir Thomas and Lady Dixon Park, Belfast)。ディクソン夫人によりベルファースト市に寄贈された広大な敷地内に1960年代よりバラを植...

続きを読む

初夏のグレンベイ国立公園

真っ赤なケシの花越しに見るグレンベイキャッスルここ数日、アイルランド北西部とダブリンでの仕事が交互に入り、片道250キロを1~2日おきに行ったり来たりしていました(笑)。おとといは個人でご旅行のお客様をドネゴール地方(Co. Donegal)の名所へご案内。2か月ぶりに訪れたグレンベイ国立公園内のグレンベイキャッスルの庭園(Glenveagh Castle and Garden, Glenveagh National Park, Co. Donegal)がとても美しく、夢のよう...

続きを読む

アイルランドから見る「マル・オヴ・キンタイア」

ジャイアンツコーズウェイやキャリクアリードの釣り橋を含む、アントリム海岸(Antrim Coast, Nothern Ireland)のご案内。お天気に恵まれ、スコットランドまできれいに見晴らすことが出来ました。アントリム海岸、バリントーイ(Balintoy, Co. Antrim)近くにて写真左中央に濃く映っている細長い陸地は北アイルランド領ラスリン島(Rathlin Island)。その奥に水平線に浮かぶように見えているのが、アイルランドからいちばん近い...

続きを読む

キャリクファーガスでおいしい日々♪

まるでB&Bさながら。いえ、B&B以上のブレックファースト!このところベルファースト(Belfast)へ出張ガイディングに来ることが多く、仕事が2~3日続くときはベルファースト近郊キャリクファーガス(Carrickfergus, Co. Antrim, NI)の友人Kさん宅にご好意で泊めていただいています。お忙しい方なのに、私が行くとあれやこれや世話を焼いてくださり、お食事まで作ってくださって恐縮。今日は朝から、伝統のソーダブレッド付きのア...

続きを読む

ブナの並木道、ダークヘッジズ

最近、北アイルアンドの新しい名所となってきたダークヘッジズ(Dark Hedges)と呼ばれるブナの並木道。なかなか行く機会がなくていたのですが、先日お客様をご案内して初めて見てきました。5月初旬に撮影。まだ芽吹き前でした18世紀、スチュアート家の屋敷グレイスヒル・ハウス(Gracehill House)へと続くアベニューに植えられたブナの街路樹。年月を経て成長し、不気味なくらいに神秘的な自然の林へと変貌したのものです。2011...

続きを読む

テッドフォーズでランチ(ベルファースト)

ビーフひれ肉。まわりはカリッと香ばしく、中は注文通りのミディアムレア、とろけるようなおいしさでした仕事でベルファースト(Belfast, Co. Antrim, NI)に来ています。今日は午前中で仕事が終わったので、久しぶりに会うお友達とランチ。新しいレストランが多いベルファーストにあっては今や20年来の老舗、テッドフォーズ(Tedfords, Belfast)へ。普段のランチには少々高級なレストランですが、今日は特別、お友達のあることの...

続きを読む

春のグレンベイ国立公園

スイセンの花越しに眺めるグレンベイ・キャッスル一昨日、お客様をグレンベイ国立公園(Glenveagh National Park, Co. Donegal)へご案内しました。(関連過去ブログ:グレンベイ国立公園とゴールデン・イーグル)公園内にあるグレンベイ・キャッスルの庭はさまざまな花で彩られ、花を愛でながら散策するのがとても楽しい場所。この時期に行くのは初めてだったので、どんな花があるのかな・・・と心配でしたが、思った以上に春の花...

続きを読む

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

東京でアイルランド本のイベントします!

「旅のヒントBOOK アイルランドへ(仮)」(イカロス出版)5月発売予定

現地在住ガイドが語る、アイルランドの愉しみ方
日時 2017年6月3日(土) 13:40開場 14:00~15:30
会場 八重洲ブックセンター(JR東京駅 八重洲南口)
定員 50名→100名に増員!
お申込みはこちら→(株)ユーラシア旅行社HP
※おかげ様で満席となりました。キャンセル待ち承ります!


プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ