記事一覧

2017年夏、ダブリンでフェルメール展が開かれます

ダブリンにあるアイルランド国立美術館(National Gallery of Ireland)は現在本館を修復中なのですが、来年2017年に再オープンするにあたり、とてもエキサイティングな特別展が予定されています。2017年の夏の3か月間、フェルメールの特別展が行われると先日公示がありました。フェルメールと同時代の巨匠たちの絵画展:刺激と競争2017年6月17日~9月17日 アイルランド国立美術館Vermeer and the Masters of Genre Painting: Ins...

続きを読む

グッド・ムォォォォ~~ニング! from ディングル

とっても朗らかで楽しい女性4名様を、アイルランド西部&南西部にご案内中。ジギタリス(Foxgloves)の花が道端いっぱいに咲いているのを写真に撮りましょう、と車を停めたら、道の反対側でなにやら気配が…。振り向いてみるとそこには、垣根越しにじっと見つめるウシの一群がいました(笑)。グッド・ムォォォォ~~ニング!朝のディングル半島(Dingle, Co. Kerry)にて朝からテンションの高い私たちに、ウシたちもびっくり…だっ...

続きを読む

C.S.ルイスの伝記本の翻訳者、奥田実紀さんとご一緒しました

先日、『ナルニア国物語』の作者、C.S.ルイスのゆかりの地めぐりをご案内させていただいたライターさんは、奥田実紀さんでした。★関連ブログC.S.ルイスゆかりの地めぐり①~イースト・ベルファースト&近郊C.S.ルイスゆかりの地めぐり②~聖マーク教会メイド・イン・アイルランドのターキッシュ・デライト「赤毛のアン」関連の著著の多い奥田さんとは、アンの会の会員同士つながり。かれこれ20数年前、大学生の時に赤毛のアンの舞台...

続きを読む

アイルランドは花盛り♪

ワイルドオーキッド(Wild Orched)も咲き始めました。イニシュモア(Inismor, Aran Islanad, Co. Galway)にてアイルランドは今、どこもかしこも花盛りです。ご案内中の周遊ツアーもいよいよ明日が最終日ですが、ツアー中、いろいろなアイルランドの花々をお客様にご覧いただけて、ご案内させていただく私も楽しかったです。ブラッディ・クレインズビル(Bloody Clainsbill)=「地のように赤いツルのクチバシ」の名を持つが咲き...

続きを読む

牛追いになった運転手…

南西部カウンティー・ケリー(Co. Kerry)にて、迷子の牛が路上をウロウロ。交通渋滞がおこっている場面に遭遇。トラックの運転手が車から降りてきて、牛を追い立て始めました我らが観光バスの運転手ブライアンもすかさず路上に出て、どーどーと両手を動かすポーズをして、トラック運転手と2人で牛を追い立て始めました。観光バスの中からお客様と皆で、その様子を見物ブライアンが農場の開き戸をすかさず開けて、迷子の牛たちは無...

続きを読む

真夏のアイルランドを満喫!

シーピンク(Sea Pink=ハマカンザシ)が咲き始めました。キャリクアリード(Carrk-a-Rede, Co. Antrim)にて今週のアイルランドは真夏。一昨日より周遊ツアーのご案内をさせていただいていますが、日中20度を超えるアイルランドの思いがけない「夏」を、皆さん、大満喫しておられます。キャリクアリード(Carrk-a-Rede, Co. Antrim)の釣り橋をおそるおそる渡るお客様!ジャイアンツコーズウェイ(Giant's Causeway, Co. Antrim...

続きを読む

クルーズ船のシーズン到来

接岸した客船の出口でお客様をお待ちする間にパチリ。近すぎて、船というより、まるで巨大なビルのよう(笑)今年もクルーズ船がアイルランド沿岸の港町にやって来るシーズンとなりました。今日は今シーズン最初の客船でダブリン港に寄港されるグループさんのご案内。素晴らしいお天気に恵まれ、終日ダブリンの市内観光にご案内させていただきました。今年ダブリン港に入港予定の客船は、過去最高の113隻。これからのシーズン、多...

続きを読む

今年最初のツアー終了

約10日間にわたる、今年度最初のツアーが無事終了しました。お二人様のご案内だったので、ぴったりみっちり、日々びっしりと密度濃くご案内させていただき、ブログのアップデイトの時間もないまま終了してしまいました(笑)。感激屋さんのお客様で、ダブリン空港でちょっとウルウルしながらお別れ。このお客様は、当初フランスへ行く予定だったのですが、テロがあったためにどこか別の場所へ…と地図を見ていたところ、フランスの...

続きを読む

大洪水…

ツアーのご案内でアイルランド南部にいますが、今日は台風並みの暴風雨。大雨の中、ブラーニー城(Blarney Castle, Co. Cork)にたどり着くと、敷地の中を流れている小川が大洪水していました。城の手前の橋が渡れず迂回…外の観光があまりできないので、ショッピングやパブで多くの時間を過ごしました。こんな日も中休みになっていいですよ、とおっしゃってくださるお客様に感謝…。明日は雨風がおさまるといいのですが。...

続きを読む

終日に病院に…

今日は一日、病院にいました。といっても、私自身のことではなく、通訳が必要な患者さんの付き添いの仕事。ドクターのアポが取れず緊急外来に行ったので、待ち時間がとにかく長く、朝いちばんに行ったにもかかわらず、診察、検査すべて終わるのになんと10時間もかかりました。病院を出たときにはぐったり.。アイルランドの病院はこういうもの…と半ば待つ覚悟が出来ていた私はともかく(A&Eはとにかく待たされるので!)、患者さん...

続きを読む

思いがけず…サーフ・ガイド初仕事!

快晴のロスナウラ海岸(Rossnowlagh、Co. Donegal)!お仕事でダブリンにご滞在中のお客様からサーフ・ガイドのご依頼をいただき、今日はアイルランド北西部のビーチへ日帰りでサーフィンに行ってきました。ブログにサーフィンのことを書いているせいか、日本からお越しのサーファーの方から時々サーフ・ガイド(波のコンディションやレベルを見極めて地元サーフ・スポットへご案内するガイドのこと)のご依頼をいただくことがあり...

続きを読む

スモークサーモン好きな添乗員Wさんと再会

2016年初仕事となった撮影グループさんを率いて来て下さったのは、某社のベテラン添乗員Wさん。Wさんとは以前に周遊ツアーでご一緒させていただいたことがあり、今回久しぶりの再会…となったわけですが、なんと10数年ぶり?記憶が定かではありませんが、2002年頃のツアーだったのではないかと思います。とても楽しいツアーで、Wさんは私の中で「スモークサーモンが大好きな添乗員さん」として記憶に残っていました。「アイルランド...

続きを読む

仕事始めは撮影クルーのご案内

コネマラ(Connemara, Co. Galway)にてロケハン中。アイナ・バリー(Inagh Valley)にて2016年初サーフィン(in アイルランド)に続き、2016年初仕事。ここ数日、ウィスキー関連の映像&写真撮影でアイルランドにいらした皆さんをご案内させていただきました。時おり、みぞれ交じりの雨が降る中でのロケハン&撮影。「アイルランドの冬は暖流の恩恵を受けて、緯度の割には温暖です!」と声高らかにご案内しても、皆さんあまり実感...

続きを読む

グレニリン・ファームにてバター作り見学

白いクリームからゴールデンイエローのバターになっていくところ…!先日のバター視察旅行の際(←酪農天国アイルランドの農家見学 ①/酪農天国アイルランドの農家見学 ②)、実際にバターを製造販売しているファームへもおじゃまし、バターの製造過程を見せていただきました。おじゃましたのはウェストコークにあるグレニリン・ファーム(Glenilin Farm, Drimoleague, Co. Cork)。家族経営の農場から発展した小規模の製造者ですが、...

続きを読む

酪農天国アイルランドの農家見学 ②

酪農天国アイルランドの農家見学 ①より。手作りスコーンとアイルランドが誇る黄金色の国産バターでもてなしてくださいました2件の農家さんを見学させていただいた後、2件目のお宅でお茶をいただきました。テーブルにど~んと出されたバターはアイルランドでいちばん広く普及している人気のバター、ケリーゴールド(Kerrygold)。上の写真ですと光の加減であまり黄色く見えませんが、拡大するとこんな色です。これがグラス・フェド...

続きを読む

酪農天国アイルランドの農家見学 ①

カメラ目線の牛。朝の搾乳室にて昨日よりアイルランドのバターに関する視察・調査旅行のご案内をさせていただいています。アイルランド産の黄色くて質の高いおいしいバターの秘密をさぐるべく、今日はアイルランド南部カウンティー・ティペラリー(Co. Tipperary)の酪農牧場を訪問。朝早く起きて搾乳中の農家さんにおじゃましました。アイルランドでは農家一件当たり乳牛60~70頭が平均ですが、こちらは120頭かかえる大所帯(向か...

続きを読む

列車が遅れたけれど…

数日間ご一緒させていただいたI様ご夫妻の旅も今日で最終日。今日はゴールウェイからダブリンへ列車の旅をしてきたのですが、思わぬハプニングが発生。踏切りに車がはさまって動けなくなったらしく、列車が立ち往生してしまいました。(踏切りなんてめったにないのに・笑)幸いケガ人もなく、車にもダメージはなかったようで、良かった良かった。約1時間遅れてダブリンに到着、お客様にはアイルランド内陸部のえんえんと牧草地が続...

続きを読む

小泉八雲・朗読の夕べ、ダブリン公演終了

会場となったセント・アンズ・チャーチ(St. Ann's Church, Dublin2)。「ドラキュラ」の作者ブラム・ストーカーはここで結婚式を挙げましたが、なんと小泉八雲の曾祖父が司祭をしていた教会でもあるそうです…不思議な縁!今回の小泉八雲ツアーのメインイベントは、ダブリン、ウォーターフォード、ゴールウェイの3都市で行われる「小泉八雲・朗読の夕べ」。このイベントは八雲が暮らした島根県松江で毎年行われている他、八雲ゆか...

続きを読む

シャムロックの和菓子!

昨日の大統領訪問の際にヒギンズ大統領に差し上げたのと同じお菓子を、私にもいただきました。サクラと…シャムロック!日愛友好のしるしの和菓子♪山陰日本アイルランド協会の会長さんは創業125年の老舗和菓子屋さん。今回のアイルランド訪問のために、このシャムロックのお菓子をご自身で手作りされたそうです。(→松江の風涼堂さん)サクラの花に比べて複雑な形のシャムロック。形を作るのにご苦労されたことでしょう。(手の平の...

続きを読む

アイルランド大統領を訪問

アイルランドの国章アイリッシュハープのついたカップでお茶をいただきました。大統領官邸にて今週から行われる小泉八雲(Patrick Lafcadio Hearn, 1850-1904)のイベント関連の皆さんが、昨晩無事にご到着されました。今日は山陰日本アイルランド協会の皆さんや、イベントに出演なさる俳優の佐野史郎さん、ギタリストの山本恭司さんが大統領官邸(Áras an Uachtaráin)を訪問、私も通訳としてご一緒させていただき、マイケル・D・...

続きを読む

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

東京での出版イベント、無事に終了!

皆さん、ご来場ありがとうございました!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ