FC2ブログ

記事一覧

タマゴの自動販売機!

以前から気になっていた、タラの丘(Hill of Tara, Co. Meath)近くの国道沿いにあるタマゴの自動販売機。今日は時間に余裕があったので、観光の途中で車を停めて買ってみることにしました。年季の入った看板だけど…フリーレンジ(=放し飼い)のタマゴと書いてあります。おいしそう~農場入り口の大きなゲート横にある自動販売機。まるでオフィスの書類棚…か何かのよう使用できるのはコインのみで6ユーロ。お金を入れると…扉のひ...

続きを読む

光と霧のラウンド・タワー

小雨が降る中、グレンダーロック(Glendalough, Co. Wicklow)の観光。霧にむせぶラウンドタワーRound Tower)もこれまた趣きがあり、素敵でした。(ラウンド・タワーについては過去ブログ参照→ラウンドタワーめぐり!)高さ30メートル。アイルランド島内に現存する約65のラウンド・タワー中、保存状態がもっとも良いもののひとつ今週はアイルランドの西と東を1週間のうちに3度も行ったり来たり!数日前にお客様と見た、光に照らさ...

続きを読む

おいしいパステル・デ・ナタ、ダブリンで発見♪

朝のダブリン市内観光。トリニティー・カレッジで休憩中、コーヒーを買いにアーツ・ビルディング(Arts Building)のカフェに入ると、なんとも甘~いいい香りが。ああ~、私の大好きなポルトガルのお菓子、パステル・デ・ナタ(Pastel De Nata)が山積みに~♪♪♪コーヒーだけ…のつもりが、誘惑に負けてつい、ひとつ。日本ではエッグ・タルトと呼ばれるようですね。ポルトガルへ行くと、朝昼晩と食べたいくらい大好きなお菓子です。...

続きを読む

ヨーロッパ最西端、ディングル半島のダンモア・ヘッド

絶景!ヨーロッパ最西のダンモア・ヘッドよりグレート・ブラスケット島を見晴らすアイルランド南西部ディングル半島のスレイ・ヘッド(Slea Head, Dingle Peninsula, Co. Kerry)はヨーロッパ最西の岬として知られています。岬の先端を成すダンモア・ヘッド(Dunmore Head)は私有地のため、これまではビュー・ポイントより眺めるのみで入ることができませんでしたが、最近ウォーキングの道が開かれ、歩いて行けるようになりました...

続きを読む

馬の親子♪

昨日、ディングル半島(Dingle Peninsula, Co. Kerry)にて、思わず車を停めて撮った一枚。生まれたばかりの子馬とお母さん。ベントリー(Ventry, Co. Kerry)にて以前にキルデアの国営厩舎(Irish National Stud, Co. Kildare)で聞いた、こんな話を思い出しました。生まれた子馬をお母さんから引き離すと、3日間ほど泣き叫ぶそうです。親馬も子馬も。しかし、その後は忘れてしまって新しい環境に馴染むそう。生きていくための生...

続きを読む

妖精も住む高級ホテル、ザ・ダンロー

友人たちとのディングルでの休暇から戻り、翌日また、今度はお客様をご案内して同地域へとんぼ帰り。ご両親と13歳のお嬢様という素敵なファミリー様とご一緒に、キラーニー郊外の山のふもとの高級リゾート・ホテル、ザ・ダンロー(The Dunloe Hotel & Gardens, Co. Kerry)に宿泊しています。過去何年かにわたり毎年のようにお客様をお連れして宿泊してきたこのホテル。パブリック・エリアと客室の一部が新装オープンし、スタイリ...

続きを読む

祝・アイルランド上陸20周年♪

私のアイルランド上陸20周年を記念して企画した、ディングル(Dingle. Co. Kerry)での週末。気の置けない友人たちとの楽しいおしゃべり、美しいビーチでのサーフィン、無人島へのボート・トリップ、お気に入りのレストランでのディナー、ディングル・タウンのパブめぐり…などなど、たくさんの楽しい思い出をかかえて帰宅しました。この日を楽しみに一緒にディングルに来てくれた(左から)アンマリー、ニーヴ、クリスティーン、デ...

続きを読む

私の「アイルランド上陸20周年記念」…もうすぐ!

私がアイルランドに初めて来たのは、1998年8月。海外ツアーの添乗員として、13日間のアイルランド周遊ツアーをアテンドして来たのが最初でした。(→数か月前に書いた関連過去ブログ:思い出のグレシャム・ホテル)今年の初め頃だったでしょうか、親しい友人たちに「今年はアイルランド上陸20周年なの~」と何気なく口走ったところ、「いつ?何月何日?ナオコの上陸20周年祝いしようよ!」と皆が口々に言い出したのです。(みんな、...

続きを読む

和気あいあい…と周遊ツアー終了

今日で7月も終わり。そして先週よりご一緒させていただいたグループさんの周遊ツアーも無事に終了。明るく楽しく仕事もプロフェッショナルな添乗員さん、積極的に旅を楽しんでくださるハッピーなお客様のおかげで、とってもご案内のしがいのある、楽しいツアーさんでした!高さ90メートルの断崖絶壁にて、添乗員のSさんと「助けて~」の瞬間(笑)。迫真の演技のSさんの横で、どうしても目が笑ってしまっている私…スミマセン。イニ...

続きを読む

子羊の耳?「ラムズイヤー」

マクロス・ハウス(Mucross House, Killarney, Co. Kerry)の庭園を散策していて見つけた、ラムズイヤー(Lamb's Ear)。シソ科のハーブで、葉には香りがあります「子羊の耳」という名前の由来は、ほんのり香るその葉っぱ。白い毛で覆われた葉はふわふわで触ると気持ちよく、子羊のぬいぐるみの耳にこのまま採用できそう~。お客様とご一緒に葉っぱに触り、「気持ちいい~」を連発(笑)このネーミング、素晴らしいですよね。子羊...

続きを読む

青空とさわやかな空気を満喫

グループさんの周遊ツアーのご案内が始まり、昨日より北アイルランドに来ています。なんて美しくさわやかな青空でしょう!吊り橋の名所キャリク・ア・リーディ(Carrick-a-Rede, Co. Antrim, Norhtern Ireland)の、橋を渡った先の島にて楽しく散歩する皆さんアイルランドは観光シーズンたけなわ。キャリク・ア・リーディ(Carrick-a-Rede, Co. Antrim, Norhtern Ireland)でも橋を渡る人が列を成していましたが、こんなに気持ちの...

続きを読む

バラの二番花、開花

我が家のバラの二番花が咲き始めました。一番花の開花が遅かったのに、なぜか二番花が早く咲き始めたレディ・エマ・ハミルトンメアリー・ローズは二番花は小さ目。なぜか色が薄いものも!一番花の華やかさに比べ、二番花はちょっと控えめ・花も小さ目になりますが、これはこれできれいです。せっかく咲き始めたのに今日からまた周遊ツアーのご案内。昨日までの2週間は毎日ダブリン・ベースの仕事だったのに!今年はバラが咲き始め...

続きを読む

九州地方のお客様とのご縁いろいろ

先週2日間ほどご案内させていただいた個人旅行のお客様は、長崎県からいらした親子さま。お母さまとお嬢さまの親子旅行。ジャイアンツ・コーズウェイ(Giant's Causeway, Co. Antrim, Northern Ireland)の奇岩にてご一緒にセルフィ♪旅の道すがら長崎県の名所のお話なども聞かせていただき、すっかり行ってみたい気分になったりしたのですが…。実は最近、九州地方のお客様としばしばご縁があるのです。5月に2週間近くご一緒させて...

続きを読む

ボイン渓谷で新たな遺跡発見!巨石古墳と謎めいたサークル

古代遺跡の密集度がヨーロッパいちと言われるアイルランド。ダブリンからの日帰り観光で人気のあるブルー・ナ・ボーニャ(Brú na Bóinne, Co, Meath/アイルランド語で「ボインの王宮」の意味)と呼ばれるエリアには、有名なニューグレンジ古墳(Newgrange)を含め、大小合わせて40の新石器時代の通路墓(Passage Tombs)が密集、ユネスコ世界遺産に登録されています。数日前そのエリアで、5500年前のものと推定される新たな通路墓...

続きを読む

ジャガイモの花畑

ジャガイモが花盛りです。花の色は白またはピンク。ボイン渓谷の遺跡のあるカウンティー・ミース(Co. Meath)の裏道や、ジャイアンツ・コーズウェイ(Giant's Causeway, Co. Antrim, Northern Ireland)付近で一面の花畑に遭遇し、お客様が歓声をあげることもしばしばです。これがジャガイモの花。今日は私の運転での個人のお客様のご案内でしたので、ジャイアンツ・コーズウェイ付近の畑で車を止めて、花をお見せしました一面に...

続きを読む

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ