記事一覧

メアリーローズ、今年もいちばんのりで開花

今年のいちばん花、目を見張るような大輪です!今年最初のバラが開花。テス・オヴ・ダーヴァビル(Tess of the d'Urbervilles)が今にもほころびそうな大きな蕾をつけていたので先に咲くかと思いきや、やはりいちばんのりは今年もメアリーロース(Maryrose)でした。(過去ブログ→我が家のバラが花盛り♪)2つの蕾が同時に開きました。イングリッシュローズは葉が美しいのも魅力です今年、我が軒先ガーデンのバラは豊作の予感♪何を...

続きを読む

ラグビーU20日本代表選手、ダブリンでキャンプ中

昨日ロンドン・ヒースロー空港までお迎えにうかがったのは、ラグビーU20世界選手権に出場する日本代表の選手の皆さん!今月末よりフランスで開催される試合に向けて、ダブリンにてトレーニング・キャンプ中です。(アイルランド出発前の結団式の様子など→レポート:U20日本代表)U20とは20歳以下のカテゴリー。現役高校生・大学生のラガーマンです!代表メンバーの中には、高校日本代表として3月末にダブリンに来たばかりの選手も...

続きを読む

ヒースロー空港日帰り出張…と車検

ロンドン・ヒースロー空港でお客様をお待ちしています。日本から来るグループさんと乗り継ぎ時にヒースロー空港で落ち合って、ダブリンへお連れする仕事。ロンドン市内へは全く行かない、空港だけの日帰りロンドン出張です(笑)。ヒースロー空港の窓から見えるロンドンの空は曇天で真っ白ですが、今日のダブリンは快晴。エアリンガス機の上空から眺める空と海、大地の美しかったこと!ダブリン北郊外。菜の花畑の黄色い絨毯があち...

続きを読む

「飛鳥Ⅱ」9年ぶりにダブリンに入港

今日はダブリンに世界一周クルーズ中の豪華客船「飛鳥Ⅱ」が入港。ダブリンの日本語ガイドは総出、ベルファースト、ゴールウェイ、さらにはロンドンからも出張していただき、何百人もの日本のお客様をダブリンと近郊の観光にご案内しました。船の全景がカメラに収まらず、「飛鳥」と書かれた先端のみをパチリ。左後方にはクイーン・ビクトリアが遅れて入港中私は終日、とあるハイプロファイルのお客様のご案内。ホウス、マラハイド...

続きを読む

ホームページを新しくしました!

2005年、ちょうどこのブログを開始したと同じ年に立ち上げた、観光ガイドとしてのホームページ、Guiding Ireland(ガイディングアイルランド)。先週あることがきっかけで思い立ち、心機一転、内容・デザインをすべて新しくしました!URLはこれまで通りです→www.guidingireland.ie13年前はホームページを作るなんてとても出来ない!と思い、専門の方に作成、その後の管理もずっとお願いしていましたが、時代が変わり、今や私のよう...

続きを読む

家ごもりの日・・・

来週から忙しくなるので、時間のあるうちに家ごもりしています(笑)。読むもの、書くものが山のようにあって嬉しい悲鳴。(読み書き大好きなので!)調べものしている最中に別の用件のメールがきたりするので、5つくらいのことを同時進行してやることになりますが、こんなふうにサブジェクトを変えながらモノゴトを進めていく方が結果的に早く片付きます、私の場合。数学の勉強しながら息詰まると別の教科をやるとか、テレビ見な...

続きを読む

アイルランドの店 三瀬高原ぶるっく オープン

以前にご紹介した 佐賀市のアイルランド産の食料品などを扱う専門店さんが、先日正式にオープン。ゴールディンウィークにはお客さんがたくさんいらして、大盛況だったようです!アイルランドの店 三瀬高原ぶるっく場所:佐賀県佐賀市三瀬村藤原3819番1※福岡駅から車で約1時間アイルランド産の良質のチョコレートやショートブレッド、紅茶、ビール、雑貨などを販売。アイルランドの西の果てのチョコレート工房でつくられるスケリ...

続きを読む

グレンジ村の小さなカフェ、ジャム・ポット

プラムとアーモンドのタルト。ブルーウィローのお皿にのって出てくるのも嬉しい♪先日サーフィンの帰りに地元在住の友人に連れて行ってもらったザ・ジャム・ポット・カフェ(The Jam Pot Cafe)。お気に入りのサーフ・スポット最寄りのグレンジ村(Grange, Co. Sligo)に1年ほど前にオープン、ずっと気になっていたお店でついにおいしいランチとケーキをいただいてきました。手作り風な可愛い店内。地元のお子さん連れの家族や、マ...

続きを読む

いちめんの菜の花畑!

いちめん、黄色い絨毯!モナスターボイス(Monasterboice, Co. Louth)近郊にて終日ボイン渓谷のご案内。雨と風で肌寒く、あいにくのお天気でしたが、あちらこちらに見られる菜の花畑の鮮やかさに目を奪われました。お客様も感激してくださったので、車をとめて写真ストップ。花畑の中でいちばんテンションが高かったのは運転手のブライアン・笑(写真中央)近くで見てみると思ったより背丈が高く、花も大きかったですアイルランド...

続きを読む

ブルーベルの森とマス・ロック

うつむいて咲く可憐な姿がなんとも愛らしい週末にサーフィンに出かけた際、スライゴ在住の友人がブルーベル(Bleubell)の花が咲き乱れる森に連れて行ってくれました。森が近づくにつれ、道すがらに青紫の花がちらほら。静かな森に一歩踏み出すと空気がふわっと軽い感じがして、目の前に一面の青い絨毯が現れました。新緑とのコンビネーションがなんとも美しい古い巨木の下にまるで身を隠すかのようにひっそり咲き乱れているのがな...

続きを読む

夏サーフィン始まる!

今年2度目のミニ・ヒート・ウェイブ(熱波)!バンクホリデー・ウィークエンド(月曜日が休みとなり3連休になる週末)+20度超えの気温+いい波!…の3点セットが実現した貴重な週末。北西部バンドーラン(Bundoran, Co. Donegal)に家を借りてサーフ仲間たちと週末を楽しみました。先日登ったベンブルベン(Benbullben)を見晴らす美しいビーチ、ストリーダ(Streedagh, Co. Sligo)でサーフィン。サーフボードから見晴らす景色は...

続きを読む

ダブリンの老舗ステーキハウス、F.X.バックリー

日本からの友人とディナー。ダブリンにご家族もいる彼女は年に数回こちらに来る機会があり、そのたび一緒に食事をするのですが、ここ数回は決まって「肉」。40代女子2人、お互いの近況を伝えあいながら、アイルランドのグラスフッド牛(Glass Fed=飼料を生草とする放牧牛)の赤身ステーキを思い切り食するのが恒例となりつつあります(笑)。今晩出かけたのは、ダブリンの老舗ステーキハウスとして知られるF.X.バックリー(F.X.Bu...

続きを読む

ベンブルベンを見晴らすB&B、リサデル・ロッジ

ベンブルベン(Benbulben, Co. Sligo)登頂を果たしたM様ご夫妻とご一緒に2泊したスライゴ近郊のB&B、リサデル・ロッジ(Lissdell Lodge)。ここもまた来たい!と思う素敵な宿でしたので、ご紹介させていただきますね。スライゴ・タウンから車で約15分、リサデル・ハウスにもほど近い素敵な一軒家(私がよく行くお気に入りのサーフ・スポットのすぐ近く!)そして、何がいちばん素晴らしいって、さえぎるものなくベンブルベンが目...

続きを読む

海と星空とシーフードが楽しめる宿、スマグラーズ・イン(ウォーターヴィル)

スライゴでベンブルベン(Benbluben, Co. Slito)に登り、ダークスカイ保護区のイヴェラ半島(Iveragh Peninsula, Co. Kerry)で星空を眺めたい!…というのが今回ご案内させていただいたごM様夫婦様のご希望。それを叶えるべく、2泊過ごしたスライゴから大移動して、ケリー周遊路としても知られるイヴェラ半島の先端ウォーターヴィル(Waterville, Co. Kerry)へ。周囲に出来るだけ灯りのない、夜空がきれいに眺められる海辺の宿、...

続きを読む

ベンブルベンに初登頂!

まさに天空の王座!山頂の断崖にていつかは登りたいと思っていたスライゴ(Sligo)の父なる山ベンブルベン(Benbulben, 526メートル)。素晴らしい快晴に恵まれた今日、お客様とご一緒に初登頂を果たしました!テーブルマウンテン型が印象的なベンブルベン。上の写真で私が腰かけているのは山頂右角の崖!山頂でのランチタイム含め、約5時間の軽登山。360度のパノラマは筆舌に尽くし難いものでした。連日のご案内で今あまり時間がない...

続きを読む

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

好評につき重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ